1月25日放送(ゲスト:東京女子大名誉教授・芝健介氏、新宿区長・吉住健一氏)
2019/01/24(木) 19:36 ディレクター

1月25日放送【大人のラヂオのご案内】

今回は、以下のラインナップでお送りしてまいります。 


①社会病理のコーナーでは、映画「ナチス第三の男」を題材に、ゲスト、芝健介先生(ドイツ現代史研究者で、東京女子大学名誉教授)、映画宣伝担当の堀木英恵さんをお招きしお送りします。

また、②私の履歴書のコーナーでは、新宿区長の吉住健一さんのインタビューの模様を新宿区庁舎を訪ねお送りします。


進行は、介護ジャーナリストの小山朝子さんと、社会病理学者の阿部憲仁さん。



聴く1月25日放送①(open「社会病理」end)


 社会病理のコーナーでは、映画「ナチス第三の男」をまず紹介します。

 映画のご紹介は、メゾンの堀木英恵さん。
 また、この映画を踏まえて、「ホロコースト」(中公新書)等で知られるドイツ現代史、ナチス政権の研究者、東京女子大学名誉教授の芝健介先生に、ご解説いただきます。

 映画の詳細は、こちらhttp://hhhh-movie.asmik-ace.co.jp/ をクリックください。


【映画パンフレットの案内より】 
 ナチスでも最も危険な男、ハイドリッヒ。
 冷酷極まりない手腕から、ナチス党内で"金髪の野獣"と渾名され、ヒットラーさえも恐れた男。
 彼はなぜ恐ろしい人物へと変貌し、38歳の若さで暗殺 されてしまたのか?
 史上唯一成功した、ナチス高官の暗殺計画の舞台を描いた作品
 原作「HHhHプラハ1942年」は、本屋大賞翻訳小説部門1位にも輝い小説で、この「ナチス第三の男」は、その映画化作品。

映画公開は、1月25日(金)から、TOHOシネマズシャンテで上映されるほか、全国で順次公開予定。 

【芝健介氏プロフィール】
1947年愛媛県出身、東京大学法学部政治学科卒、東京大学大学院社会学研究科博士課程修了、
國學院大學文学助教授、東京女子大学現代教養学部教授等を経て、現在、東京女子大学名誉教授。
主な著書に「武装SS-ナチスもう一つの暴力装置」(講談社)、「ホロコースト」(中公新書)、「ニュルンベルク裁判」(岩波書店)等がある。



大人の教養のコーナー

聴く 1月25日放送②(私の履歴書のコーナー)

 今回の「私の履歴書のコーナー」のゲストは新宿区長の吉住健一さん。

 社会病理学者の阿部憲仁さんが、新宿区庁舎に訪ね、インタビューしたときの模様をお聞きいただきます。


 進行は、社会病理学者の阿部憲仁氏、介護ジャーナリストの小山朝子氏。

【吉住健一氏プロフィール】新宿区長

昭和47年 新宿区生まれ。
昭和54年 新宿区立大久保小学校入学
昭和60年 新宿区立戸山中学校入学
昭和63年 東京都立広尾高校入学
平成 4年 日本大学法学部入学
平成 8年 衆議院議員与謝野馨事務所(新宿区担当秘書)
平成19年 新宿区議会議員
平成22年 東京都議会議員
平成26年 新宿区長に就任し、現在に至る。


【放送をリアルタイムで聞く】

radikoで番組を聴く

番組は、radikoからお聞ききいただくことができます。聴取はこちら http://radiko.jp/ をクリックください。

聴く 【オンデマンド、Podcast配信】
 
今回放送の各番組コーナーは、放送終了後、オンデマンド及びPodcastにて音声配信しています。
(尚、ポッドキャストのiTunes からの配信はこちらをクリックください。尚、オンデマンドの音声配信はすべて、放送終了後の配信となります。)

【ご意見、ご感想、健康相談】等の募集

 番組では、皆様からのご意見、ご感想、メッセージ、健康相談、そして、音楽に関する素朴な質問等を募集しております。メールの方は右の「ご意見・お問い合わせ」欄からご投稿ください。

 

コメント