番組紹介

ラジオNIKKEI第1 2016年7月18日(月・祝) 18:00~19:00
提供:大和ハウス工業株式会社 株式会社大京 株式会社コスモスイニシア

沖縄ゆうゆう熟年ライフをテーマに、海の自然に囲まれた健康的な住まい方・エイジングを提案してまいります。

新着記事

沖縄ゆうゆう熟年ライフの世界へようこそ。

2016.07/18 番組スタッフ 記事URL

7月18日18時~放送、大人のラヂオ・海の日スペシャル「沖縄ゆうゆう熟年ライフへの招待」の番組のご案内!

6月18日(土)に東京・大手町の日経カンファレンスルームで開催された「大人のラヂオ」公開録音「沖縄ゆうゆう熟年ライフへの招待」の模様をお届け致します。


      

    

出演     慶応義塾大学医学部教授       坪田 一男氏
       メディカルプロデューサー      久保田 恵里氏
       日経BPヒット総合研究所上席研究員   西澤 邦浩氏 

ゲスト    マーケティングライター        牛窪 恵氏
       ロングステイ財団 理事長       弓野 克彦氏
       奥村税務会計事務所 代表取締役      奥村 眞吾氏
       経済評論家              杉村 富生氏


資料PDF番組ゲストの奥村眞吾税理士による"沖縄の税務"をご参考にしてください(PDF形式)



番組【大人のラヂオ 海の日スペシャル 沖縄ゆうゆう熟年ライフへの招待】について

6月18日開催の公開録音は以下のメニューで進行されました。
7月18日の放送は、こちらの模様を60分のダイジェスト番組としてお送りします。

特別番組MC:篠崎菜穂子(アナウンサー)
公開録音MC:浜田節子氏(アナウンサー)


①「大人のラヂオ」のレギュラー出演者、坪田一男氏(慶大医学部教授)、西澤邦浩氏(日経BPヒット総合研究所上席研究員)、 久保田恵里氏(メディカルプロデューサー)による、「海、沖縄、健康」をテーマにしたトークの模様をお聞きいだきます。

【プロフィール】
坪田一男氏:慶應義塾大学医学部卒、ハーバード大学留学、東京歯科大学教授等を経て、現在、慶應義塾大学医学部教授、日本抗加齢学会理事長。
西澤邦浩氏:早稲田大学政治経済学部卒業後、小学館等を経て、日経BP社入社し、健康雑誌等を手がける。現在、日経BPヒット総合研究所上席研究員及びプロデューサー。また、同志社大学、早稲田大学、高知大学等で講師
久保田恵里氏:青山学院大学文学部卒業。メディカルプロデューサー、メディプロ代表取締役社長。

②ゲストに、マーケッティングライターの牛窪恵氏をお招きし、「熟メン世代の幸福、ライフスタイル」についてお話しを伺ってまいります。

【牛窪恵氏プロフィール】 東京都出身。日本大芸術学部卒業後、大手出版社に入社。5年間の編集及びPR担当の経験を経て、フリーライターとして独立。国内外で広告、マーケティング、行動経済(心理)学を学び、20014月、マーケティングを中心に行う有限会社インフィニティを設立。現在、『日本経済新聞』『AERA』ほかに連載、定期寄稿中。 得意分野は、トレンド、マーケティング、世代論、小売流通、ホテル、旅行関連。トレンド、マーケティング関連の著書多数。「おひとりさま(マーケット)」(05年)、「草食系(男子)」(09年)は、新語・流行語大賞に最終ノミネート。テレビ、ラジオのコメンテーター出演多数。


③ゲストにロングスティ財団理事長の弓野克彦氏を招き、「沖縄ロングスティ事情」について、お話ししいただきました。

④ゲストに税理士の奥村眞吾氏を招き、「沖縄・節税暮らし」と題してお話ししいただきました。

【奥村眞吾氏プロフィール】奥村税務会計事務所所長。上場会社をはじめ、医療法人、公益法人、海外法人など多数の企業の税務や相続対策のコンサルタントとして活躍する傍ら、日本経済新聞社やNHKの文化センターなどの講師などを務める。
主な著書に、「グローバル化時代の相続税対策」(清文社)「住宅・土地税制がわかる本」(PHP)等がある。



⑤ゲストに経済評論家の杉村富生氏をお招きし、「海と投資」と題してお話ししいただきました。
【杉村富生氏プロフィール】経済評論家、大正大学客員教授。
熊本県生まれ。 ラジオNIKKEI『ザ・マネー』などにレギュラー出演中。株式講演会も好評を得ており、全国各地に"杉村ファン"がいる。主な著書に『これから10年株で「1億」つくる!』、『これから5年 株は「買い」で決まり!!』、(すばる舎)『あなたも株長者になれる39の秘訣』、『株長者が絶対にハズさない「売り」「買い」サインはこれだ!』(ビジネス社)、『[入門]"株"のしくみ』(日本実業出版社)、『株式入門講座』(実業之日本社)など多数。著書は100冊を超える。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ