nippon.comのコーナー(22年5月27日放送分) [nippon.com]
2022/05/26(木) 22:07

22年5月27日放送「nippon.comのコーナーはこちら!otonanoradio

(なお、上記音声配信はラジオ放送終了後にお聞きいただけます。)

今回の nippon.comのコーナーは、欧州出身のエディターの視点からみたウクライナ情勢について、お送りします。

下記、ニッポンドットコムの案内記事等もご参照ください!
今回の番組は、5月27日12時51分頃~の放送で、30分に拡大してお送りします。

  ラジオNIKKEI「大人のラヂオ」nippon.comコーナー、第16回はウクライナ、フランス、スペイン出身の3人が「ウクライナ問題と欧州」を鼎談します! | nippon.com


ロシアのウクライナ侵攻から3カ月が経過しましたが、戦闘は終わるどころか激しさを増すばかり。
今回はウクライナ出身のヴャチェスラヴ・オニスチェンコ、フランス出身のヴァンソン・フィンダクリ、スペイン出身のダニエル・ルビオの3人が出演。ウクライナ国内の直近の状況に加え、欧州各国では、この戦争をどうとらえ、ウクライナ支援にどう取り組んでいるのかを語り合います。

侵攻で浮き彫りになった複雑な背景や事情、国によるスタンスの違いなど、多くの日本人が知らない話が飛び出します。ぜひお聴き下さい。

◆オニスチェンコが執筆したウクライナについての記事はこちら

ヴャチェスラヴ・オニスチェンコ氏
1993年 ドニプロペトロフスク国立大学歴史学部を卒業後、
1995年、同大学で日本語の勉強をスタート。
1999年からは、日本語・日本文学を教え始める。
2002年。日本の文部科学省の国費留学生として来日。
2004年から2009年まで東北大学大学院に学び、博士号を取得する。
博士論文のタイトルは「軍記物語における運命観」。ウクライナにいる頃から、日本の中世の文学がとても好きで、枕草子、徒然草、世界最初の小説といわれる「源氏物語」も大好き。中でも、軍記物に共通して流れる仏教思想に心惹かれる。『平治物語』をロシア語に翻訳した Повесть о смуте годов Хэйдзи. / пер. с я п., вступ. ст., という本を出し、日本翻訳家協会の特別賞受賞。そのほか『将門記』『陸奥話記』『奥州後三年記』『保元物語』『承久記』を翻訳して、解釈と注をつけた本や、『曽我物語』をテーマにした本、一休さん=宗純の伝説をテーマにした本などを出しています。また、三味線、箏など日本の伝統楽器をたしなみ、胡弓は藤植流山室家元、唯一の門人として看板をいただくほどの腕前.


ダニエル・ルビオ氏

ニッポンドットコムの多言語部スペイン語担当者。1983年スペイン・ウエルバ生まれ。2006年セビージャ大学コミュニケーション学部ジャーナリズム科修士号取得後。同年セビージャ大学の言語インスティテュート日本語学科卒業。2009年国際交流基金関西国際センター(大学院生日本語研修)卒業。2012年来日。2013年に現職。

ヴァンソン・フィンダクリ氏
1983年フランス・パリ生まれ、横浜市在住。パリ第7大学情報処理システム修士号取得。プログラマーとして働いたのち、フランス国立東洋言語文化学院(INALCO)へ。2013年に来日、翻訳家、モデルなどを経て、2017年から現職。日本に興味を持ったきっかけはセーラームーン、ドラゴンボール、キャプテン翼などのアニメ。趣味は和菓子屋巡りで、どら焼きが大好物

 

2022年5月27日放送(一青妙氏、阿部憲仁氏) [nippon.com]
2022/05/26(木) 18:33

2022年5月27日放送【大人のラヂオのご案内】otonanoradio
前半は、阿部憲仁氏、一青妙氏による進行でお送りします。

また、後半のメインコーナー
ニッポンドットコムのコーナー」では、ニッポンドットコム・スタッフのウクライナ出身のオニスチェンコ氏、フランス出身のバンソン氏、スペイン出身のルビオ氏にご出演いただきます。
ウクライナ情勢をめぐる欧州出身者の鼎談の模様をお聞きいただきます。

放送をリアルタイムで聞く

radikoで番組を聴く

番組は、radikoからお聞ききいただくことができます。聴取はこちら http://radiko.jp/ をクリックください。



聴く 【オンデマンド、Podcast配信】
 
今回放送の各番組コーナーは、放送終了後、オンデマンド及びPodcastにて音声配信しています。
(ポッドキャストのiTunes からの配信はこちらをクリックください。尚、オンデマンドの音声配信はすべて、放送終了後の配信となります。)

【ご意見、ご感想、健康相談】等の募集

 番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ、健康相談、そして、音楽に関する素朴な質問等を募集しております。メールの方は右の「ご意見・お問い合わせ」欄からご投稿ください。

 

「歴史」書籍プレゼント(アンケート) [歴史]
2022/05/25(水) 09:38
大人のラヂオでは、「あなたが重要視している歴史の出来事について」のお考えをお伺いしています。

プレゼント応募の「番組への感想など」の欄に、以下のように、①歴史の出来事 ②理由 をおかきください。

(例1)
①「台湾の228事件」。②台湾現代史における重要な事件。台湾での本省人と外省人との対立を深めた重大な事件となった。
(例2) 元禄14年の「赤穂浪士の討ち入り」は、年末雪の降るシーズンになると、思いおこします。日本人の心の琴線に触れる出来事でしたね。

など、自由におかきください。

なお、こちらのご協力いただきました方の中から、抽選で、
6月26日放送「大人のラヂオ」のゲスト、ジャーナリスト・有本香さんの共著書「日本国紀の副読本 学校が教えない日本史」をプレゼントさせていただきます。

応募方法
:下欄にあります【お申込み欄】からご応募ください。
なお、「希望プレゼント名」の欄に、"日本国紀の副読本"とお書きいただき、
「番組への感想など」欄に、「①(歴史の出来事) と②なぜ、重要視するか 等を書いて」ご応募ください。 
 
 

応募締切:毎月末
必着


2022年5月20日後半『イノベーション』(C&R社長・井川幸広氏)
2022/05/19(木) 20:20

イノベーションのコーナー
(こちらラジオ放送終了後、クリックいただければ未放送の部分を含めてお聞きいただけます。)




今回のゲストはクリーク・アンド・リバー社代表取締役社長、東京ニュービジネス協議会会長の井川幸広氏
聞き手は、辻留奈さんです。


【井川幸広氏プロフィール】
井川 幸広(いかわ・ゆきひろ)氏
1960年、佐賀県生まれ。毎日映画社に入社後、23歳時にフリーランスのテレビディレクターとして独立。
1990年 フリーランス時代に得た経験から、クリエイターをバックアップする事業会社・クリーク・アンド・リバー社を設立。
当初は7名の映画監督、テレビディレクターのネットワークからスタートし、今ではキー局で放送されているテレビ番組の約45%に同社のディレクターが関わる事業会社となり、TV放送業界ではなくてはならない会社に発展している。
現在、国内18拠点、海外4拠点、従業員数1840人の東証PRM市場上場企業へと成長し、プロフェッショナルを支援するグループ会社を次々と設立している。

C&R社の活動以外では、Jリーグ・サガン鳥栖を運営するサガンドリームスの初代社長で現会長や一般社団法人・東京ニュービジネス協議会(NBC)会長を兼任する。


また、番組内で紹介する曲「この道を行く」は、「起業家の志」をうたった曲で、井川幸広氏が作詞したもの。
(歌詞は以下に表記、作詞・井川 幸広  補作詞・清水 国明  作曲・佐久間 順平)

朝の雲間から  一筋の光  もうやるしかない  この道を行く今は一人 
向かい風受け  倒れても  踏まれても     咲かせてみせる一輪の花  
勇気の一歩で景色が変わる  彼方に輝く星ひとつ この道を行く今は一人

 
振り向けば仲間  もう一人じゃない チカラを合わせて...  この道を行く光を浴びて 
共に祝おう    肩を抱き     声上げて      みんなで咲かそう大輪の花
信じる心が夢引き寄せる   一つ星見上げて歩くこの道は  耀く明日へと続いている

 
光降り注ぐ  いただきに立ち  まだ終わりじゃない  この道を行く心を燃やし
戦っているのは  何のため  誰のため  みんな笑顔の幸せの花 つないだ手と手
またつながって  果てなく続く喜びの世界  夢叶い  やがて報われる



なお、番組内でお伝えしきれかったお話しが沢山あります。これらの内容は、後日、ポッドキャストスポティファイで配信しますので、是非、こちらもお聞きください。

放送をリアルタイムで聞く

radikoで番組を聴く
番組は、radikoからお聞ききいただくことができます。聴取はこちら http://radiko.jp/ をクリックください。

【オンデマンド、Podcast配信】
今回放送の各番組コーナーは、放送終了後、オンデマンド及びPodcastにて音声配信しています。
(尚、ポッドキャストのiTunes からの配信はこちらをクリックください。尚、オンデマンドの音声配信はすべて、放送終了後の配信となります。)

【ご意見、ご感想、健康相談】等の

 番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ、健康相談、そして、音楽に関する素朴な質問等を募集しております。メールの方は右の「ご意見・お問い合わせ」欄からご投稿ください。

2022年5月20日前半『インテリジェンス』(米本昌平氏、手嶋龍一氏)
2022/05/19(木) 20:08


特集 インテリジェンストーク
(こちらラジオ放送終了後、クリックいただければ未放送の部分を含めてお聞きいただけます。)



今回のゲストは、科学史・生命倫理、地球環境問題の研究者で、東京大学客員教授の米本昌平氏
聞き手は、外交ジャーナリストの手嶋龍一さんです。


【米本昌平氏プロフィール】

米本昌平(よねもとしょうへい)氏。愛知生まれ。

1972年京都大学理学部を卒業後、証券会社に勤務しながら、在野で科学史を独学・研究する。

三菱化成生命研究所に科学史担当の研究者と採用され、その後、

東京大学先端科学技術研究センター、総合研究大学院学長補佐兼教授等を歴任する。

現在、東京大学客員教授として、学生の指導と研究活動を継続している。

主な著書に、『遺伝管理社会-ナチスと近未来』、『先端医療革命-その技術・思想・制度』などがある。


番組メインキャスター【手嶋龍一氏プロフィール】
1949(昭和24)年、北海道生れ。外交ジャーナリスト・作家。
冷戦の終焉にNHKワシントン特派員として立会い、FSX・次期支援戦闘機の開発をめぐる日米の暗闘を描いた『たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て―』を発表。続いて湾岸戦争に遭遇して迷走するニッポンの素顔を活写した『外交敗戦―130億ドルは砂に消えた―』(いずれも新潮文庫)を著し、注目を集める。

2001(平成13)年
の同時多発テロ事件ではワシントン支局長として11日間にわたる昼夜連続の中継放送を担った。

2006年
には世界各地に張り巡らした極秘の情報源を駆使して北の独裁国家の謎に挑んだ『ウルトラ・ダラー』を発表。「日々のニュースがこの物語を追いかけている」と評され、新たに出現したインテリジェンス小説として出版界に衝撃を与えた。小説『スギハラ・サバイバル』はその姉妹篇にあたる。
ほか『インテリジェンスの賢者たち』や『宰相のインテリジェンス―9.11から3.11へ―』や、インテリジェンス小説『鳴かずのカッコウ』等がある。


なお、番組内でお伝えしきれかったお話しが沢山あります。これらの内容は、後日、ポッドキャストスポティファイで配信しますので、是非、こちらもお聞きください。

放送をリアルタイムで聞く

radikoで番組を聴く
番組は、radikoからお聞ききいただくことができます。聴取はこちら http://radiko.jp/ をクリックください。

【オンデマンド、Podcast配信】
今回放送の各番組コーナーは、放送終了後、オンデマンド及びPodcastにて音声配信しています。
(尚、ポッドキャストのiTunes からの配信はこちらをクリックください。尚、オンデマンドの音声配信はすべて、放送終了後の配信となります。)

【ご意見、ご感想、健康相談】等の

 番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ、健康相談、そして、音楽に関する素朴な質問等を募集しております。メールの方は右の「ご意見・お問い合わせ」欄からご投稿ください。

全10件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 次の5件 ]