4月30日大人のラヂオ特別番組『平成ふり返り』(田中章義、有馬ゆみこ)
2019/04/27(土) 23:24

4月30日【大人のラヂオ特別番組のご案内】(otonanoradio)
平成最後の4月30日12時~13時、平成時代を振り返り、歌人の田中章義さんと有馬ゆみこ(関ゆみこ)さんのトークと音楽をお聞きいただきます。
 
番組内の各コーナーを聴く

聴く 番組前半①(平成ふり返り前半) 
                      番組後半②(平成ふり返り後半)



 番組出演者は、平成初期に、ラジオたんぱ時代に大学受験生向けに放送していた番組「合格いっぽん道」及び「合格ラジオ」で、当時大学生で、番組のアシスタントをしていた田中章義さん(当時、慶應義塾大学在学中)と有馬ゆみこさん(当時、学習院大学在学中で関ゆみ子名)。

 現在、歌人で大学講師の田中章義さんと、シンガーソングライター、舞台女優、帽子作家の有馬ゆみこさんのそれぞれの視点で、平成最後の日に、平成時代を振り返る。

平成時代の主な出来事

平成元年~9年(1997年)

平成元年(1989年)1月8日新元号「平成」発表(小渕官房長官が紹介)4月消費税が導入(3%)、11月ベルリンの壁崩壊、12月マルタ会談(東西冷戦終結)年末、日経平均株価最高値3万8千915円。
平成2年(90年) 東西ドイツ統一、田中章義さんが第36回角川短歌賞を当時最年少で受賞する。ちびまる子ちゃんのテレビ放映開始し関ゆみ子さんの「夢いっぱい」ば番組テーマ曲に採用される。
平成3年(91年) 湾岸戦争勃発 田中章義さん、関ゆみ子さんが受験生向け番組の大学生アシスタントに採用される。
平成4年(93年) Jリーグ開幕
平成6年(95年) 1月阪神淡路大震災、3月地下鉄サリン事件
平成8年(97年) 山一証券など大手金融機関や銀行の経営破綻

平成10年代(1998年)~20年(08年)

平成10年(98年)長野オリンピック開催、
平成13年(01年) USJ開業。同年9月11日アメリカ同時多発テロ。
平成17年(05年)愛知万博が開催されました。
平成20年(08年)リーマンショックが世界中を襲いましたね。

平成21年(09年)~平成31年(19年)

平成23年(11年) アラブの春 同年3月11日東日本大震災
平成24年(12年) 東京スカイツリー開業
平成26年(14年) 消費税8%増税
平成28年(16年) 熊本で震災
平成30年(18年) 大阪と北海道で震災


「合格いっぽん道」とは・・・・
 旺文社ラジオ講座』、及び、蛍雪時代と連動し、1979年開始しのラジオたんぱの受験生向けバラエティ番組。

 メインパーソナリティには、学習漫画家の飯塚よし照さん(ヒゲ照さん)をはじめ、大橋照子さん、ラ・サール石井さん城戸真亜子さん、勝谷正彦さん等がメインパーソナリティを務めた。

 1993年以降は、各予備校の名物講師をパーソナリティに据えて、番組名を「合格プロジェクト」「合格ラジオ」と改名して放送した。

 いずれも、メインパーソナリティとともに、現役の大学生が番組アシスタントとして出演した。
 今回出演の田中章義さんや有馬ゆみこさん(当時・関ゆみ子名)のほか、大学卒業後、日本各地の放送局アナウンサーとなった、鈴木君江さん、角田久美子さん、河野多紀さん、大塚伊保さん等、アナウンサーの登竜門的番組ともなった。


【有馬ゆみこ さんプロフィール】

1991年の学生時代、「関ゆみ子」として、アニメ「ちびまる子ちゃん」初代主題歌『ゆめいっぱい』で歌手デビュー。同年、ラジオたんぱ『合格いっぽん道』で、水曜日のアシスタントを担当。当時のメインパーソナリティは、ジャーナリスト・勝谷誠彦氏()である。以後、作詞作曲、舞台やラジオDJを経て「有馬ゆみこ」と改名。現在、TVやラジオのナレーター、そして「アンクア工房」の帽子デザイナーとして活動中。

尚、帽子作家としての活動は、un-qua kobo(http://un-qua.com/)をクリックください。



【田中章義さんプロフィール】
 作家、歌人、大学講師

1970年 静岡県出身、都立日比谷高校在学中に、短歌結社「心の花」入会し、佐佐木幸綱に師事。
慶應義塾大学総合政策学部入学時に、「キャラメル」で第36回角川短歌賞を受賞。
その後、第一歌集「ペンキ塗りたて」を出版。
以後、「地球版・奥の細道」づくりをめざし、世界を旅しながら、ルポルタージュ、紀行文、絵本etc・・を執筆。

世界で詠んだ短歌が英訳され、2001年国連WAFUNIF親善大使に就任。

JICA「21世紀のボランティア事業を考える会」検討委員、国連環境計画・地球環境平和財団「地球の森プロジェクト」推進委員長、ワールドユースピースサミット平和大使などを、これまで務めてきた。
短歌集の他、絵本や人物ルポルタージュなどの著述もあり、松井秀喜選手や北島康介選手の社会貢献活動を紹介した単行本も執筆。   

BEGINなど、ミュージシャンの歌詞も手掛けている。 角川文庫・講談社・
マガジンハウス・岩波書店・東京新聞出版局・サンマーク出版・学研・
文春ネスコなどから、これまで20数冊の単行本を出版している。
近著に、「日本史を動かした歌」(毎日新聞出版)「母のうた」(徳間書店)等がある.

番組後半の大人の教養のコーナーでは、大人の音楽と文芸(短歌)のコーナーをお送りします。

【放送をリアルタイムで聞く】


 番組は、radikoからお聞ききいただくことができます。 聴取はこちら!をクリックください。

radikoで番組を聴く



また、番組終了後は、1週間以内ならいつでもお聞きいただける、radikoのタイムフリー機能をご利用いただき、お聞きいただくことが可能です。

さらに、この番組は番組終了後、1週間をメドに、オンデマンド、ポッドキャストにて音声配信しお聞きいただくことができます。
こちらは、著作権の関係で、オンエアーでお聞きいただいた音楽をお聴きいただけない可能性があります。
また、放送尺の関係で、オンエアーではお聞きいただけなかった部分もお聞きいただけるよう配信いたします。


 【ご意見、ご感想】等の募集

 番組では、皆様からのご意見、ご感想、音楽のリクエスト(大人の音楽のコーナー)、メッセージ等を募集しております。




4月26日放送(野澤和之、樋野興夫、阿部憲仁、小山朝子ほか)
2019/04/25(木) 22:30

4月26日放送【大人のラヂオのご案内】(otonanoradio)
今回は、以下のラインナップでお送りしてまいります。 
GW直前ということで、今回は、映画に焦点をあててお送りします。

〇オープニングでは、ニューヨーク公共図書館(5月18日公開、岩波ホールにて)を題材に、米国の図書館文化について話題が展開します。

〇社会病理のコーナーでは、アメリアンカンサイコ、レッドドラゴンについて解説します。

〇樋野興夫のがん哲学学校のコーナーでは、ドキュメンタリー映画「がんと生きる 言葉の処方箋」を取り上げます。野澤和之・同映画監督をゲストに迎えてお送りします。

〇エンディングでは、平成を振り返っての話題が展開します。

尚、全体の進行は、介護ジャーナリストの小山朝子さんと、社会病理学者の阿部憲仁さん。
後半は、樋野興夫のがん哲学外来のコーナーでは、樋野興夫さん、大橋とき子さんをお送りします。



聴く 
4月26日放送①(open、社会病理、介護、end)

 オープニングでは、ドキュメンタリー映画「ニューヨーク公共図書館・エクス・リブリス」を小山さんが紹介する。

 また、紹介病理のコーナーでは、犯罪者が興味を持つ映画について、社会病理の観点からお伝えをする。

 エンディングの話題は、平成の時代を振り返る。


大人の教養のコーナー

聴く 
4月26日放送②「樋野興夫のがん哲学学校」のコーナー

 今回は、順天堂大学医学部教授の樋野興夫氏や、各地のがん哲学外来の関係者が出演する
文部科学省選定のドキュメンタリー映画「がんと生きる 言葉の処方箋」に焦点をあててお送りします。

 ゲストは、ドキュメンタリー映画監督の野澤和之さん。
 野澤監督を囲んで、映画制作のエピソード等を披露いただく。
 また、映画にご出演をされた方々の、映画撮影時のエピソード等をお話しいただく。
 進行は、順天堂大学名誉教授の樋野興夫さんと大橋とき子さん。

尚、5月3日の新宿武蔵野館の公開初日では、伴わせて、樋野氏、野澤氏等によるトークショーも開催されます。



【野澤和之監督のプロフィール】

1954年新潟県六日町生まれ 立教大学大学院(文化人類学修士)修了後、
フリーランスの立場で、映画、テレビ番組の制作に携わる。
「ハルコ」「61ha 絆」等のドキュメンタリー映画を作成する。

【スタジオ観覧ご希望者の募集】  
 
番組をお聞きの皆さまへのご案内です。 番組では、がん患者の方、及び、家族、支援者、医療従事者などの方々など、"がん"に関心のある方のスタジオ観覧者を募集しております。

 スタジオ観覧ご希望の方は、右の番組宛メール送信フォーマット(お問い合わせ欄)から、

スタジオ観覧希望
とお書き添えの上、
①住所、②氏名、③メールアドレス④参加動(例えば、「現在乳がん歴5年目、樋野先生のフアンです。がんに罹患し考えたことをラジオで話したいです」等、なんでも結構です)を記し、ご応募ください。
 
 尚、次回の観覧日時は 改めてこちらのホームページでご案内をさせていただきます。
 

【放送をリアルタイムで聞く】

radikoで番組を聴く

番組は、radikoからお聞ききいただくことができます。聴取はこちら http://radiko.jp/ をクリックください。


聴く 【オンデマンド、Podcast配信】
 
今回放送の各番組コーナーは、放送終了後、オンデマンド及びPodcastにて音声配信しています。
(尚、ポッドキャストのiTunes からの配信はこちらをクリックください。尚、オンデマンドの音声配信はすべて、放送終了後の配信となります。)

【ご意見、ご感想、健康相談】等の募集

 番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ、健康相談、そして、音楽に関する素朴な質問等を募集しております。メールの方は右の「ご意見・お問い合わせ」欄からご投稿ください。

 

4月19日放送『大人のラヂオ』(ふとがね金太ほか)
2019/04/18(木) 23:39

4月19日【大人のラヂオのご案内】(otonanoradio)

 毎月第3週目の放送は、全体の進行役は、医学博士(医師)で落語家の立川らく朝さんと、篠崎菜穂子さんが担当します。

 今回は、映画のコーナーと音楽のコーナーをお送りします。
番組オープニングでは、立川らく朝師匠の英国での高座での話題。

映画のコーナーでは、4月19日夜公開のミュージカル映画「シー・ラヴズ・ミー」のご紹介。

音楽のコーナーでは、ふとがね金太氏をゲストに招きお送りします。


番組内の各コーナーを聴く

聴く①映画のコーナー
 今回、取り上げる映画は、4月19日19時より東劇で公開される「シー・ラヴズ・ミー」。
 解説は、松竹ブロードウエーシネマ・プロデューサーの張本有希さん。
 進行は、立川らく朝さん、篠崎菜穂子さんです。
 
 詳細は、公式ホームページ https://www.instagram.com/shochikucinema/ へ


大人の教養のコーナー

聴く 「大人の音楽」のコーナー。
今回は、元ツイストのふとがね金太氏、ミュージシャンの白土瑞穂氏をゲストにお送りします。
ふとがね金太氏、白土瑞穂氏とのトークと、CD「1983」の中から音楽をお聞きいただきます。
進行は、岡田信一さんです。
左から 藤原豊氏(NPO「おとなのバンド倶楽部」副理事長)、岡田信一氏(進行役) 白土瑞穂氏(ミュージシャン)、ふとがね金太氏(元ツイスト)


「立川らく朝のよるらくごin内幸町
のご案内

開催日時:6月21日(金)18時30開場 19時00分開演

ところ :内幸町ホール(三田線内幸町駅、浅草線JR線新橋駅)

チケットご希望の方は、

郵便番号 住所 氏名、コメント等をお書き添えの上ご応募ください。

105-8565 ラジオNIKKEI よるらくごチケットプレゼント係 あるいは、

右欄の番組宛メール送信欄よりご応募ください。





【放送をリアルタイムで聞く】


 番組は、radikoからお聞ききいただくことができます。 聴取はこちら!をクリックください。

radikoで番組を聴く



また、番組終了後は、1週間以内ならいつでもお聞きいただける、radikoのタイムフリー機能をご利用いただき、お聞きいただくことが可能です。

さらに、この番組は番組終了後、1週間をメドに、ポッドキャストにて音声配信しお聞きいただくことができます。
こちらは、著作権の関係で、オンエアーでお聞きいただいた音楽をお聴きいただけない可能性があります。
また、放送尺の関係で、オンエアーではお聞きいただけなかった部分もお聞きいただけるよう配信いたします。


 【ご意見、ご感想】等の募集

 番組では、皆様からのご意見、ご感想、音楽のリクエスト(大人の音楽のコーナー)、メッセージ等を募集しております。




4月12日『大人のラヂオ』(愛媛大学医学部教授・日浅陽一先生)
2019/04/12(金) 10:30

4月12日【大人のラヂオのご案内】
第2週目のこの時間は、"肝臓"に焦点をあてお送りします。

 今回は、愛媛大学医学部教授の日浅陽一先生をお招きしお送りします。 
 進行は、東京肝臓友の会事務局長の米澤敦子さん。

 今回は、肝臓がんの発症と治療についてお話しいただきます。

【ポッドキャスト配信メニュー】

 以下、今回の番組各コーナーは、以下のよう内容のラインナップでオンデマンドでお聞きいただけます。


聴く 4月12日放送①前半(open、肝がん等の治療前半) ②後半(肝がん等の治療後半、エンド)

 ポッドキャストによる音声配信は、
放送日の翌週に配信します。
 こちらは、放送ではお聞きいただけなかった部分もお聞きいただくことができます。

 尚、ポッドキャストでの音声配信はすべて放送日の翌週内での配信となります。
 また、ポッドキャストのiTunes からの配信はこちらをクリックください。

【日浅陽一氏プロフィール】
愛媛県今治市出身、愛媛大学医学部卒業後、米国ハーバード大学留学、愛媛大学病院等を経て、
現在、愛媛大学大学院医学系研究科及び医学部教授 


番組内の各コーナーを、オンデマンド、及び、ポッドキャストから聴く


 
番組は、radiko等から お聞ききいただくことができます。 
 

聴くradikoでリアルタイムで番組を聴く  



あるいは、放送済みの番組を聞く。

タイムフリー機能で放送済みの番組を聞く
(放送後1週間以内いつでもお聞きいただけます。)

 【進行役:米澤敦子氏 プロフィール】

NPO法人「東京肝臓友の会」事務局長。明治大学文学部独文学科卒。元C型肝炎患者。厚労省研究班「肝炎患者に対する偏見や差別の実態を把握し、その被害防止のためのガイドラインを作成するための研究」(龍岡資晃 研究代表者)、「集団生活における肝炎ウイルス感染予防ガイドラインの作成のための研究」(四柳宏 研究代表者)に分担研究員として参加。「東京都ウイルス肝炎対策協議会」委員、厚労省「肝炎対策推進協議会」委員。

聴く大人の音楽のコーナー

今回は、ゲストの先生や出演者からのリクエスト曲をお聞きいただきます。(尚、ポッドキャスト配信でお聞きの方は、著作権の関係で配信できませんので予めご了承ください。)


【ご意見、ご感想】等の募集
番組では、皆さまからのご意見、ご感想、各疾病に関する疑問、質問、そして、音楽のリクエスト(大人の音楽のコーナー)等を募集しております。右欄にあります、ご意見・お問い合わせからご投稿ください。

4月5日『大人のラヂオ』(坪田一男・慶大医学部教授ほか)
2019/04/04(木) 21:52
【大人のラヂオのご案内】(otonanoradio)





 第一金曜日11時35分からのこの時間は、「ご機嫌をテーマにお送りします。


今回は以下のラインナップでお送りします。

メインコーナー
聴く 4月5日放送①(オープニング、メインコーナー、エンディング)
 
①オープンぐでは、元号「令和」の話題、慶應ヘルスサイエンスの話題等が展開します。
 また、健康医学のコーナーでは、ユニークな医学論文等を紹介しています。
 今回は、γ波と脳、認知症、抗加齢の関係性についての論文、眼によりチヂミジミホウレンソウについて、卵摂取と心臓病リスクについいての話題が展開します。

 進行は、慶應義塾大学医学教授の坪田一男先生、西澤邦浩さん(出版プロデューサー)、久保田恵里さん(メディカルプロデューサー)。

 番組後半、大人の教養のコーナーは、「大人の科学」のコーナーをお聞きいただきます。

 大人の教養のコーナー
聴く ⇒ 4月5日②(大人の科学) 
②「大人の科学」のコーナーは、日経サイエンス誌と連動しお送ししています。

 今回は、特集「宇宙 究極の謎」を中心にご紹介してまいります。

 解説は、鹿児島昌樹さん(日経サイエンス編集長)。
 進行は  AI(人工知能)アナウンサーの荒木ゆい

 なお、日経サイエンスにつきましては、次のアドレスをクリックください。
 http://www.nikkei-science.com/ 


聴く音楽のコーナー

今回は、2018年度おとなのバンド大賞優秀賞受賞曲 bloodless the war の「1964」をお聞きいただきます。

【お知らせ】
2018年10月より、お聞き逃しになられた方への音声配信サービスとして、ラジコのタイムフリーサービスをご利用いただけますようお願いをしております。
オンデマンド配信、ポッドキャストでの配信は、翌週に、配信することになりましたこと、何卒、ご了承いただければとおもいます。
尚、オンデマンド、ポッドキャスト配信では、放送ではお聞きいただけなかった部分もお聞きいただくことができます。

【放送をリアルタイムで聞く】
番組は、radikoからお聞ききいただくことができます。聴取はこちら!をクリックください。

聴くradikoで番組を聴く
(尚、ポッドキャストへのiTunes 配信は放送終了後こちらをクリックください。)


【ご意見、ご感想】等の募集

 番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ等を募集しております。第1週目の坪田教授へは、眼科、アンチエージング等は、もちろん、そのほか健康・医学、人生観等についての質問をお受けいたします。メールの方は右の「ご意見・お問い合わせ」欄からご投稿ください。