スタジアムに行って、畳で野球観戦?!(観戦記その52) [パ・リーグラジオ]
2014/05/22(木) 19:01

番組をオンデマンドで聴く
聴く「パ・リーグラジオ・その1(2014年5月6日放送分)」

聴く「パ・リーグラジオ・その2(2014年5月6日放送分)」

聴く「パ・リーグラジオ・その3(2014年5月6日放送分)」


畳でくつろいで、ちゃぶ台のお茶をすすりながらおかきをボリボリ食べて、お尻がかゆいとボリボリかきながら野球中継を観る。。。
昭和の野球中継を家庭で楽しむよくありがちな光景ですね。

しかしそんな光景が、2014年に再現!しかもQVCマリンフィールドで!
目の前に広がるのはTVモニターではなくて本物のグラウンドという夢のような野球観戦スタイルが実現しました!

百聞は一見に如かず。まずはこの写真をご覧ください。

オススメ球場グルメ!(7軒目) [パ・リーグラジオ]
2014/05/16(金) 18:00

最近は各地で最高気温が30℃を超える日もあり、屋外でナイター野球観戦には最適な時期がやってきました。
来週からは交流戦も始まり、パ・リーグの強さを見せつける楽しみな時期でもあります。

きょうは、屋外でのナイター観戦には欠かせないビールのお供に最適??なおつまみをQVCマリンフィールドで発見しましたのでご紹介します。

決戦は火曜日!(観戦記その44) [パ・リーグラジオ]
2013/10/07(月) 23:00

いまパ・リーグの2位争いが激アツなんです!
楽天のリーグ優勝後、ロッテ・ソフトバンク・西武が熾烈なCS争いを演じていた中、ロッテと西武が5日までにCS進出を決め次の注目は、どちらが2位になるのか。
6日のゲーム前で、ロッテは残り3試合で2位マジックが2。1.5ゲーム差で追う6連勝中の西武は残り2試合、しかも最終戦はロッテ戦とどちらも負けられない戦いが続きました。

まずは6日のロッテ×オリックス戦から。

オススメ球場グルメ!(5軒目) [パ・リーグラジオ]
2013/09/11(水) 00:54

埼玉 vs. 千葉ライバルシリーズは雨がロッテに味方したか、幕張ラウンドではロッテが2勝1敗。所沢ラウンドと合わせて西武の4勝2敗で幕を閉じました。
球場外では各県の観光案内ブースも出るなど盛り上がりを見せ、西武Dでは土日共に30,000人以上、QVCマリンフィールドの土曜日も25,000人近い、普段の土日よりも多くファンが詰めかけました。

今日は、QVCマリンフィールドに出店した千葉県ご当地の屋台をご紹介します!


たい焼き屋!

 

チーバくんが覆いかぶさる...。


埼玉vs.千葉ライバルシリーズ 幕張Round(観戦記その43) [パ・リーグラジオ]
2013/09/08(日) 01:20

埼玉vs.千葉ライバルシリーズの詳細はこちら。



しばらくぶりの更新です。筆者は8月にヤフオクDに遠征も行いましたが、その様子は追って...。
7月にも開催された埼玉vs.千葉ライバルシリーズ。長年因縁とされてきた西武とロッテ。地元の埼玉と千葉の魅力PRも兼ねて対決をさらに盛り上げようという企画ですが、その幕張ラウンドが6日からの3連戦QVCマリンフィールドで開催中です!


埼玉県のマスコット、コバトンも来場!この3連戦の前までに借金1と苦しいチーム状況の中。ついにおかわり君中村選手が今季1軍初登録と明るい材料もあり、コバトンも意気揚々と千葉に乗り込んでまいりました。
同シリーズ、7月の所沢ラウンドでは西武の3連勝。
6日の試合は8-0と西武の大勝で早々に同シリーズの勝ち越しを決め、3位ソフトバンクを再び捉えるためにもおよそ2週間ぶりの連勝をかけ7日の試合に臨みました。

チーバくんもロッテに喝を入れにマリンへ。
一方のロッテ。楽天にマジックが点灯する中、一時は消滅させるなど健闘し8月を乗り切るも、9月に入りまだ勝ちがない状況で、この3連戦を迎えました。
初戦は零封と完全に抑えられ4連敗。首位楽天とのゲーム差が6.0と広がりいよいよ優勝に赤信号が...。
チーバくんの声援の後押しも受け、7日の試合ではルーキー松永投手の左腕に連敗ストップを託しました。

そして試合は投手戦となりました。
また新外国人Pに(観戦記その41) [パ・リーグラジオ]
2013/06/30(日) 00:32

28日のロッテ×ソフトバンク戦。
エース成瀬投手を立てて序盤で5-0とロッテが快勝ムードが一転、12球団一の打率を誇るソフトバンク打線にひっくり返され痛い敗戦。
昨年も首位にいながら夏場から失速した経験からも、交流戦が終わってそろそろ陰りが見えてくるかと思わせる敗戦でした。

29日のゲーム前までロッテとソフトバンクのゲーム差は2.0。ソフトバンクの3連勝ともなれば同率で首位に並ばれるという今後を占ううえでも重要なカードであっただけに、29日の試合は西野投手を立てて何が何でも負けられないロッテ。

しかしそこに立ちはだかったのが、ロッテが苦手とする「新外国人」のソフトバンク先発パディーヤ投手。
1回立ち上がりを攻め1点を先制したものの、1死満塁から追加点を挙げられず。
2回も1死1・3塁のチャンスを作りながら後続が倒れ無得点。2回までパティーヤ投手に63球も投げさせておきながらあと1本が出ない悪い流れ。
3回以降はパディーヤ投手の持ち味?なのか、80キロ台前半の超スローボールとMAX147キロのストレートで的を絞らせずマウンドを降りる6回まで1人のランナーも出せずにパディーヤ投手を立ち直らせてしまったわけです。

3回以降遅い球に合わせるバッティングや速い球に詰まらせられたりでゴロアウトが非常に多く淡白な攻撃。パディーヤ投手が6回でマウンドを降りるまで113球。つまり3回から4イニングスでわずか50球しか投げさせていないのです。
バリバリのメジャーリーガーだったパディーヤ投手ですから、球数制限で100球以上投げたらその回で降板したはず。
そう考えれば、2回までの球数を考えればもっと遅い球をカットして速い球に照準を合わせる等工夫があれば、中継ぎを早い回から投げさせ違う展開になっていたのではないでしょうか。

結果的には中継ぎを打ち崩し勝利を収めましたが、今年新外国人の投球を3回見て3度とも攻めあぐねる姿を見ると、今後の打線は大丈夫かと不安に駆られてしまいます。
あした以降は新しい打順が機能し大量得点を期待したいです。

ヤクルトは一気飲みが断然うまい!のだが...(観戦記その38) [パ・リーグラジオ]
2013/06/03(月) 15:01

番組をオンデマンドで聴く
聴く「パ・リーグラジオその1(5月6日放送分)」

番組をオンデマンドで聴く
聴く「パ・リーグラジオその2(5月6日放送分)」


ロッテは金・土の読売戦をいずれも1点差ゲームでしのぎ、両リーグ通じて30勝一番乗りを決めるとともに交流戦でも首位に立ち、いよいよ7年ぶりの交流戦制覇に向け視界が開けてきたというところで、この4連戦後半は交流戦もここまで下位に低迷するヤクルト相手。
小塚アナ観戦(前の記事参照)の試合ではオリックスをボコボコにしたものの、西武2連戦ともサヨナラ負けで千葉に乗り込んでくるわけですから当然勢いの差で見れば勝ちゲームになるはずなのですが。

ここで、ロッテファンの心配事。

その1、新外国人投手に洗礼を浴びせられるロッテ打撃陣。。。
何かと新外国人投手の初登板にぶつけられるロッテ。日本プロ野球のレベルの高さをプレーで証明したいところなのですが、残念なことに舶来の鉄砲にきりきり舞いさせられる戦国武将のようになってしまうわけで(今年もBsディクソン投手に完敗)。
2日のヤクルトの先発は5月に入団したばかりのラルー投手。
メジャー経験もあるWBCカナダ代表と、強調材料に乏しいものの最速157kmのストレートを武器とする投手のようで、今度こそNPBの洗礼を浴びせたい!

その2、大嶺投手がどこまでいけるか。。。
2日の先発は目下2連勝中の大嶺投手。ここまで16イニングス連続無失点中と絶好調ですが、相手の拙攻に助けられての記録という感が否めない内容で、これまでの大嶺投手から考えるとそろそろドカンと打たれそうな気がしてならない...。

とにもかくにも、そのような不安を払拭すべく挑発ポスターのとおりヤクルトを一気飲みして試合に臨みます!


球場内で2本100円で売ってましたw

たまに飲むヤクルトがこれまたうまいw


クーーーーーール!!!(観戦記その35) [パ・リーグラジオ]
2013/05/21(火) 15:00



どうも、当番組のメインパーソナリティ(笑)です。普段この番組ではオリックスを担当しています。

異動で東京に戻ってきてからというもの、なかなか試合を見に行けていません。
これまでは京セラDまで徒歩圏内のところに住んでましたから、気が向いたらふらっとベルたそに会いにいけていたのですが...
そんな中、お誘いをいただいて、久しぶりのQVCマリンフィールドに参戦してきました。

5月20日(月) 千葉ロッテvs広島2回戦(QVC)
C 000 000 002 = 2
M 200 000 01x = 3
○西野(5-1) ●前田健(4-2) S益田(1-2-14)
HR なし
観客 11,938  試合時間 3:14


この日、関東地方は雨が降ったり止んだりのぐずついたお天気でした。私を含めた観戦者4人は気が気ではありません。
「雨降ってるけど、やるの?」
「とりあえず東京駅まで出ます」
「海浜幕張到着。結構降ってる」
「船橋は傘いらないくらいですよ」

ただ、交流戦は期間内に試合消化をしてしまわないといけないので、少々の雨なら決行するんですよね。特にこの日の予告先発は、広島がエース前田健太、ロッテは育成の星・西野という楽しみな顔合わせ。18時頃には雨も小止みになり、いざ試合開始!



この日のポイント(1) 1回ウラ
1死2塁、打席の井口選手がセンターに高々とフライを打ち上げます。これを広島のセンター中東選手が捕球できず2塁打に。見ている我々も「?」のプレーでした。

このときの状況は、
・風速3m
・薄暮状態
風向きは右→左(だったと思いますが不明)、同行のロッテファンによると「QVCは上空とグラウンドレベルで風向きが違うことがある」とのこと。確かに、センター後方へのフライが押し戻されて落ちた感じはありました。空も薄暮状態で、なおかつ雨模様ですから鉛色の空でしたから。中東選手がQVCに慣れていなかったというのもあったのでしょうか(2011年にレフトで出場、12年出場なし。QVCでセンターの守備は07年以来)。

結局、初回にロッテが2点先取。この2点が、広島に重くのしかかるのであります。

この日のポイント(2) ルイス選手退場

5番レフトで先発出場の広島・ルイス選手。最近当たってないというわけではありませんが、ここまで打率は2割4分台でした。で、2回の第1打席はフルカウントから見逃し三振。ルイス選手は自信を持って見逃したのでしょうか、バットを放り1塁に歩きかけていました。このとき、山路球審に何か文句を言っている様子。この時点でカリカリきてましたね。

そして4回の第2打席。前打者ニック三振のときにダブルスチールが決まり2死2塁3塁の同点機に、ルイス選手に打席が回ってきました。ここもフルカウントとなり、ラストボールの真っ直ぐを見逃し三振!

「また見逃した。これ以上文句言うと退場もあるかもな」と思ったその刹那、案の定と言うか何と言うか、山路球審に食ってかかり退場処分に。同点機を逃した上に主軸が退場。どうも広島は流れがよくありません。

結局、このあとは大きなチャンスを作れないまま。2回以降立ち直った前田健太投手が踏ん張るものの、劣勢は変わらず。結局、7回103球のマエケンが8回のマウンドにも上がり、こらえきれずに押し出しで1点献上。でも、エースのこの投球は責められません。9回、広島は松山選手の2塁打で2点を返しましたが、そこまででした。


一方のロッテ目線で振り返ると、まずは西野投手の堂々たるピッチングが光りました。初完封こそ逃しましたが12奪三振! 前週の杉内投手との対決に続き、セを代表するエースと投げ合って、そして勝ち投手となったのですから、さらに自信は深まることでしょう。

こ の日のロッテ打線、福浦選手がDHでスタメン出場ということで若干平均年齢は上がりましたが、それでも若手の名前がずらり。福浦選手の代走に岡田選手が出てきて「DH解消して岡田選手が守りに就くのかな?」などと考えていたのですが、そのままDHで守りに就かず。同じく代走で出場のルーキー加藤翔平選手も、代走のみの出場でした。俊足好守の外野陣はほんとに層が厚い! 羨ましい限り。角中選手が戻ってきたら、この争いがもっと激しくなるのでしょう。若手の多い打線は、結果が出なくとも前向きになれるからよいですな。



この日、3塁側での観戦でしたが、COOLが客席まで来てくれました!
ぐうかっこいい!

オススメ球場グルメ! [パ・リーグラジオ]
2013/05/10(金) 14:01
5月6日放送分の音声は、下記からお楽しみいただけます。


番組をオンデマンドで聴く
聴く「パ・リーグラジオその1(5月6日放送分)」

番組をオンデマンドで聴く
聴く「パ・リーグラジオその2(5月6日放送分)」



さて5月6日の番組内でもご紹介した神宮球場外野コンコースに売っているソーセージ盛り合わせ。
QVCマリンフィールドの外周にも期間限定でオープンです!!


普段はジェフ千葉の本拠地である、フクダ電子アリーナにお店を構えサポーターの間では知る人ぞ知る名店となっています。
その名店が8日の西武戦から期間限定でオープンしました!!
営業時間はお店の都合によりwこの日は試合開始後も開いていました。

こちらのお店、数種類のソーセージを盛り合わせにしており、味もさることながらちょっとした裏ワザが...。




なんとタッパーを持参すると、ソーセージを増量で入れてくれるんです!!
屋外の出店に自前のタッパーを持ち込むなんて普通は考えもしないんですが、同じ500円なら荷物になるけどタッパーのほうがエコだしお得だし。このお店が人気の理由がわかりました!
もちろんそんな情報はお店に掲示はされておりませんので、おもむろに「これで!」とタッパーを出せば増量してくれます!
ちなみに普通のトレーでもなかなかの量を盛ってくれるようです。
私も海浜幕張駅の100円ショップでタッパー買って入れてもらいましたw


期間限定ゆえ、ひとまずは本日10日の楽天戦まではオープンしているけど、次回以降は未定。
お店の方によれば、出店のお知らせは「Twitter」か「口コミ」でとのことw

実は私もこの情報はtwitterで知り、タッパーのこと然りそのことを話すと、「twitterすげ~な!」と驚いておられましたw
試合を見つつこれを食べながらビールを飲み、ファンの人たちとまったりする...サイコーですよ。

ソーセージだけでなくて、唐揚げも超ウラメニューでたまに登場するとか!!
次は唐揚げ盛り合わせも食べてみたいな~(・∀・)ノ

お店の情報はこちらから→フクアリ喜作【@kisakukun
これぞメジャーのパワーや!(観戦記その32) [パ・リーグラジオ]
2013/04/22(月) 20:28

21日のロッテ×楽天戦は、午前中の雨もあり開催が危ぶまれましたが、天気予報どおり昼ぐらいから小雨に変わり無事試合は行われました。
この試合ロッテが幸先良く1回に先制するも、楽天の助っ人ジョーンズ選手・マギー選手に特大のHRを計3発放ち勝負が決まったかに思われました。。。

ところが、4回ウラに楽天のミスに乗じロッテが打者一巡の猛攻で5点を奪取、その後も小刻みにリードを拡げロッテは今季初の同一カード3連勝を飾りました。


それにしても、4回ジョーンズ選手のHRはさすがメジャー通算434本の破壊力というド迫力のHR!


(↑推定飛距離140m、照明下の屋根に激突?のものすごい当たりでした)
負け越しスタートも不気味な存在(観戦記その31) [パ・リーグラジオ]
2013/04/02(火) 01:22

金曜日:10安打

土曜日:15安打

日曜日:14安打

 

開幕戦から数字上は打線が活発なチーム、それがオリックスです。

ただし、得点は2点→4点→5点とあと一本が出ない模様。

 

連日4時間半を超える熱戦の末球団史上初となる開幕2試合連続サヨナラ負けを喫した翌日の日曜日のゲームで、選手もモチベーションが下がるところ。

しかしそこをもう一度奮い立たせ、ロッテ先発ゴンザレス投手の不安定な立ち上がりを攻め、今季初勝利を快勝で飾りました。

ロッテは7回にHRで応戦するのがやっと...。

ロッテ×オリックス 3回戦(QVC)1勝2敗
勝:ディクソン(1勝)
負:ゴンザレス(1敗)
HR:清田1号(7回ソロ)

 

口火を切ったのは1回、ここまで打率.000の川端選手が今季初ヒット、続く打率.091の糸井選手が続きます。

イ・デホ選手が歩かされ満塁とし、打率.200の坂口選手がしぶとくレフト前へ運び2点を先制。

続く2回は打率.111の伊藤選手のヒット→後藤選手の送りバントで2塁に進んだランナーを、川端選手がキッチリと返すという理想的な攻撃で試合の主導権を握りました。

 

この日は、2試合であまり打てなかった選手が爆発。

川端選手は4安打。糸井選手は3安打。伊藤選手も2安打を放ちました。

おまけに試合前で打率.455の4番イ・デホ選手は2打数1安打3四球という打棒に加え出塁率の高さたるや!

 

2試合連続2ケタ安打に加え、糸井選手が実戦感覚を取り戻しつつあるともなれば、いよいよ新しい猛牛打線が火を噴くといったところでしょうか。

一方投手陣も、この日先発した新外国人ディクソン投手の独特のフォームと低めに集まるボールで打たせて取るピッチング。7回1失点の好投。

前日は開幕投手と目されていた西投手が6回3失点。そして何といっても開幕戦ぶっつけという異例登板の金子千尋投手が、8回1失点のナイスピッチング。

3連戦負け越したとはいえ、決して悲観する内容ではありません。

先発ピッチャーはこれに先日ご紹介した東野投手や2日先発予定の海田投手、救援陣は磐石の平野佳寿投手に復活を期す馬原投手...。

 

 

...あれ?

今年こそ、今年こそはオリックスいけるやん!!??

(棚上げしてましたが、それより前にぶっつけ本番の投手とまたもや来日初登板の外国人にいい様に抑えられるロッテ打線の方が問題なのかも...。)

 

チーバくんも応援してるよ!

 

勝利の女神マリンに降臨!?(観戦記その23) [パ・リーグラジオ]
2012/09/12(水) 16:05

ロッテは9月に入ってから勝っていません。こんな危機的状況の中、ザックJAPANなんか見ている場合じゃない!ということで9月初のホームゲーム観戦であります。
連敗をホームで止めてCS進出(奇跡の優勝?)に向けて突き進むぞ!という思いのもと、試合前には様々なイベントがありました。

まずは、7月16日に行われて番組でもご紹介しました「千葉ロッテマリーンズ検定」
その表彰式が行われました。Mディレクターも私も撃沈した今回の検定(結果が正式に来ましたら公開します)、
なんと数百人・数千人の受験者の中で、合格者はたったの9名!( ゚Д゚)ヒョエー
そのうちの7名が憧れのQVCマリングラウンドで表彰を受けました。


70問中49問以上正解のツワモノの皆さんです


気分も暗いブラックブラックナイト(観戦記その21) [パ・リーグラジオ]
2012/08/13(月) 19:08

ペナントレースの観戦は実に2ヶ月ぶり!
その間にロッテは首位から陥落し、いつの間にか最下位だった西武が3位に躍進。

そしてロード9試合前最後のホームゲームで、いつも春先にやってたような黒のビジターユニフォームを着て試合をする毎年恒例の「ブラックブラックナイト」ともなれば、負けるわけには行かなかったのですが...。


来場者にはブラックブラックタオルも配布されました


渡辺アナウンサー凱旋試合にて(観戦記その14) [パ・リーグラジオ]
2012/06/06(水) 18:51

QVCマリンでのロッテ×DeNA戦に、渡辺アナウンサー(ヲじさん)率いるパ・リーグヲタ軍団がピクニックボックス席で観戦でしたが、渡辺アナの一挙手一投足に気を取られ試合内容がどうこうの騒ぎじゃなくなってしまいました...。

ヲじさんの動向は、どなたかがしゃべってブログを更新してくれるものと信じて、こちらでは試合の内容を思い出しながら書きます。


「×」のつくところがなんだかおかしくなっている...


勝つには勝ったけど...(観戦記その5) [パ・リーグラジオ]
2012/04/22(日) 04:55

去年の試合観戦数に占めるホームゲームの割合が2割そこそこなくらい、普段ビジターの試合ばかり観に行く私ですが、千葉県民なんだし今年くらいはもうちょっとホームの試合に行こうということで、天気も持ちそうだしふと思い立って今季初マリンです。

まあ試合内容も、空模様と同じくすっきりしませんでしたね...。
それではまずスコアから↓

4月21日 ロッテ×西武 3回戦



マリン3連勝♪(観戦記その3) [パ・リーグラジオ]
2012/04/09(月) 12:18

快晴!絶好の野球観戦日和!あと2-3度気温が高ければ最高なんですが・・・。

こんにちは!千葉市民なのにファイターズ観戦担当のKです。3月の番組内で注目選手に挙げた西川選手・森内選手が開幕一軍争いに勝ち残ってくれて(その後西川選手は一旦一軍登録を抹消されてしまいましたが)、わざわざ沖縄・国頭村まで(那覇空港からレンタカーに乗って片道約100キロ、名護市営球場の横を通り過ぎ、結構な距離を走りました~)キャンプ観戦に行って見てきた甲斐があったと自画自賛しております( ̄ー ̄)vニヤリッ

さて、昨日4月8日、QVCマリンフィールドに千葉ロッテvs北海道日本ハム戦を観戦してまいりました。高校時代の同級生夫妻(野球などまったく興味のない夫妻だったのですが、一昨年「野外ライブのように騒ぎたい」というリクエストに応え、一度ファイターズ戦の外野席での観戦に誘ったのですが、それ以降楽しかったらしく、ファイターズ好きになってくれました)と行ってきました。