Round Up World Now!(2016.12.23放送分)

<ヘッドライン>
中国海軍、米海軍の小型無人潜水機を奪う トランプ次期大統領の強硬発言を牽制との見方/キャノン、東芝メディカルシステムズの買収完了と発表 成長の起爆剤として医療機器事業が本格始動へ/駐トルコ・ロシア大使がトルコ首都で銃撃され死亡 犯人は非番の男性警察官/ラガルドIMF専務理事、仏裁判所で2008年の職務不履行の有罪判決 刑罰科されず、IMF声明「ラガルド氏の業務継続を全面的に信任」/独ベルリンで大型トラックがクリスマス市に突っ込むテロ 12人が死亡、49人が負傷/今年1〜10月の国産牛輸出額、前年比プラス18%の100億円に到達 アジア向け日本の農産物輸出の主力に/イエレンFRB理事長、アメリカの雇用環境は「景気後退前の状況に近づいた」 失業率低下など踏まえ/日銀、金融政策の現状維持を決定 景気の現状は「緩やかな回復基調を続けている」/政府、高速増殖炉原型炉「もんじゅ」の廃炉を決定 菅官房長官、核燃料サイクル政策と高速炉開発を推進していくことが「極めて重要」  

<ポイント> 
(1)  日米金融当局の景気判断と金利・為替の見通し
(2)  和牛輸出100億円到達が示唆すること

<今週のここ/これを見てきた>
日産ノート e-POWER