シートノックの愉しさ [パ・リーグラジオ]
2012/05/24(木) 18:49

今週は火水と、競馬の祭典=日本ダービーの取材。
こんな週に限って月曜と木曜に試合がないんだわ。さすが交流戦!
(今晩はQVCとKスタでやってますがね)
ほんで明日からはほっともっとFでの2連戦とか。行けねえよ。

なので現場参戦なく、今回は文字だけのコラムですみません。

ワタクシの参戦スタイル、ってほどでもないですが
現場参戦するときは、なるべく試合開始の小1時間前には球場に到着するようにしています。
その目的とは!!


試合前の守備練習、シートノックを見るためです。

だいたい試合開始の40分前ぐらいですかね?
両チームのベンチ入り野手が各守備位置に散って
外野→内野とシートノックをしますわな。

これが大好きなんです。個人的に。

最近でこそ、ネットで出場選手登録の動きが逐一分かりますが
その昔は、このシートノックがベンチ入り選手の確認の場でした。
「ああ、この選手が1軍に上がってきたのか」とかね。

で、シートノックはあくまで試合前の練習ですから
全力でのプレーってのはあんまりないんですが、
その中で「おっ!」というプレーを見られると嬉しいのです。

アメリカに行く前の新庄剛志選手。
センターからの返球で、周りの選手は若干山なり返球でも
新庄選手だけはホームにレーザービーム。
試合前から大歓声。

強かりし頃(?)の某球団、
1B駒田・2Bローズ・SS石井琢・3B進藤のシートノックなんか
流れるような華麗さがありました。
特に、ゲッツー時に2塁に入るロバート・ローズ選手の
送球を受けてから1塁に投げるまでの速さといったら。

パリーグじゃなくてすみません。

最近では、ソフトバンクの本多-川崎の二遊間は
うまいなぁ~と思って見ていました。

眼福、ってことなんですかね?
ひとまず勝ち負けは関係なく、
美しいものを見て、満足。幸せ。みたいな。

シートノックの時間はスタメン発表と重なったりするので
外野席にいると、応援で忙しくなったりするのですが
内野席でのんびり見るときには、シートノックは欠かせません。
もちろん、テレビ中継では絶対見られない部分ですしね。

そういえば、
3月末の東京Dでマリナーズ-アスレチックスを見たときも
ずいぶん早く球場入りして練習を見ていたのですが
シートノックはなし。
メジャーの試合はこんな感じ?初めてでよく分からず…
イチロー選手のシートノック、見たかったのになあ。

ノック時に感じる「この選手うまいなぁ~」の感想は
それぞれ違うのでは?
皆さんの意見も、ぜひ聞いてみたいところです。


コメント