目の覚めるような...(観戦記その36) [パ・リーグラジオ]
2013/05/26(日) 23:29

番組をオンデマンドで聴く 聴く「パ・リーグラジオその1(5月6日放送分)」

番組をオンデマンドで聴く 聴く「パ・リーグラジオその2(5月6日放送分)」


先週のK氏(日ハムファン)に続き、今週は私が横浜スタジアムへ参戦です。
25日の試合前には2,000本安打を達成した中村紀洋選手の表彰式が行われ、かつてのチームメイトであった立浪和義氏から名球会のブレザーを手渡されました。
2度の戦力外通告を乗り越え達した頂。功績をたたえるVTRは、T●S「バー●デイ」仕立てのお涙頂戴もので球場中から大きな拍手が沸き起こりました。

中村選手の魅力は豪快なHR。昨年のロッテとの交流戦でも豪快な一発をお見舞いされています。
それにこの日のロッテの先発は成瀬投手。
先週のヤクルト戦では4HRを浴び、一発病が今年も現れてきた矢先のDeNA戦。

ロッテファンの誰もが口々にしていたのは、「今日はブランコには打たれるだろう...。」
中村選手の他にもブランコ選手に、ロッテとのOP戦で満塁HRを放った多村選手、それにラミレス選手とスラッガーが勢ぞろい。



果たして一発を封じ勝利を手にできたのか...??


守れない・・・(観戦記その34) [パ・リーグラジオ]
2013/05/20(月) 11:27



ファイターズ応援担当・Kです。先日は所要で番組に参加できなくて残念でした。次回の放送はいつですかねぇー。夏ごろですかねぇー。その頃は交流戦も終わっているので順位がかわっている・・・といいんですが(笑)。

さて、5月18日(土)に横浜スタジアムにセ・パ交流戦横浜DeNAベイスターズ戦を観戦してきました。今年2度目の観戦(初戦は東京ドームに会社の皆さんと行きました)、気候もよく穏やかな晴天の下、山下公演で開催されていた『ベルギービールウィークエンド』で"燃料" を補充して(ビールも最高でしたが、ソーセージがめちゃうまでした!!)いざハマスタへ!

 

数年前に交流戦でハマスタに来たことがあるのですが、この日はゲーム途中で降雨ノーゲームになってしまい、事実上の交流戦初観戦となったこの日は、前日の連敗脱出の勢いそのままに、アブちゃんの2ラン、杉谷選手のタイムリー3ベースなどで6回表まで3点をリードする、非常にビールが進む展開!!!

ところが、、、そのウラ、ブランコ選手の同点3ランで酔いも醒め、8回表に陽選手のソロホームランで再度勝ち越したにもかかわらず、その直後の8回ウラにリードを守れず5点を奪われ4-8の敗戦。

 唯一の救いは試合全体の8割くらいは勝ち越していたまたは同点の時間帯だったので、心持ちよく観戦でき、楽しいお酒が飲めたことかな(笑)。

反面ハマスタ名物の「みかん氷」を食べようと思っていたのですが、この日は暑かったこともあり長蛇の列で購入できなかったことですな。

 

(´・∀・`)<・・・

 

 

ってノンキなこと言ってる場合かあぁぁぁぁぁ!!!!!!(|| ゚Д゚)

 

いやー、今年のファイターズはここまで、攻撃面で併殺打が多過ぎ(送りバントが少ない?!)も目立つのですが、守りの面の懸念が多すぎます。
「試合序盤の失点」、「先頭打者を塁に出してしまいそこからの失点」、「守りのミスをきっかけとした失点」が多すぎます。

この日の6回の失点もエラーがきっかけでしたし、このような場面を再三目にします(負けが込んでいるときは得てしてこういうものなんでしょうが。。。)。先日のドラゴンズ戦でもとってもとっても取られリードを守りきれずに勝ち越されという展開で、疲労感が例年以上です(汗)。
あと、一つ個人的に私がターニングポイントだと思ったのは6回表、1アウトランナーなしの場面で、打順が投手の谷元選手のところで打席が回ってきた場面です。

私は個人的に「代打かな?!」と思う場面で、そのまま谷元選手が打席に立ちました(結果三振)。「ここまで無失点」「その後陽選手・杉谷選手の連続長打で追加点を取った」「中継ぎ陣が連投つづき」など、「代えない」選択肢がいい場面なのかもしれませんが、「ここで代打が出ていて継投リレーになった場合」のことを考えると、、、まあこれは単なる「たらればの結果論」なのかなあ・・・。

ここ数年のファイターズの安定した成績は、大事に1点を取り、その1点を守って勝つチームだと、個人的には思っています。その「守り」の部分が今年は少し歯車が狂っているようです。金子選手の久々の「セカンド・スタメン」や、将来有望のバッティング好調&俊足の西川選手など、ファン目線ではものすごく「今も将来も」ワクワクするようなラインアップにはなっているのですが、今の成績と将来を両立させるのはむずかしいですね。
チーム状態がいいときは(ここ数年のファイターズのように)若手の成長とチーム成績が同時に相乗効果であがっていくのですが・・・。
今は長い目でじっと耐えるときなのかもしれませんね・・・。

 

5月18日(土)横浜DeNA×北海道日本ハム 1回戦
(横浜スタジアム) 横浜1勝1敗 
勝:高崎
負:石井
HR:アブレイユ12号 ブランコ20号 陽5号
観衆:26,165   試合時間:3時間48分

 

 

 

今年のロッテは大丈夫なのか?(観戦記その28) [パ・リーグラジオ]
2013/03/15(金) 03:34

昨日の陽気から一転、雨上がりの寒空の中行われた14日のオープン戦。
ロッテは横浜に乗り込みDeNAと対戦です。

先発コマ数が早くも足りなくなっているロッテ。
今日の先発は、昨年ファーム日本一に貢献し今年1軍定着を狙う左腕・植松投手。
前回甲子園での登板は1HR含む3回3失点と精彩を欠き、巻き返しを図るマウンドとなりました。



ホームランの魅力(観戦記その10・11) [パ・リーグラジオ]
2012/05/22(火) 20:01

19・20日とDeNA×ロッテを観に行きました。
DeNAはおかわり君を目覚めさせてしまうなど交流戦2連敗スタート。
一方ロッテは6年ぶりにナゴヤドームで公式戦勝利など負けなしスタート。

ましてやリーグ首位と最下位の試合、ましてや成瀬→唐川を立てるロッテの2連勝は確実と思っていましたが...。
試合はDeNAの3本(?)のHRによってDeNAが交流戦初勝利を挙げる結果となりました。


1戦目はHR1本(?)


チケット発売の朝 [パ・リーグラジオ]
2012/04/14(土) 18:58

交流戦のチケットが続々と発売されています。
ロッテに関しては、ナゴヤドーム・横浜スタジアム・東京ドームでの試合分がきょう発売開始されました。

6月10日、11日の読売×ロッテ戦は、ビジターチーム応援席が今年も4分足らずで完売!
というのも、レフトスタンドの半分は読売側の応援席のためチケット取りは毎年激戦必至。
しかも今年はそのレフト巨人応援席とやらが1ブロック増えたことで、更にビジターの席数が減るという事態に...。
阪神戦みたいに巨人応援席取っ払っても、ロッテファンだけで埋まるのに...とここのチケットを取るたびにロッテファンは口を揃えて言います。

交流戦は楽しみだけれど、毎年そのチケットを取る時期が来るとファン同士対策を練るレベルの話になるから大変ですよ本当に...。
(私も今朝チケット●あの店頭に傘を差して並んで、横浜スタジアムの外野席をGETしましたよ(`・ω・´))