今年のロッテは大丈夫なのか?(観戦記その28) [パ・リーグラジオ]
2013/03/15(金) 03:34

昨日の陽気から一転、雨上がりの寒空の中行われた14日のオープン戦。
ロッテは横浜に乗り込みDeNAと対戦です。

先発コマ数が早くも足りなくなっているロッテ。
今日の先発は、昨年ファーム日本一に貢献し今年1軍定着を狙う左腕・植松投手。
前回甲子園での登板は1HR含む3回3失点と精彩を欠き、巻き返しを図るマウンドとなりました。



3月14日オープン戦 DeNA×ロッテ(横浜)
勝:ソト(1勝0敗)
負:植松(0勝2敗)
S:三浦(1S)
HR:ブランコ3号(3回ソロ)、多村1号(5回満塁)

制球が定まらず、甘くなったところをブランコ選手に痛打される、その繰り返し。
1回の先制タイムリーはレフトフェンス直撃。3回のソロはバックスクリーン横に豪快に叩き込まれました。
5回は、味方が1点返した後の大事なイニングにもかかわらず、1点取られるどころかその後四球→押し出し四球→満塁HRじゃあ、先発でやっていくにはあまりに厳しい結果。

7安打ながら6失点を喫した裏には6四球も与えており、そりゃ超重量打線のDeNAバッター陣にストライクを狙い撃ちされるわけです。

唐川・グライシンガー両投手が出遅れ、左腕の先発候補(木村・古谷・藤岡・植松)を試しているこのオープン戦、せっかくのチャンスだからモノにしてほしいところですが、現状では藤岡投手が確定ぐらいでしょうか...。
植松投手、ファームでは成績を残し実力はあるだけに次回登板では制球力をきっちりとつけたピッチングを見たいところです。


一部改修されたリニューアルハマスタに、要チェック!


コメント

Re : 今年のロッテは大丈夫なのか?(観戦記その28)

ロッテ再生の年!
最下位になるもしれませんが、来年以降のことを考えると、投手育成が必須です。
なんといっても先発が足りませんので、、

2013/03/15 17:14 : マンタロー。