11月5日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [「テイスト・オブ・ジャズ」プログラム情報] [テイスト・オブ・ジャズ]
2020/11/05(木) 19:00
テイスト・オブ・ジャズ」は、毎週木曜22:30~23:00(本放送)と金曜18:30~19:00(再放送)で放送中。番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.538~兜町をジャズストリートに

 ラジオNIKKEIの主要コンテンツの一つが、証券・金融情報の提供にあることは良くご存じだと思う。そしてその情報発信地が、証券取引所のある兜町、そして証券会社などが多い茅場町であることも当たり前の常識だろう。ではこの兜・茅場町(そして金融街・丸の内)と言った東京の金融・証券の中心街と音楽(ジャズ)を結び付ける...と言った試みが、既にスタートしていることも御存じだろうか...。

 その活動は「JazzEMP」と呼ばれるもので、数年前にジャズ好きな証券・金融関係者が自発的に活動をスタートさせ、兜・茅場町の町内会をも巻き込んで、ジャズストリートプランとして動き出しているものなのである。このEMPとは「エマージング・ミュージシャンズ・プログラム」の頭文字の略で、文字通りこれから伸びていくミュージシャン達を支援していこうと言うもの。即ち「JazzEMP」とは、期待のジャズミュージシャン達と共に、街(兜・茅場・丸の内)を盛り上げて行こう、これらの街をジャズストリートに...という構想のもので、NYの金融・証券街=ウオールストリートの様に、音楽(ジャズ)で一杯の街にすることで、街の活性化も図りたいと言うものらしい。

 実際にこの計画で数年前から、街イベントとしてジャズコンサートも開かれ、若手の優秀なミュージヤン達も多数登場しているのだ。と言うことで世界にも冠たる(?)長い歴史を誇る我が「テイスト・オブ・ジャズ」も、この企画趣旨に賛同し、何かお手伝いを...と言うことになり、今週の放送をきっかけに2~3か月に一度、このJazzEMP関連企画を組むことにした。この企画ではいつもの番組進行役の山本嬢と共に、番組ではもう一人お馴染の日本を代表するジャズトランぺッターにして、洗足音楽大ジャズ科主任教授でもある原朋直くんにも進行役をお願いし、2人でこの企画の関係者等をスタジオにゲストとして呼び、色々な話を聞く...と言うお手伝い企画を実施していくつもりだ。なぜ原君か...と言うと、彼はこのJazzEMPのジャズ側の代表責任者(もう一人はアルト奏者で国立音大のジャズ科で教えている池田篤くん)で、若手ミュージシャンの選定や育成に関わっているからなのである。原・池田と言う番組にもお馴染みの面々が、大きく関わっているこの意義深いジャズ構想(企画)、もう少し早くその存在を知っていたら...とも思うのだが、今回は11月15日にジャズライブを配信する(コロナ禍のために集客ライブは見送り)と言うことで、その告知も兼ね、事務方から東海林正賢氏(金融関連会社のお偉いさんでもある)をゲストにお迎えし、このジャズ構想・企画の成り立ち・その内容、更に今度のコンサートなどについて、いろいろとお伺いすることにした。 コンサート当日出演する若手グループの演奏や原君自身のもの、更にジャズファンで実際にジャズもやると言う、東海林氏お勧めのジャズナンバーなどを聞きながら、この新たな意義あるジャズの取り組みを紹介していくつもり。
 今注目の若手ユニットが4組登場の、11月15日実施のこの配信ライブも見逃せないものです。

【今週の番組ゲスト:JazzEMP 副実行委員長の東海林正賢さん トランペッターの原朋直さん】

M1Nebula / 原朋直」

M2Do Not Stop江澤茜クインテット」

M3Lumen Unknown / Klehe(堀京太郎カルテット)」

M4Big Guest  古木佳祐バンド(木村紘)」

M5As Time Goes On / 田谷ヒロム 武本和大」

M6The Musician / Return to Forever


JAZZ EMP2020@11月15日開催「Emerging Musician Program」
https://peatix.com/event/1672397/view