おかげさまでラジオNIKKEIは今年で開局65年。「リスナー感謝祭プレゼント」たくさんのご応募ありがとうございました! [局より]
2019/01/07 記事URL

「リスナー感謝祭プレゼント」たくさんのご応募ありがとうございました。
次回のリスナー感謝祭もお楽しみに!

「ラジオNIKKEI おとなのバンド大賞」2018年度グランプリは北海道室蘭市を拠点に活動する公務員とサラリーマンのバンドSHASHABANDに決定! [局より]
2018/12/28 記事URL
2018年12月6日配信

PDF 「ラジオNIKKEI おとなのバンド大賞」
2018年度グランプリは
SHASHABAND(北海道) に決定!


ラジオNIKKEIは、「大人のラヂオ」(毎週金曜日11:35~12:30)で募集していた2018年度「ラジオNIKKEI おとなのバンド大賞」のグランプリバンドを、北海道室蘭市を拠点に活動する公務員とサラリーマンのバンド「SHASHABAND」に決定しました。
10月から 6MHz中心の放送に
~放送送信体制が変わりました~
[局より]
2018/10/01 記事URL
10月から 6MHz中心の放送に


ラジオNIKKEIは第1、第2それぞれ3MHz、6MHz、9MHzの3つの周波数帯で同時放送してきましたが、10月1日からは最も聴かれている6MHzを中心に送信し、一部時間帯は3MHzで補う体制に移行しました。9MHzは通常は休止しますが、大規模災害の発生時などには緊急放送にあたります。

ラジオを取り巻く環境が大きく変化する中で、放送と通信(ネット)の融合に対応し、経営の安定、効率化を図るためです。
多くのリスナーがスマホやAIスピーカーからラジコでお聴きいただけるようになったことも背景にあります。

運用変更後の詳しい送信体制は以下の通りです。なお放送時刻に変更はありません。

ラジオNIKKEI第1は6MHzはすべての番組を発信し続けます。
3MHz放送は、日中は聴こえなくなります。朝の8時までと夕方5時から深夜までのみ放送します。
9MHz放送は10月1日朝から聴こえなくなります。ただし大規模災害の発生時などには緊急放送にあたります。

ラジオNIKKEI第2は朝から6MHzで放送し、(もともと6MHzの免許のない)午後7時以降は3MHzで代替します。
9MHz放送は休止し、聴こえなくなります。
3MHz放送も朝から夕方までは聴こえなくなります。

- 図をクリックすると拡大します -

(注)これ以外の周波数や時間も、大地震など大規模災害発生時などは緊急放送を発信します

聴こえにくい場合は、ラジオ受信機ではなく、パソコンやスマホから、「ラジコ」というサービスで聴くことをご検討ください。ラジコなら、音声がはるかに明瞭なうえ、過去1週間の番組をさかのぼって聴くことができます。
パソコンやスマホをお持ちで、インターネットにつながっている場合は、ラジコのサイトから聴くことができます。

ラジコでラジオNIKKEI第1を聴く

ラジコでラジオNIKKEI第2を聴く

スマホをお持ちでない方のために、ラジオNIKKEIはビッグローブという通信会社と提携し、通信料なども安い格安スマホをご紹介しています。このサービスは自宅まで設定に来てくれます。
格安スマホに関するお問い合わせ
ビッグローブモバイル TEL.0120-963-054
(受付時間 午前10時~午後7時 年中無休)

ラジオNIKKEIへのお問い合わせは下記「お問い合わせ」ボタンをクリックしてフォームに記入いただくか、「広報お客様センター 」までお電話ください。

お問い合わせ

広報お客様センター TEL.03-6205-7810
(受付時間 午前10時~午後5時30分)
11月6日(火)に新番組『ドクターMの投資サロン』(ラジオNIKKEI第1・毎週火曜日 16:00~16:15)が放送スタート! [局より]
2018/11/02 記事URL
2018年11月2日配信

PDF 投資への考え方、向き合い方を変える
『ドクターMの投資サロン』
11月6日(火)スタート!


ラジオNIKKEIは、11月6日(火)に新番組『ドクターMの投資サロン』(ラジオNIKKEI第1 毎週火曜日 16:00~16:15)の放送を開始します。
10月7日(日)より動画配信サービス「Paravi (パラビ)」のラジオコンテンツ第4弾として、スマホ情報番組「石川温のスマホNo.1メディア」をParaviオリジナルにバージョンアップし、配信します [局より]
2018/10/05 記事URL
2018年10月5日配信

PDF 「Paravi (パラビ)」 ラジオコンテンツ
「石川温のスマホNo.1メディア」
10月7日(日)配信開始!
合計4番組配信へ! ますます充実!


ラジオNIKKEIは、10月7日(日)より動画配信サービス「Paravi (パラビ)」のラジオコンテンツ第4弾として、スマートフォンに関連する幅広い情報をお届けするスマホ情報番組「石川温のスマホNo.1メディア」をParaviオリジナルにバージョンアップし、配信します。放送した音声コンテンツを基本に、収録の様子を撮影した写真のスライドショーを追加した、Paraviオリジナル版のコンテンツがお楽しみいただけます(https://www.paravi.jp/browse/genre/1427)。
ラジオNIKKEI第2の音楽番組で発覚したリスナー投票操作について [局より]
2018/09/12 記事URL
2018年9月12日配信

PDF ラジオNIKKEI第2の音楽番組で
発覚したリスナー投票操作について


ラジオNIKKEI第2(RN2)の音楽番組で、投票結果を担当ディレクターが意図的に操作していたことが分かりました。リスナーの皆様の期待・信頼を裏切る行為で、リスナーの皆様にお詫び致します。番組は打ち切りました。
radiko.jpで10月11日から「タイムフリー聴取機能」が始まります!「シェアラジオ」でお気に入りの番組をみんなと共有しましょう! [局より]
2016/09/26 記事URL
10月11日(火)正午頃から、radiko.jpで過去1週間以内に放送された番組を後から聴くことのできる「タイムフリー聴取機能」の実証実験がいよいよスタート!
「シェアラジオ」すると、みんなで番組が楽しめます!


radiko.jpは、2016年10月11日(火)から、さらなるラジオメディアの価値向上とラジオ番組コンテンツの接触機会拡大を目的に、新たなラジオ番組の聴取スタイル『タイムフリー聴取機能』(無料)の実証実験を開始します。
新機能は、過去1週間に限り、いつでも後から番組の聴取を可能にするものです。

すでにradiko.jpでラジオをお楽しみいただいているラジオリスナーには、うっかり聞き逃してしまった番組、時間が合わなくて聴けなかった番組を、また日頃ラジオに馴染みのないラジオノンリスナーには、番組放送後にさまざまなメディア(ネットニュースやSNSなど)で話題となったラジオ番組を過去1週間に限り、後から聴ける機能を提供することでラジオに触れる機会を醸成します。

タイムフリーとは?
『タイムフリー聴取機能』は、(株)radikoが開発したラジコの新機能で、「ラジオ番組放送後、過去1週間に限り、いつでも後からお好みの番組を聴取できること。 時間の概念にとらわれることなく、 聴きたいラジオ番組をいつでも楽しむことができること」と定義しています。当機能は無料・非登録制です。これまでラジオに馴染みのないラジオノンリスナーを獲得することを目的のひとつとしているため、誰にでもすぐに使えることを最優先に考えてのことです。
いち番組ごとに聴取可能時間(3時間)があります。この聴取可能時間(3時間)とは、あるひとつの番組を選んで、その番組を再生した段階(再生ボタンを押した瞬間)から、3時間が経過するまでの間、聴取することができるということです。例えば、12時に再生ボタンを押したと仮定すると、その番組は15時まで聴くことができるという仕組みです。これは、この度の実証実験は日本初の試みとなることから、この範囲内にて各方面の権利者にご理解とご協力とご支援を頂戴していることから設定しております。詳細はラジコのHPに掲載します。

※『タイムフリー聴取機能』は、特定のタレント出演番組やスポーツ中継など権利上の問題で、一部聴取できない番組があります。また、各放送局の編成判断によって当該番組の配信を停止する場合があります。

詳しくは radiko.jpサイト をご覧ください。

また、民放連ラジオ委員会が提唱する新たなラジオ聴取文化『シェアラジオ』を実現し、お気に入りの番組をその場ですぐに友人と共有できるようにします。
新しい番組聴取画面に設置する「シェア」というボタンを押せば、自分がお気に入りの番組、さらには友人が気に入りそうな番組を、ソーシャルメディアを通じて、お知らせ・共有が可能です。

シェアラジオとは?
『シェアラジオ』は、新規のラジオリスナー拡大のため、民放連ラジオ委員会が提唱している新たなラジオ聴取文化で、『タイムフリー聴取機能』を活用して、お気に入りの番組をお友達にソーシャルメディアを通じてお知らせ、共有することができるものです。

詳しくは シェアラジオ特設サイト をご覧ください。 シェアラジオ、はじまる

ラジオNIKKEIの番組は、ラジオNIKKEI第1/ラジオNIKKEI第2・RN2のどちらもタイムフリーでお聴きいただけます。
お気に入りの番組をどんどん「シェアラジオ」!
みんなで共有して楽しみましょう!
2014年10月中旬からradiko.jpがお聴きになれなくなった場合の対処法について [局より]
2014/10/23 記事URL
これまで聴くことができていたradiko.jpが2014年10月中旬以降お聴きになれなくなった場合は、下記の設定をご確認ください。

※お使いのパソコンがWindowsである場合の確認方法です
  1. 「コントロールパネル」⇒(「ネットワークとインターネット」の中の)「インターネットオプション」を開きます。

  2. 開いたウィンドウに並んでいるタブの中から「詳細設定」を開きます。

  3. 「セキュリティ」項目のうち、「TLS 1.0 を使用する」にチェックが入っているかどうかご確認いただき、入っていない場合はチェックを入れて「OK」をクリックしてください。

  4. radiko.jpが聴けるようになったかをご確認ください。

上記の設定を確認しても改善しない場合は、ほかの原因が考えられます。
下記のページに記載のある事項についてもご確認ください。
http://www.radionikkei.jp/news/station/entry-219910.html
発表!ラジオNIKKEI公式キャラクターは未来に飛翔する開運キャラ『RaNi(ラニィ)ちゃん』 [局より]
2014/06/02 記事URL

ラジオNIKKEIは、本年、開局60周年を迎えることを機に、ステーション・イメージ・キャラクター『RaNi(ラニィ)ちゃん』(下図参照)を採用することにいたしました。
ペガサスのような翼で飛翔するキャラクター『RaNi(ラニィ)ちゃん』は、未来に向けて高く羽ばたく開運のシンボルとして、今後リスナーの皆様に親しんでいただくべく、番組、イベントなど様々な場面に登場する予定です。
さらに、6月30日よりネットショップ「さうんろーど」にて『RaNi(ラニィ)ちゃん』公式グッズの販売を開始しました!
公式グッズはTシャツとトートバッグです。生まれたての『RaNi(ラニィ)ちゃん』を育てるのはあなたですよ!



各競馬場で、オンラインで、是非!お買い求めください!

Tシャツ

Tシャツ

Tシャツ

Tシャツ

Tシャツ

Tシャツ

トートバッグ

RaNiちゃん(前面)     RaNiちゃん(背面)

『RaNi(ラニィ)ちゃん』のブログもスタート!『RaNi(ラニィ)ちゃんの部屋』
http://www.radionikkei.jp/learny/


 ◎ラジオNIKKEI公式キャラクター『RaNi(ラニィ)ちゃん』プロフィール

ラジオNIKKEIの局名からとって「RaNi(ラニィ)ちゃん」と名づけられました。
ペガサスのように全国どこへでも飛んでいける羽を持っています。
ラジオNIKKEI本社のある港区・虎ノ門上空を拠点に、日々大空を飛び回っています。
iPhoneで「聴く日経」を手軽に聴ける「聴く日経」アプリ登場! [局より]
2012/11/01 記事URL

「聴く日経」アプリ
iPhone/iPod touch/iPad向け(iOS 4.3以降)
アプリのダウンロード:無料
Apple IDでの聴く日経本編のご利用:600円(税込)/30日間

※但し、現在「FeBe」の聴く日経有料会員の方は、アプリ上からFeBeアカウントでログインすることで、聴く日経本編も無料でご利用いただけます(Apple IDでの課金は不要です)。

ラジオNIKKEIの音声番組「聴く日経」を購読・ダウンロード・再生するためのアプリです。

聴く日経本編の購読は有料です。無料コンテンツもあります。
聴く日経本編の購読は、定期購読のサービスとなります。定期購読は「自動継続更新」となります。

オーディオブック配信サイト「FeBe」の聴く日経有料会員の方はFeBeアカウントでのログイン後、聴く日経本編をダウンロードできます。

【聴く日経本編(有料)】
■日本経済新聞朝刊を約20分にまとめた音声番組です。
■平日(祝日を除く)の朝6時頃に配信。約20本の記事を収録。
■番組アーカイブは、各配信日を含めて10日間ダウンロード可能です。

【無料コンテンツ】
■聴く日経特別版:主に新聞休刊日に配信している"イマを読み解く特別番組"です。
■ヘッドライン:本編のヘッドラインと日経産業新聞、日経MJのヘッドラインをまとめて聴けます。(本編に日経産業新聞、日経MJの本文は収録されていません。)

聴く日経本編の購読について ※必ずお読みください

聴く日経本編の購読は有料です。
FeBe会員以外の方は「Apple ID(アドオンによるアプリ内課金)」にてご購読ください(「FeBe」の聴く日経有料会員の方はFeBeアカウントでご購読可能)。
購読は定期購読のサービスとなります。定期購読は「自動継続更新」となります。
購読期間が終了する24時間以内に、定期購読が自動更新され、「Apple ID」に課金されますので、ご注意ください。

アプリのダウンロードについて

アプリのダウンロード(無料)は下記のアドレスから直接どうぞ。
http://itunes.apple.com/jp/app/id522343221?mt=8

または、App Storeで「聴く日経」と検索してください。

※アプリをダウンロードするにはiPhone等の端末(またはiTunesがインストールされているパソコン)が必要です。

注意事項

  • iOS 4.3以降がインストールされたiPhone、iPod touch、iPadでご利用いただけます。
  • iPadでご利用の場合、iPad専用の表示にはなりません。iPhone等で表示した場合と同じ表示となります。
  • 通信環境の良好な場所でお使いください。ダウンロード時はWi-Fi環境でのご利用を推奨いたします。通信回線の状態によって、ダウンロードに時間がかかる場合があります。
  • オフライン(インターネット未接続状態)でアプリを起動すると、ダウンロード済みのものも含め、コンテンツを再生することはできません。再生中にオフラインになっても、再生は可能です。特に通信機能がWi-Fiのみの端末をお使いの場合はご注意ください。
  • iOS端末向け専用のアプリです。Android端末やパソコンではご利用いただけません。

イメージ




お問い合わせ

本アプリに関するお問い合わせは、下記お問い合わせフォーム、またはお電話でどうぞ。
「聴く日経アプリ」についてのお問い合わせである旨を必ずお伝えください(送信フォームの場合は明記ください)。


 全2ページ中1 ページ   [1] 2 次の10件