RaNi Music♪

ラジコでドライブBGM「RaNi Music♪」クルマで聴こうキャンペーン

スマホでRaNi Music♪(ラジコ)を聴くためのお役立ち情報

文 スマホ/ケータイジャーナリストの石川温さん

 夏休みシーズン到来で、ドライブやクルマでの帰省に出かける人も多いことだろう。渋滞にウンザリするなか、気晴らしに持ってこいなのがラジオだ。

 旅行先で、普段聞きなれないラジオ局をあえて聞いてみるというのも旅を盛り上げるのには最適だが、逆に「旅先でもいつも聞いているラジオ局を聞きたい」というニーズもあるだろう。

 そんな時にオススメなのが、スマホアプリ「radiko」だ。現在地のラジオ局は無料で聴取できるし、プレミアム会員になれば全国のラジオを聞くことができる。北海道でのドライブ中、あえて東京や沖縄のラジオ局を聞くなんてことができてしまうのだ。

 最近では音楽のストリーミングサービスが盛り上がりを見せている。何千万曲が聞き放題というのが魅力だが、一方で毎月、1000円近いお金を払う定額制になっているため、契約するのに躊躇している人も多いだろう。

 そんな「音楽は好きだけど、お金はかけたくない」という人に最適なのが、ラジオNIKKEI第2「RaNi Music♪」だ。平日は朝から晩までほとんどトークのない音楽専用チャンネルとなっており、ドライブなどに最適なラジオ局なのだ。しかも、全国で放送しているので、プレミアム会員にならなくても、どこでも無料で聴取することができるのだ。 

 まさに「音楽は好きだけど、お金はかけたくない人」にピッタリなのだ。

 

 クルマのなかで、スマホから流れるラジオや音楽を聞く場合、そのままスマホのスピーカーから聞くのが最も簡単な方法だ。しかし、周辺からの騒音もあるため、クルマのなかにいる人みんなが快適に聞けるというわけではない。

 是非ともクルマに備え付けられているスピーカーから、スマホの音を出したいものだ。

 ここ最近のレンタカーでは、カーナビがBluetoothという通信規格に対応しており、スマホの音をBluetoothで飛ばして、クルマのスピーカーから出力するということが可能だ。旅先でレンタカーを借りた際には、「Bluetoothに対応しているか」をまずはチェックするといいだろう。

 もちろん、自分が所有するクルマでもBluetoothに対応していれば、スマホの音を出力することができるし、電話の着信に出ることも可能だ。

 

 一方で「自分が所有するクルマで、スマホから音をクルマのスピーカーに出したいけど、Bluetoothに対応したカーナビは高いから持っていない」という人もいるだろう。

 そんな人にオススメしたいのが「FMトランスミッター」というデバイスだ。

 FMトランスミッターは、入力された音源をFMの電波に変換して飛ばすというデバイスだ。一昔前にはイヤホンジャックに繋がるケーブルが付いており、ポータブルCDプレイヤーなどと接続し、FMの電波で飛ばして、クルマのラジオで受信。カーオーディオから出力することが可能だった。

 最近のFMトランスミッターは、スマホに特化した設計になっているのが特徴だ。

 スマホとFMトランスミッターを接続するのは、先ほども紹介したBluetooth。Bluetoothで受け取った音源をFMの電波に乗せて出力。クルマのラジオで受信して、カーオーディオから流すことができるのだ。

 最近も積極的に新製品を出しているのが、Ankerというメーカーだ。

 今年、発売された「Anker Roav FM Transmitter F3」(写真)は、使用可能なFMの周波数帯を自動的に検知して接続してくれるので、自分で空いている周波数帯を探す必要がないのが便利だ。

 また、マイクなども備わっているため、Bluetoothで繋いだスマホに着信した電話をハンズフリーの状態で通話することが可能だ。しかも、ノイズキャンセル機能が備わっており、道路や風のノイズを気にせず通話に集中することができる。

 Bluetoothに関しては4.2に対応しているので、安定した接続が可能だ。

 さらにUSBポートが備わっており、スマホを充電しながら使うということもできてしまう。ちなみに充電の規格はQuick Charge 3.0で、対応機種であれば、従来の4倍の速さでの充電が可能となる。

 価格も3000円程度と手に届きやすい値付けとなっている。

 「クルマのなかで快適にラジコを聴きたい」という人にはピッタリのデバイスとなっている。夏のドライブだけでなく、日常生活においても、大活躍してくれるのは間違いなさそうだ。

 

 この数年、グーグルやアップルは車内でスマホの機能が使える環境を整備しつつある。例えばグーグルであれば「Android Auto」、アップルは「Car Play」といった具合だ。車内のディスプレイやカーナビにスマホを接続することで、スマホの画面を触らずにスマホのアプリやコンテンツを操作できるというものだ。

 また、NTTドコモはこの9月10日から、車内向けのインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」を開始する。移動中の車内で高速インターネットをデータ通信量の上限や速度制限なく、使い放題で楽しめるというものだ。

 今後、こうしたデバイスと通信サービスの組み合わせにより、いままで以上に快適に車内でラジコを楽しめる日がやってきそうだ。

 

その他の接続方法の解説ページ

キャンペーン特設ページ