5月11日『大人のラヂオ』(脇田隆字・国立感染症研究所長) [大人のラヂオ]
2018/05/11(金) 06:00

5月11日【大人のラヂオのご案内】
 第2週目のこの時間は、"肝臓疾患"に焦点をあてお送りします。
 今回は、国立感染症研究所長の脇田隆字先生をゲストにむかえてお送りします。 
 進行は、東京肝臓友の会事務局長の米澤敦子さん。


【脇田隆宇氏プロフィール】  
1958年 名古屋市出身。 
1983年 名古屋大学医学部卒業
1992年 米国ハーバード大学医学部研究員
1995年 東京都臨床医学総合研究所主任研究員
1998年 東京都神経科学総合研究所主任研究員
2006年 国立感染症研究所ウイルス第二部長
2008年 野口英世記念医学賞受賞
2018年 国立感染症研究所長就任し、現在に至る。
 尚、脇田氏先生の研究により、それまで生体外での増殖が難しいとされるC型肝炎ウイルス(HCV)の感染性ウイルス粒子を、世界ではじめて培養細胞で作成することに成功した。
 この研究成果により、C型肝炎ウイルスに関する昨今の薬剤の飛躍的発展をもたらすことにつながった。

尚、番組内で紹介をしている感染症研究所内での公開セミナー(5月26日10時~国立感染症研究所村山庁舎にて開催)はこちら seminar180526.pdf をクリックください。



番組内の各コーナーを聴く


聴く 5月11日放送①前半、5月11日放送②後半 

【放送をリアルタイムで聞く】
 番組は、radikoからお聞ききいただくことができます。
 聴取はこちら!をクリックください。

聴くradikoで番組を聴く  


【オンデマンド配信メニュー】

  以下、今回の番組各コーナーは、以下のよう内容のラインナップでオンデマンドでお聞きいただけます。
(尚、オンデマンドの音声配信はすべて放送終了後の配信となります。 また、ポッドキャストのiTunes からの配信はこちらをクリックください。)

番組前半①は、脇田先生のプロフィールを中心に、ご趣味のマラソンから、運動と健康についてお話しいただきます。
また、所長をつとめられておられる国立感染症研究所についてもご紹介いただきます。

番組後半②では、脇田先生の肝炎ウイルスに関する研究内容、ことに世界的発見につながった研究の話題に触れます。
 

 【進行役:米澤敦子氏 プロフィール】

NPO法人「東京肝臓友の会」事務局長。明治大学文学部独文学科卒。元C型肝炎患者。厚労省研究班「肝炎患者に対する偏見や差別の実態を把握し、その被害防止のためのガイドラインを作成するための研究」(龍岡資晃 研究代表者)、「集団生活における肝炎ウイルス感染予防ガイドラインの作成のための研究」(四柳宏 研究代表者)に分担研究員として参加。「東京都ウイルス肝炎対策協議会」委員、厚労省「肝炎対策推進協議会」委員。



【講演会・公開シンポのお知らせ】
tokankai.com/archives/2631 
「肝炎患者のおかれた状況について考える公開シンポジウム」

日  時:
2018年5月3日(日)13時ー15時(開場12時半)
講  師:
八橋弘
先生(国立長崎医療センター・臨床研究センター長)
四栁宏先生(東京大学医科学研究所教授)
中島康之弁護士
米澤敦子・NPO代表 ほか
場  所:TKPガーデンシティPREMIUM博多駅前ホールA
( 福岡県福岡市博多区博多駅前4-2-1ザイマックス博多駅前ビル)
参加費:無料、申し込み不要、先着200名。
お問い合わせ:
詳細は、東京肝臓友の会 http://tokankai.com/ へ。 
 尚、福岡開催後は、札幌8月、大阪10月、東京12月に開催予定です。詳細は追ってご案内する予定です。

聴く大人の音楽のコーナー
今回は、ゲストの先生からのリクエスト曲をお聞きいただきます。(尚、オンデマンド配信、ポッドキャスト配信でお聞きの方は、著作権の関係で配信できませんので予めご了承ください。)

【ご意見、ご感想】等の募集
番組では、皆さまからのご意見、ご感想、各疾病に関する疑問、質問、そして、音楽のリクエスト(大人の音楽のコーナー)等を募集しております。右欄にあります、ご意見・お問い合わせからご投稿ください。