9月24日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [テイスト・オブ・ジャズ]
2011/09/22(木) 17:30 スタッフ

「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週土曜日18:00-18:30+再放送毎週日曜日20:00-20:30でオンエアー。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.66~トルド・グフタフセン来る!~】

 盛況だった“東京ジャズ”が終了した翌日、約束どおり北欧を代表するピアニスト、トルド・グフタフセンが来社した。ハンティングを被ったラフな格好でスタジオにやってきた彼は、このあと箱根の温泉に行きゆっくりホット・スプリング=温泉を楽しむのだと言う。若々しい彼なので、未だ30代前半かと思ったら丁度40才とのこと。実に丁寧で物静かなジェントルマン、そのジャズ・サウンドをそのまま写し取ったような好人物だった。 
 
 淡々として清涼、一聴ヒーリング・ミュージックにも捉えられかねない、静かで深海のある北欧的なサウンドで、自身も禅など日本的な精神世界にも関心を持っているのだとも語ってくれたが、それを肯かせるようなサウンド。メイン・ステージではなかったが、屋外ステージ《クラブ東京ジャズ》ではファンをかなり強く魅了したらしい。欧州を代表するジャズ・レーベル”ECM“から既に4枚のアルバムを発表、ここのスターの一人、と言うことはヨーロッパを代表するジャズ・スターと言う訳だが、少しも偉ぶらない姿勢には好感が持てる。温泉を始め日本の文化は大好きだと言う彼は、日本のファンの温かさにも感謝しており、是非また来たいと語ってくれた。

 この夏に新作の録音を済ませ、そのアルバムは来年2月に日本でも発売される予定だが、その清新なサウンドがどう深められているか、楽しみでもあり、“皆さんの期待を裏切らないものに仕上がりました”と言うだけに、大いに期待もしたいもの。トルド・グフタフセンの放送は、9月24日、25日の“テイスト・オブ・ジャズ”の時間です。 



コメント