nippon.comのコーナー(ウクライナ出身ロシア語版エディター、ヴャチェスラヴ・オニスチェンコ氏) [nippon.com]
2021/08/27(金) 14:25 ディレクター

「nippon.com」のコーナーの番組音声はこちら! 

          聴く  

(ラジオ放送終了後の約1週間をメドにUPロードします。)

nippon.comのコーナーは、ウクライナ出身、ロシア語版エディターのヴャチェスラヴ・オニスチェンコさんにご出演いただきます。

こちら、ニッポンドットコムの記事もご参照ください!

ラジオNIKKEI「大人のラヂオ」nippon.comコーナー、第8回はロシア語版エディター、ヴャチェスラヴ・オニスチェンコ氏が出演します! | nippon.com




【ヴャチェスラヴ・オニスチェンコ氏プロフィール】
1993年 ドニプロペトロフスク国立大学歴史学部を卒業後、
1995年、同大学で日本語の勉強をスタート。
1999年からは、日本語・日本文学を教え始める。
2002年。日本の文部科学省の国費留学生として来日。
2004年から2009年まで東北大学大学院に学び、博士号を取得する。
博士論文のタイトルは「軍記物語における運命観」。

ウクライナにいる頃から、日本の中世の文学がとても好きで、枕草子、徒然草、世界最初の小説といわれる「源氏物語」も大好き。中でも、軍記物に共通して流れる仏教思想に心惹かれる。

『平治物語』をロシア語に翻訳した Повесть о смуте годов Хэйдзи. / пер. с я п., вступ. ст., という本を出し、日本翻訳家協会の特別賞受賞。

そのほか『将門記』『陸奥話記』『奥州後三年記』『保元物語』『承久記』を翻訳して、解釈と注をつけた本や、『曽我物語』をテーマにした本、一休さん=宗純の伝説をテーマにした本などを出しています。

また、三味線、箏など日本の伝統楽器をたしなみ、胡弓は藤植流山室家元、唯一の門人として看板をいただくほどの腕前.

なお、この日、演奏いただいた曲は、下記YouTube動画にて、最初の曲と、最後の曲の全演奏を視聴いただけます。
1曲目 唐子楽

2曲目 百千鳥

コメント