日欧野球は侍ジャパンに刺激になったか?(観戦記その59) [パ・リーグラジオ]
2015/03/12(木) 18:30

3月10日、11日の2日間、「ひかりTV 4K GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」が東京ドームで開催されました。
現場主義を掲げる我々も、チケ代が安いので参戦!

これは震災復興という意味合いと、今年11月に日本や台湾などで開催される世界選手権「プレミア12」に向けての代表集結という意味合いを持つ試合でした。
戦前にポスターでセンターを張っていた日本ハム・大谷投手が、開幕投手への調整配慮から代表召集を見送られる等、当初からは主力メンバーがやや欠けた代表構成。
相手の欧州代表はオランダ(キュラソー島)代表を始めに、ヨーロッパの各国から選手が集められましたが、世界ランキング(IBAFランキング)ではオランダとイタリアを除けば12位以下の国々で、侍ジャパンは難なく2連勝!と誰もが思っていたところでしたが、2戦とも相手にリードを許す厳しい展開となりました。

10日の第1戦は終盤にたたみ掛け、元楽天のファンミル投手から逆転打を放ち勝利を収めましたが、11日の第2戦は序盤に勝敗が決してしまいました。

日米野球で新たな歴史生まれる!(観戦記その58) [パ・リーグラジオ]
2014/11/18(火) 18:01

12日から日米野球が開幕!2006年以来8年ぶりとなる今大会は、「WBC世界一奪還!」を目標に侍ジャパンでメンバーを編成、ルールも球数制限を設けたり、延長はタイブレーク制を日本側から提案して採用という、本番さながらの構成でアメリカ代表に挑みました。

3年後の仮想アメリカラウンドの真剣勝負!


大阪での第1戦は完封勝ち、東京に移って第2戦は凱旋登板の岩隈投手や和田投手を打ち崩し快勝。
勢いそのままに迎えた第3戦は、とんでもない結末が待っていました。

レジェンドシリーズはやっぱりかつての本拠地で(観戦記その55) [パ・リーグラジオ]
2014/09/01(月) 16:25

パ・リーグの優勝争いはソフトバンクとオリックスに絞られ、3位争いは日本ハムが一歩、いや二歩リードといった状況になっています。
日本ハムは8月29日から東京ドームでロッテを迎え3連戦。
日本ハム主催の東京ドームでは7年ぶりとなる土日開催ということもあり、夏休み最後の思い出作りに多くの少年野球含む子供たち、そして東京D土日のハム戦は何とあのジョニー黒木投手復活登板以来10年ぶりとのことで、自由席に大挙して詰め掛けたロッテファン。3万5千人を超える観衆で埋め尽くされました。

このカードは「レジェンドシリーズ」と銘打って、1982~92年まで着用していたオレンジとイエローのラインが入ったユニフォームで日本ハムは試合を行いました。
かつての本拠地・東京ドームでの試合に、オールドファンは配布されたユニフォームを身にまとい声援を送りました。

応援歌も当時活躍した選手のを流用。幸雄ジャンプ懐かしい!!


札幌ドームでのレジェンドシリーズは、東京時代を知らないファンも多いせいか(゚Д゚)ポカーンな状態で声援もまばらな印象を受けましたが、東京ドームでは大きな声援がこだましました。
(まぁレフトを埋めたロッテファンが凄かったのは言うまでもありませんが)

日本ハム快勝で迎えた30日の試合、ここまで1勝の吉川投手vs.2勝の唐川投手というシーズン通しての活躍を期待されながらも結果が出ない両投手の先発。
試合は点の取り合いかと思いきや、終盤に1点を争う好ゲームとなりました。

東京ドームの日ハム戦といえば、試合前の少年野球軍団によるノックタイムでおなじみ

読売優勝のきっかけの試合でのビデオ判定(観戦記その54) [パ・リーグラジオ]
2014/06/27(金) 17:50

今年で10年目の交流戦は、無事全144試合を消化。
読売ジャイアンツが2度目の交流戦優勝を果たしました。
打撃10傑に読売の選手が1人もランクインしてない(HRで1人、打点で1人ランクイン)中、光ったのは12球団トップのチーム防御率。

菅野投手(防御率1.73)に加え、4年目の小山投手が4試合で3勝0敗、防御率1.33と大活躍。
杉内投手も防御率2.28と安定した成績で、いかに読売から点を取るのが難しかったか(チーム失点も12球団最小タイ)。

読売は後半戦に破竹の7連勝を飾り、一気にオリックス・ソフトバンクらを抜き去り首位に躍り出ました。
実はその7連勝のきっかけを作ったのが、通算成績で唯一負け越し、さらに今季の対戦でも2連敗中だったロッテだったのです。
きょうは、その7連勝のはじまりの試合、6月8日日曜日の読売×ロッテを振り返ります。

始球式は...マーくん?!

オススメ球場グルメ!(9軒目) [パ・リーグラジオ]
2014/06/19(木) 19:30

番組をオンデマンドで聴く
聴く「パ・リーグラジオ・その1(2014年5月6日放送分)」

聴く「パ・リーグラジオ・その2(2014年5月6日放送分)」

聴く「パ・リーグラジオ・その3(2014年5月6日放送分)」


交流戦も、いよいよ優勝争いに入る終盤戦。
開幕5連勝を飾ったロッテがまさかのV逸、広島が大ブレーキでセ・リーグ首位から陥落など、若干の波乱を含みながら、優勝争いは巨人とソフトバンクそしてオリックスと、優勝経験のある3チームに絞られ、やはり交流戦の得手不得手が現れているといえるのかもしれません。

さて、今回の球場グルメは東京ドームから。あの人気商品が東京ドームver.にアレンジです。

ただのまんじゅうではありません!

楽天が日本一になるためには(観戦記その49) [パ・リーグラジオ]
2013/10/31(木) 01:00

チケットは完売!

10月以降のナイターはやっぱり快適なドーム球場が一番!


2013年のプロ野球もいよいよ大詰め。日本シリーズが開幕。
昨年に続き、今年もセ・パそれぞれの優勝チームが順当にCSを勝ち上がり、この舞台へコマを進めてきました。

楽天は球団創設9年目で頂点を勝ち取れるか。はたまた40年ぶり、V9時代以来の日本一連覇読売が成し遂げるか。
大方の予想通り?、仙台2連戦では1勝1敗のタイで東京ラウンドへ。
第3戦では、打線がつながった楽天が制し、これで東京ドームの原監督胴上げを阻止。
30日の第4戦で一気に王手をかけるべく連勝に挑みました。

ところが、ついに?楽天の弱点がもろに響く結果となってしまったわけであります。

年俸10億円バッテリー×1,000万円バッテリー!(観戦記その33) [パ・リーグラジオ]
2013/05/15(水) 03:01

番組をオンデマンドで聴く
聴く「パ・リーグラジオその1(5月6日放送分)」

番組をオンデマンドで聴く
聴く「パ・リーグラジオその2(5月6日放送分)」



いよいよ始まった2013シーズンのプロ野球交流戦!
奇しくも開幕カードからセ・パ首位同士のマッチアップとなりました。

今年も真っ黒!!

実は、セ・リーグで最多HR数のチームとパ・リーグで最少HR数のチームとの戦いでもあり、某スポーツ番組内で某読売系解説者が、
「読売がHRを打って勝てば、今年の交流戦も読売が優勝するだろう。」
「ロッテがHRなしで勝てば、今年の交流戦もパが主導権を握るだろう。」 こんな解説をしておりました。


果たして結果やいかに?!


侍ジャパン3連覇が見える会心の勝利!(観戦記その27) [パ・リーグラジオ]
2013/03/11(月) 18:42

全国のパ・リーグファンの皆様、あけましておめでとうございます!

昨年当番組はパ・リーグ優勝を果たした日本ハムを放送で最下位と予想し、お詫び番組までさせていただきました。
今年も不定期ながら、放送やブログでパを熱く語っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

いまプロ野球では、日本ハム大谷投手の話題で持ちきりですが、
野球界全体で、WBCのことを語らないわけにはまいりません。

我々ファンも、開幕戦に向けて応援の調子を整えているわけですが、
各チームが東上する今週のオープン戦前の目慣らしと発声練習(?)がてら、WBC東京ラウンドを観戦です!!


3月として観測史上最高の気温を日中に記録も、この頃までにはかなり寒くなり...。


今のロッテファンはやさしい(観戦記その24) [パ・リーグラジオ]
2012/09/20(木) 14:00

先日のマリーンズ検定後のトークイベントにて、ロッテOB初芝清氏がこんなことを語っていました。

「今のファンはあまりブーイングをしなくなった。昔はふがいないプレーをすれば容赦なくブーイングを浴びせられた。今のファンはやさしいと思う。」

確かに数年前はKOされたピッチャーにホームでも大ブーイングが起きていましたが、ここ最近はそんなような光景は見受けられませんでした。


しかし19日の楽天戦は、初回7失点など3回までに11安打8点を浴び、対する打撃はノーヒット。
そんな中、攻撃も浅いカウントから打ち上げてしまうなど、こつこつ点を返していく意識があまり感じられないような淡白なバッティング。
これにはレフトを埋め尽くすファンからもブーイングが起きますわ。

ただ、福浦選手の代打に大松選手がコールされた瞬間にスタンドからブーイングが起こったのはいかがなものかと...。
そのブーイングに奮起したのか(?)、大松選手がライトスタンドへホームランを打ったから結果的にはよかったですけどね。

ベンチに帰ってハイタッチをする大松選手に当然笑顔はありません。
ブーイングが采配に対するものなのか、選手個人に対するものなのかは定かではありませんが、ブーイングをした挙句に、コールに合わせて応援しHR打って歓喜するってその程度のブーイングならしないでよ、と個人的には思います。

選手起用も試合内容もちぐはぐで、どうもファン含めたチーム全体の雰囲気がよくないようなこの頃。
自力でのCS進出が消滅しましたが残り14試合で3位まで4.5ゲーム差。不可能な数字ではないので、ここからKYと呼ばれる本気のロッテを見せて欲しいところです。

負ければ10連敗の試合で、首位相手に10得点完封ゲームができるんだからそれぐらいやれて当然だ!!!



親は停滞、子は好調(観戦記その22) [パ・リーグラジオ]
2012/08/16(木) 15:30

15日東京ドームでイースタンリーグ公式戦、読売×ロッテ戦が行われました。
ここ数年同カードが東京Dの夏場に開催されていましたが、今年都合がついたので生まれて始めてのファーム戦を観に行きました。

季節はちょうどお盆。夏休み中の子ども達はもちろん、お休み中のサラリーマンも多く観衆は2軍戦でなんと17,898人!
ロッテ側は応援団が集合したこともあり外野席も半分以上が埋まり、日本シリーズを想定した(?)熱い応援が繰り広げられました。


2軍戦とは思えない程の客入りでした。


天王山第2ラウンド(観戦記その16) [パ・リーグラジオ]
2012/06/12(火) 13:05

エース成瀬投手で初戦を獲ったロッテ。
昨日のソフトb...読売×ロッテは序盤、クライマックスシリーズを思い起こさせるようなロッテの猛攻。

防御率0.96
24イニングス連続無失点
交流戦対左打者被打率.000(いずれもゲーム前)

と、一体どこから攻めたらよろしいのやら?と思わせる杉内投手をいとも簡単にノックアウトさせてやりましたよ。


ここまでは完璧だったけど...。


天王山第1ラウンド(観戦記その15) [パ・リーグラジオ]
2012/06/11(月) 11:02

交流戦首位の読売と、2位ロッテとのゲーム差2.0。
何としても2連勝したいロッテは、金曜日のヤクルト戦で大敗し、巻き返しを図りたかった土曜日の試合が雨天中止。気持ちを切り替えるにはちょうど良かったかもしれません。
ファンも気合十分!

一方の読売も例のオレンジユニフォーム着用日。不敗神話があるらしくそういうのをよく止めるKYロッテにとっても舞台が整ったようなものw
試合はエースの力投で辛くも逃げ切りました。


オリ戦でもらったその橙ユニを、大のG党で先日入籍を発表した絶好調アナウンサー大関さんにプレゼント


予告先発制の効果を検証する(観戦記その13) [パ・リーグラジオ]
2012/05/30(水) 23:25

水曜日の読売×楽天戦は、読売は杉内投手が先発。対する楽天は田中マーくんが復帰登板か?と、球界を代表する背番号18同士の投げ合いが有力視されているにもかかわらず、外野のビジター応援席ですら余りが出るほどチケットの売れ行きが不調ともなれば、これはセ・リーグが観客増を目論見予告先発を導入した効果がまったく表れていないと、パ・リーグの二番煎じを指摘できる機会ってもんで、広島帰りから中1日で東京Dへ乗り込んだら、試合は予想以上のベストゲームに。


ファンでなくとも観に来た人全員が記憶に残る好ゲームでした


初回がすべて(観戦記その9) [パ・リーグラジオ]
2012/05/17(木) 01:35

パ・リーグのファンや選手が待ち望む交流戦。
特に闘志を燃やすのが読売戦。

今となってはCSやインターネット配信のおかげでパ・リーグも全国区になりつつありますが、交流戦が始まった2005年は、全国中継といえば読売戦。そこで活躍すれば自分の名前を全国に知らしめることができるとあって、選手は人一倍燃えたそうな。

そこで、交流戦ではパの各チームがエース級をぶつけてくるであろう読売戦をできるだけ多く観に行って、戦い方に違いはあるのか?etc...分析してみようと考えています。

その第1弾読売×オリックス戦。
この日は、●の祭典のように限定レプリカユニフォームを来場者全員にプレゼントする集客作戦で、普段は4万を割るオリ戦ながら当日券はすべて完売(45,362人)というドアウェーな戦い。


レフトの3ブロック+内野の1ブロック以外はオレンジ1色!


1998本目(観戦記その7) [パ・リーグラジオ]
2012/04/26(木) 02:59

昨日はロッテが競り勝ち、終わった後水道橋駅近くの某居酒屋にて2次会を行った我々ラジオNIKKEIパ・リーグヲタ一行。
久々に飲みすぎて、帰りの電車で寝過ごす失態を犯し...(´・ω・`)


若干の胃もたれを抱えながら、東京ドームへ連勝を狙いに出陣!!
しかし、その前に立ちはだかったのが日ハム先発八木投手、そして試合前で2000本安打にあと6本の稲葉選手でした。
それでは結果から↓↓

4月25日 日本ハム×ロッテ 5回戦


ロッテはまさかのスミ1...。


昨日の試合のポイントは(観戦記その6) [パ・リーグラジオ]
2012/04/25(水) 12:08

昨日から日本ハムは今季初の東京ドーム主催試合。
相手は我等がロッテということで、このブログを書くパ・リーグヲタ全員勢揃い!!(小塚アナは試合のためだけに大阪から上京w)

この日、「メンズデー」と称して男性客は内野席半額。
そしてメンズデーの日に予告先発が多田野投手。
そしてそして始球式が、三愛水着イメージガールの現役女子高生(まさかの水着でピッチング)ともなれば、あらゆる男達が大集結!!!
当日券売り場には長蛇の列ってことで、今日は4万5千超満員?!チキバン(日ハムのチャンステーマ)はどうなるの?!と一種の怖さを抱きつつ着いたものの...いつもと変わらない客の入りにちょっぴりホッとした自分|´д`)


それでは、スコアから↓

4月24日 日本ハム×ロッテ 4回戦


19時半には7回入ってるぐらい早い展開でした


チケット発売の朝 [パ・リーグラジオ]
2012/04/14(土) 18:58

交流戦のチケットが続々と発売されています。
ロッテに関しては、ナゴヤドーム・横浜スタジアム・東京ドームでの試合分がきょう発売開始されました。

6月10日、11日の読売×ロッテ戦は、ビジターチーム応援席が今年も4分足らずで完売!
というのも、レフトスタンドの半分は読売側の応援席のためチケット取りは毎年激戦必至。
しかも今年はそのレフト巨人応援席とやらが1ブロック増えたことで、更にビジターの席数が減るという事態に...。
阪神戦みたいに巨人応援席取っ払っても、ロッテファンだけで埋まるのに...とここのチケットを取るたびにロッテファンは口を揃えて言います。

交流戦は楽しみだけれど、毎年そのチケットを取る時期が来るとファン同士対策を練るレベルの話になるから大変ですよ本当に...。
(私も今朝チケット●あの店頭に傘を差して並んで、横浜スタジアムの外野席をGETしましたよ(`・ω・´))