2018年度「おとなのバンド大賞」入賞楽曲のご紹介
2018/12/28(金) 12:30 ディレクター

2018年「おとなのバンド大賞」グランプリは、
SHASHA BAND(北海道室蘭市)ぽっちゃりなビーナス』に決定!!

グランプリ SHASHA BAND

地方公務員、製鉄関連会社等によるメンバーで、北海道室蘭市を拠点に活動するアマチュアバンド。
サラリーマンの哀愁をファンキーな楽曲に乗せて、"歌って踊って笑えるソウルバンド"と自称する。

受賞曲『ぽっちゃりなビーナス』は、日本女性の"痩せ信仰"ともいえる美意識への変化を願い、「女性の皆さん! 無理して痩せなくてもいいんですよ、そのままの君でいてほしい」とのメッセージを込めたもの。

「月2本前後の地元ライブを開始しており、皆、妻(ビーナス)に愛層を尽かされないかドキドキが止まらない日々を送っています」とのこと。今回の受賞で、「妻(ビーナス)達もこのバンド活動を認めてくれることを期待します」とコメント。



準グラングランプリ  KARURA TRIO『忍者大作戦』 



日本の伝統的な和楽器である篠笛と和太鼓、そして西洋音楽のピアノによる新しい音楽スタイルを奏でる"和風オリジナル・ジャズバンド"。神奈川県内で有機野菜を主体とした農業を営む者、横浜で音楽スクールを経営する者によるメンバー。見事に「粋で、儚く、厳か」を音で紡いでいると審査員の評価は高い

優秀賞

東京都 bloodless the war 『1964』
神戸市 神戸ガンボス『新開地ラプソディ』
東京都 松岡宮『白髪バージン』
札幌市 David Sweet Low『Still The One』

尚、オンデマンド配信では、オンエアーより長く楽曲をお聞きいただけます。


【応募資格】 
 40歳以上の方を1名以上含む大人(20才以上)のメンバーで構成されたバンドによる楽曲。(また、今回は40歳以上であれば1、2名(ソロ、デュオ)での応募も可能です。)

【応募方法】
  以下の2点を同封の上、郵送ください。

1)ライブ演奏可能な楽曲1曲(5分前後)を収録したCD (今回はCDのみの受付となります。郵送いただきましたCDは放送終了後、償却いたしますので、返却ができませんことを予めご了承ください。)

2)紹介文(A4用紙1枚に下記内容を記したもの、書式自由)  
①バンド名(バンド命名の由来等)  
②メンバー構成(名前、年齢、担当、職業)  
③代表者の連絡先(住所、本名、電話番号、又はe-mailアドレス)  
④応募楽曲について(自由記述)  
⑤自己PR(自由記述。おとなのバンド大賞への期待、バンド結成の由来、メンバー維持や練習の工夫、家族・知人の理解度、ラジオ番組内でご紹介したいもの、特に音楽活動を通して得た感動やエピソード等につきましてご記入ください。)


【応募宛先】  
〒105-8565 
    ラジオNIKKEI 「おとなのバンド大賞」係り


【締切と優秀賞、グランプリの発表について】  
 2018年度第2期締め切り11月末日(最終〆切)各期毎に、グランプリ候補となる優秀楽曲を選出しラジオ番組「大人のラヂオ」内て発表してまいります。これらの優秀楽曲の中から2018年度のグランプリ作品を選出してまいります。グランプリ作品の発表は2018年12月27日放送内で発表します。


●番組「大人のラヂオ」内 音楽のコーナーを聴く

聴く
「10月6日放送:第1回日経おとなのバンド大賞受賞者(Bibsel)の声」
 
 
10月6日の放送では、2007年日経「おとなのバンド」大賞グランプリ楽曲の紹介と受賞バンドBibselのメンバーの方にご出演いただきました。(尚、著作権の関係で楽曲のPod配信、オンデマンド配信はできません。)


聴く
「10月13日放送:第2回日経おとなのバンド大賞受賞者
(BLACKBOARD)の声」
 

 10月13日の放送では、2008年日経「おとなのバンド」大賞グランプリ楽曲の紹介と受賞バンドBLACKBOARDのメンバーの方にご出演いただきました。(尚、著作権の関係で楽曲のPod配信、オンデマンド配信はできません。)


聴く
「10月20日放送:第3回日経おとなのバンド大賞受賞者(SideSteps)の声」


 10月20日の放送では、2009年日経「おとなのバンド」大賞グランプリ楽曲の紹介と受賞バンドSide Stepsのメンバーの方にご出演いただきました。


聴く
「10月27日放送: 第4回日経おとなのバンド大賞受賞者 (The Sapporo Funk Organization)の声」
 
 
 10月27日の放送では、2010年日経「おとなのバンド」大賞グランプリ楽曲の紹介と受賞バンドThe Sapporo Funk Organizationのメンバーの方にご出演いただきました。

 

コメント