2020年ノーベル生理学医学賞「C型肝炎ウイルスの発見」の功績で米等3氏が受賞! [大人のラヂオ]
2020/10/05(月) 18:20
スウェーデン・ストックホルムにあるカロリンスカ研究所は5日、2020年ノーベル生理学医学賞を発表した。
C型肝炎ウイルスの発見により、Harvey J. Alter, Michael Houghton and Charles M. Rice の3氏の受賞となった。

サマリーとして、以下のように発表された。
This year's Nobel Prize is awarded to three scientists who have made a decisive contribution to the fight against blood-borne hepatitis, a major global health problem that causes cirrhosis and liver cancer in people around the world. Harvey J. Alter, Michael Houghton and Charles M. Rice made seminal discoveries that led to the identification of a novel virus, Hepatitis C virus. Prior to their work, the discovery of the Hepatitis A and B viruses had been critical steps forward, but the majority of blood-borne hepatitis cases remained unexplained. The discovery of Hepatitis C virus revealed the cause of the remaining cases of chronic hepatitis and made possible blood tests and new medicines that have saved millions of lives.

今年のノーベル生理学医学賞は、肝硬変と肝がんを引き起こす血液媒介性の肝炎ウイルスの発見に貢献した3人の科学者に授与される。 受賞者はハーベイ・J・アルター、マイケル・ホートン、チャールズ・M・ライスの3氏で、新型ウイルス(非A非B)であるC型肝炎ウイルスの同定につながるこの発見は、慢性肝炎の原因を明らかにし、多くの人々の命を救う新薬の開発へとつながった。

Harvey J. Alter氏は、米・国立衛生研究所(NIH)輸血医学科感染症部門チーフ、1988年、C型肝炎ウイルス(非A非B)を発見した
Michael Houghton氏は、英国出身、カナダ・アルバータ大学応用ウイルス学研究所長で、血中のC型肝炎ウイルス抗体の同定やC型肝炎と肝がんとを結びつける研究で知られる。
Charles M. Rice氏は、米・ロックフェラー大学ウイルス学教授で、C型肝炎ウイルスを含むフラビビリダウ科ウイルス分野の第一人者。