2016.10.20「医療経済の視点からみたバイオマーカーの重要性 ~ 腎障害の進行・悪化の早期判別が可能な日本発のバイオマーカーL-FABP」

「医療経済の視点からみたバイオマーカーの重要性  ~ 腎障害の進行・悪化の早期判別が可能な日本発のバイオマーカーL-FABP」というテーマで開催されたセミナーから、東京高輪病長・院長の木村健二郎氏とシミックホールディングス株式会社L-FABP事業部長の菅谷健氏による解説をダイジェストでお送りする。