放送送信体制の変更のお知らせ
10月から 6MHz中心の放送に
[局より]
2018/06/29(金) 13:55
10月から 6MHz中心の放送に

 ラジオNIKKEIは第1、第2それぞれ3MHz、6MHz、9MHzの3つの周波数帯で同時放送してきましたが、10月1日からは最も聴かれている6MHzを中心に送信し、一部時間帯は3MHzで補う体制に移行します。9MHzは通常は休止しますが、大規模災害の発生時などには緊急放送にあたります。

 ラジオを取り巻く環境が大きく変化する中で、放送と通信(ネット)の融合に対応し、経営の安定、効率化を図るためです。
 多くのリスナーがスマホやAIスピーカーからラジコでお聴きいただけるようになったことも背景にあります。

運用変更後の詳しい送信体制は以下の通りです。 なお放送時刻に変更はありません。

ラジオNIKKEI第1は終日6MHzで放送し、朝と夕方以降のみ3MHzで補強します。

ラジオNIKKEI第2は朝から6MHzで放送し、(もともと6MHzの免許のない)午後7時以降は3MHzで代替します。
- 図をクリックすると拡大します -

(注)これ以外の周波数や時間も、大地震など大規模災害発生時などは緊急放送を発信します

 6MHzを中心とすることにしたのは、昨年1月から今年1月までの1年間、全国からモニターを募って3つの周波数の聴こえやすさを調査した結果、平均的には6MHzがどの季節もどの時間帯も最も聴こえやすいことが分かったためです。日没以降は季節によっては3MHzが聴こえやすいことも分かっています。どの地域が、どの季節の、どの時間帯に、どの周波数が聴こえやすいかのデータが集まったため、大地震など大規模災害が発生した際には、被災地でその季節のその時間帯に3MHz、6MHz、9MHzのうち最も聴こえやすい周波数を選んで発信し、災害報道を確実に伝える体制を敷くことができるようになりました。

 一部の方にはご不便、ご迷惑をおかけしますが、お手持ちのラジオで聴こえにくくなった場合には、スマホなどで聴く方法や、そのためのアプリを入れる格安スマホを紹介させていただきます。

 今後もよりよい番組をお届けし、末長くラジオNIKKEIをお楽しみいただくために、リスナーの皆様のご理解を賜りたいと思います。

お問い合わせ

お問い合わせは上記「お問い合わせ」ボタンをクリックしてフォームに記入いただくか、以下にお電話ください。
広報お客様センター TEL.03-6205-7810
(受付時間 午前10時~午後5時30分)
「健康ネットワーク」7月のテーマは、「脳と心に良い睡眠」です。 [番組より]
2018/06/29(金) 13:45

今月の「健康ネットワーク」は、小児科医・医学博士で文教大学教育学部教授の成田奈緒子さんに、「脳と心に良い睡眠」をテーマにお話いただきます。皆さんは毎日「良い睡眠」が取れていますか?夜型の生活など良い睡眠を妨げる理由は様々ですが、日々の生活習慣でどこに注意すべきか。睡眠の質を高めるような方法を成田さんに伺います。

今月もリスナーの皆様に素敵なプレゼント企画を実施します。たくさんのご応募お待ちしております!


健康ネットワーク