日欧野球は侍ジャパンに刺激になったか?(観戦記その59) [パ・リーグラジオ]
2015/03/12(木) 18:30

3月10日、11日の2日間、「ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」が東京ドームで開催されました。
現場主義を掲げる我々も、チケ代が安いので参戦!

これは震災復興という意味合いと、今年11月に日本や台湾などで開催される世界選手権「プレミア12」に向けての代表集結という意味合いを持つ試合でした。
戦前にポスターでセンターを張っていた日本ハム・大谷投手が、開幕投手への調整配慮から代表召集を見送られる等、当初からは主力メンバーがやや欠けた代表構成。
相手の欧州代表はオランダ(キュラソー島)代表を始めに、ヨーロッパの各国から選手が集められましたが、世界ランキング(IBAFランキング)ではオランダとイタリアを除けば12位以下の国々で、侍ジャパンは難なく2連勝!と誰もが思っていたところでしたが、2戦とも相手にリードを許す厳しい展開となりました。

10日の第1戦は終盤にたたみ掛け、元楽天のファンミル投手から逆転打を放ち勝利を収めましたが、11日の第2戦は序盤に勝敗が決してしまいました。