気になるあの選手(今シーズンのまとめ) [パ・リーグラジオ]
2014/11/13(木) 21:50

プロ野球は、2年連続でパ・リーグが日本一を勝ち取り、昨年失われたアジア一の称号を取り戻すべくアジアシリーズ...のつもりが、なんと中止!!

あんな形で日本シリーズが終わり、アジアシリーズもなければ我々野球好きの楽しみはどこに持っていったらいいのか?!と普段なら悩ましいところですが、今年は8年ぶりに日米野球が!
そして既に来年の日程も発表されており、もうしばらくは楽しみが続きそうで、よかったよかった...。

さて、今年も当ブログ上でいろいろな選手を「気になる」として紹介しましたが、その選手たちは果たしてどんな成績を挙げたのだろうか?
CSのときを除く6球団12名の成績を1人ずつ振り返って、検証してみました。

気になるあの選手(18、19人目) [パ・リーグラジオ]
2014/10/15(水) 17:25

パ・リーグのクライマックスシリーズは、日本ハムがファーストステージを突破。
強行スケジュールの中、きょう15日から日本S挑戦権をかけてソフトバンクと対戦します。

しかし、14日の試合も重苦しい雰囲気漂う中、鍵谷投手がオリックス打線をピシャリ。
その後クロッタ投手でも宮西投手でもなく、何とルーキーの白村投手を投げさせ、実は栗山監督は来年を見据えているのでは?と思わせるような大胆な采配を揮った中で、最後は4番の中田選手がバックスクリーンに豪快な一打で決着。
それまでの重苦しい雰囲気が一気に晴れ、選手たちも意気揚々と福岡に乗り込んでいることでしょう。
日ハムナインが意気揚々となるのはもう一つの理由が。
実はプレーオフも含めたクライマックスシリーズの両者対戦成績は、何と日本ハムの5勝0敗!!!

ソフトバンクは2011年遂にCSを突破し呪縛から解き放たれたとはいえ、それ以来のCS。
そして10月2日に優勝を決めるも、まる2週間実戦から遠ざかり、優勝目前9月の最後は1勝9敗(5連敗の後オリに勝って優勝!)とチーム状態には疑問符が残る状態。
さらにさらに追い討ちをかけるように、秋山監督辞任のニュース。
様々なマイナス要素を振り切ることができるのか?!

そんなファイナルステージ。両チームから1人ずつ注目している選手がいます。

レジェンドシリーズはやっぱりかつての本拠地で(観戦記その55) [パ・リーグラジオ]
2014/09/01(月) 16:25

パ・リーグの優勝争いはソフトバンクとオリックスに絞られ、3位争いは日本ハムが一歩、いや二歩リードといった状況になっています。
日本ハムは8月29日から東京ドームでロッテを迎え3連戦。
日本ハム主催の東京ドームでは7年ぶりとなる土日開催ということもあり、夏休み最後の思い出作りに多くの少年野球含む子供たち、そして東京D土日のハム戦は何とあのジョニー黒木投手復活登板以来10年ぶりとのことで、自由席に大挙して詰め掛けたロッテファン。3万5千人を超える観衆で埋め尽くされました。

このカードは「レジェンドシリーズ」と銘打って、1982~92年まで着用していたオレンジとイエローのラインが入ったユニフォームで日本ハムは試合を行いました。
かつての本拠地・東京ドームでの試合に、オールドファンは配布されたユニフォームを身にまとい声援を送りました。

応援歌も当時活躍した選手のを流用。幸雄ジャンプ懐かしい!!


札幌ドームでのレジェンドシリーズは、東京時代を知らないファンも多いせいか(゚Д゚)ポカーンな状態で声援もまばらな印象を受けましたが、東京ドームでは大きな声援がこだましました。
(まぁレフトを埋めたロッテファンが凄かったのは言うまでもありませんが)

日本ハム快勝で迎えた30日の試合、ここまで1勝の吉川投手vs.2勝の唐川投手というシーズン通しての活躍を期待されながらも結果が出ない両投手の先発。
試合は点の取り合いかと思いきや、終盤に1点を争う好ゲームとなりました。

東京ドームの日ハム戦といえば、試合前の少年野球軍団によるノックタイムでおなじみ

気になるあの選手(14人目) [パ・リーグラジオ]
2014/08/13(水) 15:10

今回は日本ハムです。
二刀流大谷選手が、予想をはるかに上回る活躍を見せチーム勝ち頭の9勝に、打率.274(いずれも13日現在)と文句ない成績。昨年より歯車が噛み合ってきたようです。
しかし、ここまで活躍が期待されたそのほかの先発陣吉川投手や武田勝投手の不調や、昨年のHR王アブレイユ選手の離脱等計算されていたコマがいま一つでここまで3位。12日の試合で連敗を7で止めましたが、ロッテや西武がすぐそこまで来ている状況。
下位チームを振り切りオリックスに近づく為には、このピッチャーのさらなる飛躍が待たれます。

今回は「埼玉のダルビッシュ」(もう言わないかw)こと中村勝投手です。

気になるあの選手(11人目)と番組のお知らせ [パ・リーグラジオ]
2014/04/29(火) 22:00

日本ハム(オープン戦4位、9勝5敗2分)の調子が今一つよくありません。
開幕カードのオリックス、その次のソフトバンクといずれも勝ち越しましたが、ロッテとのカードで3連敗。。。現在4カード連続で勝ち越しがありません。
チーム防御率、チーム打率共にパ・リーグワースト(29日現在)(なのに最下位じゃないのが不思議w)と投打がどうもかみ合っていないようです。
その中でも先発投手の防御率が5点台というのが気がかり(ちなみに首位のオリックスは1点台!)。二刀流大谷投手が2勝、ウワサの上沢投手が3勝と若手ピッチャーが頑張っておりますが、エース吉川投手・武田勝投手にいずれも勝ち星なしというのが想定外なところでしょうか。

その投手陣の中で大谷投手に続き今年も新たな風を吹かせられるか?今回ご紹介するのはセガサミーからドラフト2位で入団したルーキー、浦野博司投手です。

決戦は火曜日!(観戦記その44) [パ・リーグラジオ]
2013/10/07(月) 23:00

いまパ・リーグの2位争いが激アツなんです!
楽天のリーグ優勝後、ロッテ・ソフトバンク・西武が熾烈なCS争いを演じていた中、ロッテと西武が5日までにCS進出を決め次の注目は、どちらが2位になるのか。
6日のゲーム前で、ロッテは残り3試合で2位マジックが2。1.5ゲーム差で追う6連勝中の西武は残り2試合、しかも最終戦はロッテ戦とどちらも負けられない戦いが続きました。

まずは6日のロッテ×オリックス戦から。

守れない・・・(観戦記その34) [パ・リーグラジオ]
2013/05/20(月) 11:27



ファイターズ応援担当・Kです。先日は所要で番組に参加できなくて残念でした。次回の放送はいつですかねぇー。夏ごろですかねぇー。その頃は交流戦も終わっているので順位がかわっている・・・といいんですが(笑)。

さて、5月18日(土)に横浜スタジアムにセ・パ交流戦横浜DeNAベイスターズ戦を観戦してきました。今年2度目の観戦(初戦は東京ドームに会社の皆さんと行きました)、気候もよく穏やかな晴天の下、山下公演で開催されていた『ベルギービールウィークエンド』で"燃料" を補充して(ビールも最高でしたが、ソーセージがめちゃうまでした!!)いざハマスタへ!

 

数年前に交流戦でハマスタに来たことがあるのですが、この日はゲーム途中で降雨ノーゲームになってしまい、事実上の交流戦初観戦となったこの日は、前日の連敗脱出の勢いそのままに、アブちゃんの2ラン、杉谷選手のタイムリー3ベースなどで6回表まで3点をリードする、非常にビールが進む展開!!!

ところが、、、そのウラ、ブランコ選手の同点3ランで酔いも醒め、8回表に陽選手のソロホームランで再度勝ち越したにもかかわらず、その直後の8回ウラにリードを守れず5点を奪われ4-8の敗戦。

 唯一の救いは試合全体の8割くらいは勝ち越していたまたは同点の時間帯だったので、心持ちよく観戦でき、楽しいお酒が飲めたことかな(笑)。

反面ハマスタ名物の「みかん氷」を食べようと思っていたのですが、この日は暑かったこともあり長蛇の列で購入できなかったことですな。

 

(´・∀・`)<・・・

 

 

ってノンキなこと言ってる場合かあぁぁぁぁぁ!!!!!!(|| ゚Д゚)

 

いやー、今年のファイターズはここまで、攻撃面で併殺打が多過ぎ(送りバントが少ない?!)も目立つのですが、守りの面の懸念が多すぎます。
「試合序盤の失点」、「先頭打者を塁に出してしまいそこからの失点」、「守りのミスをきっかけとした失点」が多すぎます。

この日の6回の失点もエラーがきっかけでしたし、このような場面を再三目にします(負けが込んでいるときは得てしてこういうものなんでしょうが。。。)。先日のドラゴンズ戦でもとってもとっても取られリードを守りきれずに勝ち越されという展開で、疲労感が例年以上です(汗)。
あと、一つ個人的に私がターニングポイントだと思ったのは6回表、1アウトランナーなしの場面で、打順が投手の谷元選手のところで打席が回ってきた場面です。

私は個人的に「代打かな?!」と思う場面で、そのまま谷元選手が打席に立ちました(結果三振)。「ここまで無失点」「その後陽選手・杉谷選手の連続長打で追加点を取った」「中継ぎ陣が連投つづき」など、「代えない」選択肢がいい場面なのかもしれませんが、「ここで代打が出ていて継投リレーになった場合」のことを考えると、、、まあこれは単なる「たらればの結果論」なのかなあ・・・。

ここ数年のファイターズの安定した成績は、大事に1点を取り、その1点を守って勝つチームだと、個人的には思っています。その「守り」の部分が今年は少し歯車が狂っているようです。金子選手の久々の「セカンド・スタメン」や、将来有望のバッティング好調&俊足の西川選手など、ファン目線ではものすごく「今も将来も」ワクワクするようなラインアップにはなっているのですが、今の成績と将来を両立させるのはむずかしいですね。
チーム状態がいいときは(ここ数年のファイターズのように)若手の成長とチーム成績が同時に相乗効果であがっていくのですが・・・。
今は長い目でじっと耐えるときなのかもしれませんね・・・。

 

5月18日(土)横浜DeNA×北海道日本ハム 1回戦
(横浜スタジアム) 横浜1勝1敗 
勝:高崎
負:石井
HR:アブレイユ12号 ブランコ20号 陽5号
観衆:26,165   試合時間:3時間48分

 

 

 

日本ハム大谷投手がOP戦初先発も...。(観戦記その29) [パ・リーグラジオ]
2013/03/16(土) 19:19

千葉県鎌ケ谷市にある日本ハムの2軍本拠地ファイターズタウン鎌ケ谷。
電車のどの最寄り駅からも歩いて30~40分はかかるであろう、地元の人でも通うのが困難なこのスタジアムで、1軍のオープン戦が行われました。

ファイターズタウンの今年の目玉は、何といっても大谷投手。
先週の教育リーグにも出場し、多くの観衆を集めましたが、16日のオープン戦にも野手として出場予定ということもあり、この日は朝早くから多くのファンが球場に駆けつけました。


半袖で応援するファンも多いくらい、汗ばむ陽気でした


2012レギュラーシーズン終了!順位確定 [パ・リーグラジオ]
2012/10/10(水) 12:02

2012年パシフィックリーグの順位が確定しました!
今年もパ・リーグは最後の最後まで激戦が続きましたねー。終わってみたら我がファイターズはなんと何と?!優勝!!!工エエェェ(´д`)ェェエエ工
「ダルビッシュ投手不在」からはじまった想定される戦力減、シーズン前の下馬評の低さを見事払拭してくれての優勝、喜びもひとしおでございます。

今年のシーズン、はっきりいってどこのチームが優勝してもおかしくないシーズン、ファイターズが勝ち上がった要因・・・

「若手の台頭」「安定した投手陣」「中盤戦から後半戦にかけての先発投手陣が新たに台頭(谷元選手・多田野選手など)」「武田久投手の苦しみながらも粘りのピッチングで勝ちを守り切る」「オールスター以降陽選手の大ブレイク」「中田選手が中盤戦以降『ここぞのときの4番!』という活躍」「二岡選手の代打成功率の高さ」「終盤戦の糸井選手の大当たり」・・・もう数えていくといくらでも挙がってきますが、、私が一番心動かされたのは「中継ぎ投手陣の大車輪の活躍」です。中継ぎ投手陣がほぼ全員が出場し続ける、それも活躍し続けるというのは本当にすごいことだと思います。まだまだポストシーズンは続きますが、シーズン終了後はぜひゆっくり休んでいただきたいと思います。
また、栗山監督の主観的になり過ぎない采配もとてもよかったとおもいます。ファンとして「そうそう!」うなずける場面がすごくたくさんありました。グラウンドの外から野球を見て分析し実行する能力もとても大切なのだと思いました。

個人的には今年は初めて沖縄キャンプを観戦して紅白戦では西川選手・森内投手の今年の活躍を予感させるプレイを生で目撃し、そして4月には今年のファイターズ優勝の大大大功労者である吉川投手の3年ぶりの勝利を見ることができ、生観戦は3回にとどまりましたが(千葉○・東京D●・神宮●)、大満足のシーズンになりました。

さあ、レギュラーシーズンの余韻に浸っている暇はありません。もうクライマックスシリーズがはじまります。ファイターズは2位埼玉西武・3位福岡ソフトバンクのどちらにもレギュラーシーズンで今年の対戦成績では負け越しています。どちらのチームが勝ちあがってきてもホームグラウンド、そして1勝のアドバンテージがあるから有利だとは言い切れないのではないでしょうか。最後の最後まで、熱い戦いを希望しています!



めでたしめでたしヽ(´ー`)ノ






えっ?!番組で3月におこなった順位予想はって?????!





Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

やはり触れずにいられませんな。

ああ、3月の放送で「今年は最下位(来年は優勝)」というわけのわからない予想をしたファンとは思えない発言をしたのはどこのどいつでしょうか。お恥ずかしい限りでございます。本当に選手の皆さん・ファンの皆さんにお詫びしたいです(T_T)本当に申し訳ございません。

各球団の分析は弊社各球団ファン担当から報告・分析(笑)があると思いますが、「優勝と最下位が逆」「2位から5位はすべてドンピシャ正解」。。。

3月の番組予想  1位・オ 2位・西 3位・ソ 4位・楽 5位・ロ 6位・日
結果       1位・日 2位・西 3位・ソ 4位・楽 5位・ロ 6位・オ

あ、ある意味神かがっている(笑)(´Д⊂ モウダメポ


勝利の女神マリンに降臨!?(観戦記その23) [パ・リーグラジオ]
2012/09/12(水) 16:05

ロッテは9月に入ってから勝っていません。こんな危機的状況の中、ザックJAPANなんか見ている場合じゃない!ということで9月初のホームゲーム観戦であります。
連敗をホームで止めてCS進出(奇跡の優勝?)に向けて突き進むぞ!という思いのもと、試合前には様々なイベントがありました。

まずは、7月16日に行われて番組でもご紹介しました「千葉ロッテマリーンズ検定」
その表彰式が行われました。Mディレクターも私も撃沈した今回の検定(結果が正式に来ましたら公開します)、
なんと数百人・数千人の受験者の中で、合格者はたったの9名!( ゚Д゚)ヒョエー
そのうちの7名が憧れのQVCマリングラウンドで表彰を受けました。


70問中49問以上正解のツワモノの皆さんです


感じたこといくつか(観戦記その6.1) [パ・リーグラジオ]
2012/04/26(木) 11:14

ロッテ逆転勝ちにガッツポーズのFディレクター。レプリカはあの頭脳派投手

田中幸雄選手の2000本安打を生観戦した俺が来ましたよ(=゚ω゚)ノ あの試合はハムが楽天相手に大敗して(今調べたら11点も取られてた)、一緒に見ていたKさんがブチ切れていた思い出がありますw

さてメンズデーの24日、パリーグラジオ総会が行われた東京ドーム。詳しくはFディレクターが記した観戦記6をご覧頂くとして、熊ファン目線から見た試合のポイントをもう少々。確かに陽岱鋼選手の7回の打席は大きなターニングポイントでしたが、その他に感じたことをいくつか書きます。


1998本目(観戦記その7) [パ・リーグラジオ]
2012/04/26(木) 02:59

昨日はロッテが競り勝ち、終わった後水道橋駅近くの某居酒屋にて2次会を行った我々ラジオNIKKEIパ・リーグヲタ一行。
久々に飲みすぎて、帰りの電車で寝過ごす失態を犯し...(´・ω・`)


若干の胃もたれを抱えながら、東京ドームへ連勝を狙いに出陣!!
しかし、その前に立ちはだかったのが日ハム先発八木投手、そして試合前で2000本安打にあと6本の稲葉選手でした。
それでは結果から↓↓

4月25日 日本ハム×ロッテ 5回戦


ロッテはまさかのスミ1...。


昨日の試合のポイントは(観戦記その6) [パ・リーグラジオ]
2012/04/25(水) 12:08

昨日から日本ハムは今季初の東京ドーム主催試合。
相手は我等がロッテということで、このブログを書くパ・リーグヲタ全員勢揃い!!(小塚アナは試合のためだけに大阪から上京w)

この日、「メンズデー」と称して男性客は内野席半額。
そしてメンズデーの日に予告先発が多田野投手。
そしてそして始球式が、三愛水着イメージガールの現役女子高生(まさかの水着でピッチング)ともなれば、あらゆる男達が大集結!!!
当日券売り場には長蛇の列ってことで、今日は4万5千超満員?!チキバン(日ハムのチャンステーマ)はどうなるの?!と一種の怖さを抱きつつ着いたものの...いつもと変わらない客の入りにちょっぴりホッとした自分|´д`)


それでは、スコアから↓

4月24日 日本ハム×ロッテ 4回戦


19時半には7回入ってるぐらい早い展開でした


マリン3連勝♪(観戦記その3) [パ・リーグラジオ]
2012/04/09(月) 12:18

快晴!絶好の野球観戦日和!あと2-3度気温が高ければ最高なんですが・・・。

こんにちは!千葉市民なのにファイターズ観戦担当のKです。3月の番組内で注目選手に挙げた西川選手・森内選手が開幕一軍争いに勝ち残ってくれて(その後西川選手は一旦一軍登録を抹消されてしまいましたが)、わざわざ沖縄・国頭村まで(那覇空港からレンタカーに乗って片道約100キロ、名護市営球場の横を通り過ぎ、結構な距離を走りました~)キャンプ観戦に行って見てきた甲斐があったと自画自賛しております( ̄ー ̄)vニヤリッ

さて、昨日4月8日、QVCマリンフィールドに千葉ロッテvs北海道日本ハム戦を観戦してまいりました。高校時代の同級生夫妻(野球などまったく興味のない夫妻だったのですが、一昨年「野外ライブのように騒ぎたい」というリクエストに応え、一度ファイターズ戦の外野席での観戦に誘ったのですが、それ以降楽しかったらしく、ファイターズ好きになってくれました)と行ってきました。