オススメ球場グルメ!(5軒目) [パ・リーグラジオ]
2013/09/11(水) 00:54

埼玉 vs. 千葉ライバルシリーズは雨がロッテに味方したか、幕張ラウンドではロッテが2勝1敗。所沢ラウンドと合わせて西武の4勝2敗で幕を閉じました。
球場外では各県の観光案内ブースも出るなど盛り上がりを見せ、西武Dでは土日共に30,000人以上、QVCマリンフィールドの土曜日も25,000人近い、普段の土日よりも多くファンが詰めかけました。

今日は、QVCマリンフィールドに出店した千葉県ご当地の屋台をご紹介します!


たい焼き屋!

 

チーバくんが覆いかぶさる...。


埼玉vs.千葉ライバルシリーズ 幕張Round(観戦記その43) [パ・リーグラジオ]
2013/09/08(日) 01:20

埼玉vs.千葉ライバルシリーズの詳細はこちら。



しばらくぶりの更新です。筆者は8月にヤフオクDに遠征も行いましたが、その様子は追って...。
7月にも開催された埼玉vs.千葉ライバルシリーズ。長年因縁とされてきた西武とロッテ。地元の埼玉と千葉の魅力PRも兼ねて対決をさらに盛り上げようという企画ですが、その幕張ラウンドが6日からの3連戦QVCマリンフィールドで開催中です!


埼玉県のマスコット、コバトンも来場!この3連戦の前までに借金1と苦しいチーム状況の中。ついにおかわり君中村選手が今季1軍初登録と明るい材料もあり、コバトンも意気揚々と千葉に乗り込んでまいりました。
同シリーズ、7月の所沢ラウンドでは西武の3連勝。
6日の試合は8-0と西武の大勝で早々に同シリーズの勝ち越しを決め、3位ソフトバンクを再び捉えるためにもおよそ2週間ぶりの連勝をかけ7日の試合に臨みました。

チーバくんもロッテに喝を入れにマリンへ。
一方のロッテ。楽天にマジックが点灯する中、一時は消滅させるなど健闘し8月を乗り切るも、9月に入りまだ勝ちがない状況で、この3連戦を迎えました。
初戦は零封と完全に抑えられ4連敗。首位楽天とのゲーム差が6.0と広がりいよいよ優勝に赤信号が...。
チーバくんの声援の後押しも受け、7日の試合ではルーキー松永投手の左腕に連敗ストップを託しました。

そして試合は投手戦となりました。
埼玉vs.千葉ライバルシリーズ(観戦記その42) [パ・リーグラジオ]
2013/07/06(土) 23:48

数々の名勝負を生んできた西武とロッテ。
西武は所沢への移籍30年を迎えた年に、「埼玉西武」というチーム名で開催日によって特定の地域の住民を割引きにするなど地域密着を図ってきています。
またロッテは1992年の幕張移転から「千葉ロッテ」というチーム名で地域とのつながりを前面に押し出したファンサービスを展開してきました。

西武のユニフォームのデザインもなかなかいいと思います。そんなチーム同士、それぞれの本拠地を盛り上げようとという趣旨の下、埼玉県と千葉県の全面協力により両県の特色を前面に出した対決企画が今年実現しました!
それぞれのチーム、今年のサードユニフォームは前面に「Saitama」「CHIBA」と県名がプリントされています。
このユニフォームを身に着けて選手とファンがそれぞれの地元に誇りを持ち、試合に臨みました。

6日の試合は外野席と内野指定席が完売という注目度の高さ。
日中の予想最高気温が35℃、しかもこの時期の西武ドームは風通しがあまり良くないため蒸し風呂状態という過酷な条件にもかかわらず、開場前から多くのファンが詰めかけました。

開始3時間前で、1塁側(ロッテ)入場待ちがこれだけ!

埼玉vs.千葉は球場外でも繰り広げられていました。
西武ドームには、西武球場前駅から入口にかけての専用通路に様々な飲食店の出店が並び、行列ができるのですが、駅からコンビニへ向かう通路には、千葉と埼玉それぞれの特産品を紹介する行政のブース、そして普段QVCマリンフィールドに出店している人気の出店が出張開店。
それに負けじと地元埼玉の特産を使った出店もありそれぞれのファンは普段お目にかからない方のお店に並んでいた様子でした。



それぞれの地名が書いたのぼりが埼玉vs.千葉をさらに盛り上げます。


普段はロッテのビジターといえば黒。しかしCHIBAユニを着ての試合ということで、色は白。気持ちは選手と一緒なロッテファンもそこの事情はよくわかっているので、告知があったわけではないけれどみんなホームのユニフォームを身にまとい応援。
ロッテの攻撃ではウグイス嬢も普段QVCでアナウンスしている方が務め、選手との一体感では千葉に分があった?のかもわかりませんが、肝心の試合は...。

このライバルシリーズ、所沢ラウンドは明日も行われ、
9月6日からは場所を移して幕張ラウンドでライバルシリーズが行われます。そこでは千葉の誇りを胸に、2戦の借りを返してほしい!
埼玉vs.千葉ライバルシリーズの詳細はこちら。