11月8日『大人のラヂオ』(泉並木・武蔵野赤十字病院長) [大人のラヂオ]
2019/11/07(木) 23:49

11月8日【大人のラヂオのご案内】(otonanoradio)

毎月第2週目のこの時間は、"肝臓"に焦点をあてお送りします。

   今回は、「肝臓がん これからの治療と患者の向き合い方」について、武蔵野赤十字病院長の泉並木先生にお話しを伺ってまいります。

 進行は、
患者会"東京肝臓友の会"事務局長の米澤敦子さん。

今回の話題は、

〇肝臓がんについて(他臓器がんとの違い、原因など)
〇検査と診断(血液検査(腫瘍マーカー等)、画像検査)
〇肝臓がん、アルゴリズムとこれまでの治療
・肝細胞癌治療アルゴリズム
・肝切除(治療の特徴、治療後の経過等)
・ラジオ波焼灼療法(治療の特徴、治療後の経過等)
・肝動脈塞栓療法(治療の特徴、治療後の経過等)
・分子標的薬療法(レンバチニブ、レゴラフェニブ、ラムシルマブ等治療の特徴、治療後の経過等)
〇肝臓がん、これからの治療

・免疫チェックポイント剤による治療について
・ニボルマブ、ペムブロリズマブ
〇 さらに新しい肝臓がん治療(分子標的薬治療を導入・継続するために患者が心得ておくこと)
〇肝臓がん対象の医療費助成制度について

等が展開します。

【泉並木氏プロフィール】
1953年生まれ、兵庫県淡路島のご出身。
1978年東京医科歯科大学医学部卒業後、同大学第2内科入局、
1986年武蔵野赤十字病医院消化器内科部長等を経て、
2016年より同病院長に就任し現在に至る。
 同病院で、30年以上肝臓専門医として従事され、インターフェロン治療、肝がんのラジオ波熱凝固治療法の第一人者として世界的にも知られ、1999年にはマイアミ大学に招聘されアメリカ第1例目の肝癌マイクロ波治療のライブデモをおこう。また、C型肝炎治療では遺伝子検査を行った治療法を導入し最適な治療法の選択をするなどの取り組みをされてこられました。
NHK「今日の健康」に出演。趣味はバイオリン演奏。音楽鑑賞、座右の「一致協力」です。


【医療講演会のお知らせ】

12.15 開催・医療貢献会「AIH、PBC、PSCについて」
日時:令和元年12月15日 14:00~16:30

会場:TKPお茶の水カンファレンスセンター(ホール2A)
    〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビルディング
   JR中央線 御茶ノ水駅 聖橋口 徒歩1分
   東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅 徒歩4分
   東京メトロ千代田線 新御茶ノ水 B1出口直結

講師:大平弘正先生(福島県立医科大学)、田中篤先生(帝京大学)
参加費:入場無料

申込み:事前登録(先着)制です。電話、はがき、FAXにて住所、氏名、電話番号を明記の上、お申し込ください。

申込・お問い合わせ:特定非営利活動法人 東京肝臓友の会
〒161-0033 東京都新宿区下落合3-14-26-1001
TEL 03-5982-2150(祝祭日を除く 火木金:10:00 ~ 16:00)
FAX 03-5982-2151

 

番組内の各コーナーを、オンデマンド、及び、ポッドキャストから聴く


 
番組は、radiko等から お聞ききいただくことができます。 
 

聴くradikoでリアルタイムで番組を聴く  



あるいは、放送済みの番組を聞く。

タイムフリー機能で放送済みの番組を聞く
(放送後1週間以内いつでもお聞きいただけます。)



【ポッドキャスト配信メニュー】 
 以下、今回の番組各コーナーは、以下のよう内容のラインナップでオンデマンドでお聞きいただけます。


聴く 番組のポッドキャストでの配信は1週間後の配信となります。

 こちらは、放送ではお聞きいただけなかった部分もお聞きいただくことができます。

 ポッドキャストのiTunes からの配信はこちらをクリックください。

 

 【進行役:米澤敦子氏 プロフィール】

NPO法人「東京肝臓友の会」事務局長。明治大学文学部独文学科卒。元C型肝炎患者。厚労省研究班「肝炎患者に対する偏見や差別の実態を把握し、その被害防止のためのガイドラインを作成するための研究」(龍岡資晃 研究代表者)、「集団生活における肝炎ウイルス感染予防ガイドラインの作成のための研究」(四柳宏 研究代表者)に分担研究員として参加。「東京都ウイルス肝炎対策協議会」委員、厚労省「肝炎対策推進協議会」委員。

【ご意見、ご感想】等の募集

番組では、皆さまからのご意見、ご感想、各疾病に関する疑問、質問、そして、音楽のリクエスト(大人の音楽のコーナー)等を募集しております。右欄にあります、ご意見・お問い合わせからご投稿ください。