坪田一男の『大人のラヂオ』 8月4日放送のご案内 [大人のラヂオ]
2017/08/04(金) 11:35
【大人のラヂオのご案内】
 第一金曜日11時35分からのこの時間は、「ご機嫌が人類を救う」と題し、アンチエージングの第一人者で慶應義塾大学医学部教授の坪田一男さんが、出版プロデューサーの西沢邦浩さん、メディカルプロデューサーの久保田恵里さんと ともにお送りしてまいります。

 今回は、作家、マラソンランナーの江上剛さんをゲストにむかえお送りします。


 番組後半、大人の教養のコーナーは、「大人の科学」のコーナーと「短歌」のコーナーをお聞きいただきます。

 「大人の科学」のコーナーでは、日経サイエンス編集長の古田彩さんにご解説いただきます。
 今回は、特集記事「マルチバースと多世界」等について話題が展開します。
 日経サイエンス誌につきましては、次のアドレスクリックください。http://www.nikkei-science.com/ 


 また、大人の教養・短歌のコーナーでは、公募でよせられた短歌等をご紹介してまいります。
 ご出演は。歌人で国学院大学講師の田中章義さん、角川短歌編集長の石川一郎さんです。



【放送をリアルタイムで聞く】
番組は、radikoからお聞ききいただくことができます。聴取はこちら!をクリックください。
聴くradikoで番組を聴く
(尚、ポッドキャストへのiTunes 配信は放送終了後こちらをクリックください。)

【オンデマンド配信メニュー】
 以下、今回の各番組コーナーのオンデマンド配信のご案内です。
 尚、番組・音声の配信は、すべて番組終了後の12時30分以降となります。
(尚、ポッドキャストのiTunes からの配信はこちらをクリックください。)

 今回の放送は、以下のような内容のラインナップでお送りします。


番組内の各コーナーを聴く

聴く8月4日放送①(オープニング、健康医学、エンディング)
  

(右オンデマンド一覧から選択クリックください。尚、音声配信は放送終了以降となります。)

 今回は、ゲストに作家でランナーの江上剛さんをお迎えしお送りします。


【江上剛氏プロフィール】
1954年兵庫県出身。作家、実業家、コメンテーター。兵庫県立柏陽高校卒、早稲田大学政治経済学部政治学科卒。第一勧業銀行入行(現みずほ銀行)。
1997年第一勧業銀行総会屋利益供与事件では、広報次長として混乱収拾の任務にあたる。(なお、高杉良氏の小説および原作とした映画「金融腐敗列島」ののモデルともなる。)
2002年行員の傍ら、経済小説『非常銀行』で作家デビューする。
2003年築地支店長を最後にみずほ銀行を退行する。
小説の執筆のほか、新聞雑誌の連載記事執筆、テレビのコメンテーター、各地での講演会等の活動をする。2004年日本振興銀行の社外取締役に就任する。2004年7月同行代表取締役に就任し、同9月10日同行の経営破綻の処理にあたる。
近著に、「病巣巨大電気産業が消滅する日」(朝日新聞出版)「庶務行員多加賀主水が悪を断つ」(祥伝社)等があるほか、マランソン関連では、「55歳でフルマラソン」「56歳でフルマラソン 62歳で100Kマラソンがある」


大人の教養のコーナー

聴く⇒ 8月4日②(大人の科学)
(右オンデマンド一覧から選択クリックください。尚、オンデマンドの音声配信は放送終了後の配信となります。) 

 今回は、日経サイエンス発行人の古田彩さんに、9月号特集記事「マルチバースと多世界」についてご解説いただきます。  
 なお、日経サイエンスにつきましては、次のアドレスをクリックください。
 http://www.nikkei-science.com/ 



 聴く⇒ 8月4日③(短歌のコーナー)
 今回は、角川歌壇に寄せられた短歌の優秀作品をご紹介してまいります。
 ご出演は、歌人で国学院大学講師の田中章義さん、角川短歌編集長の石河一郎さんです。



【ご意見、ご感想】等の募集

 番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ等を募集しております。第1週目の坪田教授へは、眼科、アンチエージング等は、もちろん、そのほか健康・医学、人生観等についての質問をお受けいたします。メールの方は右の「ご意見・お問い合わせ」欄からご投稿ください。