5月31日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [「テイスト・オブ・ジャズ」プログラム情報]
2020/05/29(金) 20:00
「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週日曜18:30-19:00(本放送)ほか、木曜22:30~23:00で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.515~ジャズボーカルの注目株】

 ぼく自身は余りジャズボーカル好きというのではないが、どういう訳か担当しているジャズ専門誌のディスクレビュー(アルバム評)などではボーカル作品が回ってくることが多い。これには全般にCD不況とも言われる折、新人ボーカリスト達が名刺代わりにアルバムを作ることが多く、一見ボーカルシーンが賑わいを見せている...と言う事情も作用しているようだ。但し困ってしまうのはこんな力量の人がアルバムを...、と思うようなのが結構あること。そうなると正当な評価などは出来にくいのだが、その彼女達(多くは女性シンガー)も、かなり張り切り無理をしてでも一枚のアルバムを作り上げた...という、その熱意や事情も良く分かるだけに、余り厳しい評価も...と言うことになる。まあここら辺りがレビュアーのきつい所なのだが...。

 さてそんな日本のボーカル事情はさておき、本場に目を移してみると流石にこれは...と思わされる実力派も次々登場、充分に愉しませてくれる。そんな中今ぼくが注目しているのが、キャンディス・スプリングス。ボーカルの世界に新登場した新星だが、ジャズボーカルの世界はカントリーミュージックタッチのシンガーソングライター、ノラ・ジョーンズの出現で、シーンは大きく変化した感もある。ある意味ノラ以前と以降と言った感じなのだが、更に黒人の代表格カサンドラ・ウイルソンもノラとは異なった側面から、ボーカルの新しい波を起こしており、この2人を中心に動きつつあるとも言える。まあこうした新しい波と同時に、エラ・フィッツジェラルド、カーメン・マクレー等と言った、今は亡き大御所達が築き上げたオーセンティックなジャズボーカル世界も、今なお厳然として存在している訳なのだが...。そうした新旧(?)のジャズボーカルシーンをうまくミックスして自身の世界を構築している一人が、このキャンディス・スプリングスだとも言える。彼女はカントリーミュージックの本場、テネシー州ナッシュビルの生まれ育ちで、現在もこの地を拠点に活躍していると言う異色の存在。カントリーの本場育ちと言うと、白人シンガーの様にも思えるが黒人の歌い手で、父親はこの地でよく知られたソウル系シンガー。その父親の影響も大きいのだが、その彼女の新作『私を作る歌』は3枚目のアルバムで、デビュー作はソウル色の濃いアルバムだったが、2作目ぐらいからジャズ色も加わって来ており、この新作で一挙にジャズシンガーとしての地歩を固めた感も強い。

 アルバムはそのタイトル通り、自身の歌手としての大切な要素を作り上げてくれた、偉大な先輩シンガー達にリスペクトを捧げたもので、彼女達の持ち歌を自分なりのテイストで仕上げており、憧れのノラ・ジョーンズなどは一緒に共演したりもしている。ここでは女性ジャズボーカルの大本とも言える、レディー・デイ=ビリー・ホリディ(曲は「奇妙な果実」)から、エラ(「エンジェル・アイズ」)カーメン(「ソリチュード」)と言った大御所、更にアイドルでもあるノラ・ジョーンズやロバータ・フラッグ、ローリン・ヒルと言ったコンテンポラリーシンガーたちの持ち歌を取り上げ、ジャズをコアにソウル~ロックと言った幅広いフィールド迄も網羅し、自身のジャズワールドに作り上げている。仲々に見事だし聴き応えも充分。ご愛嬌なのはあのキャロル・キングの銘品「ユーブ・ガッタ・ア・フレンド~君の友達」を、日本の山崎まさよしとデュエットで聴かせてくれるところ。山崎の唄声もなかなかジャージで魅力たっぷりだ。

 これからのジャズボーカルの世界を担う有力な資質として、キャンディ・スプリングの存在、是非注目して欲しいものです。

【今週の番組は昨年4月に放送したものの再放送】

音楽評論家の青木和富先生に「平成のジャズ」というテーマでお話し頂きました。
M1The Doo-Bop Song / Miles Davis
M2Bye Bye Blackbird / Keith Jarrett
M3Spiral / Hiromi Uehara
M4Lifeline / Vijay Iyer & Craig Taborn
M5Don't Know Why / Norah Jones
M6Some Enchanted Evening / Sonny Rollins

5月24日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [「テイスト・オブ・ジャズ」プログラム情報]
2020/05/22(金) 20:00
「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週日曜18:30-19:00(本放送)ほか、木曜22:30~23:00で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.514~リッチー・コールのこと】

 この言葉もう使いたくないのだが、やはりそうも行かない。「コロナパンデミック~コロナ禍」。日本国民への「ステイホーム」のお願いと非常事態宣言は今月末まで延長され、安倍政権のどうしようもない無策振りばかりがどんどん露わになりつつある。流石に安倍一派のフリーク筋もこの事態には眉を顰めている様だが、まあ本当に音楽・演劇などに関わるパフォーミング・アーティスト達は、もうお先真っ暗で行き場もない様子。ジャズの世界でも今は世界中で「セーブジャズ」と言ったキャンペーンも始まりつつある。本場NYの老舗クラブや東京のライブハウス、それらの窮状を救おうと言った活動も活発化しつつあり、これらは実に心強い動きだしぼくも何かを...と言った気持ちが強くなる。残念なことにぼくも深い関りを持つ、新宿の老舗クラブ「J」、ここは先月一杯で閉めてしまったが、老舗中の老舗で「和ジャズ」の殿堂とも言える「ピット・イン」は、実情は分からないがまだどうにか健在の様でホッとしている。
 それに反し死者の数もうなぎのぼりの本場NY、ここではジャズクラブの代名詞とも言えそうな「ヴィレッジ・ヴァンガード」。ジャズ好きでなくともこのジャズシティーを訪れた旅行者も、一度は訪れるに違いない文化名所。そう言えばこのジャズコラム担当のO局長も、一昔前のラジオたんぱNY支局長(今は当然消滅)だった筈で、当然この老舗店を覗いていると思うのだが...。このジャズクラブが閉鎖の危機にあるとも聞く。
名物オーナーのゴードン夫妻(夫妻とも物故)に会うのが、NY訪問の楽しみの一つだっただけに、この店が元気ないのは何より残念なことこの上ない。

 
さてそんな淋しい話ばかりが続く今日この頃、また一人ミュージシャンの訃報が飛び込んで来た。「アルト・マッドネス」の愛称で一時は日本でも絶大な人気を誇った、サックス奏者(ボーカリストでもある)のリッチー・コール。コロナ禍にやられたのかと思いきや、自宅で寝たまま逝ってしまった姿を娘さんが発見した自然死だと聞く。まあそれが唯一の救いか...。年令はぼくより3才ほど下だがほぼ同世代。彼が有名になったのは70年代の終わり頃、当時全盛だった森田一義君=タモリのお昼のTV帯番組「笑っていいとも」(か、その前身の「笑ってる場合ですよ」のどちらか)に数回ゲスト出演、その明瞭なアルトプレーや、それ以上に人気を集めたのが、司会のタモリとの掛け合いバップ歌唱。本当に大受けでそのコメディアンまがいの明るすぎるキャラクターも話題を集め、日本制作のアルバムも次々と出され、コンサートも満員と言う超人気振りだった。しかし好事魔多しで、その人気もそう長くは続かず、80年代に入ると人気も一気にダウン、「リッチー?へー、なにそれ...」と言った感じで、話題になることも無く一気に忘れ去られてしまった。実にファンは冷たいものだが、日本のジャズ史の中でも特異にして稀有な存在だった。ぼくにはどうにも忘れ難い一人でもあった。

 彼のアルバムは当時キングレコードから出されており、その担当者が我がジャズ番組に連れて来たのだと思うが、ホーボーと言うかバカボンド(ともにフウテンの意)そのままに、サックスを片手にふらりとスタジオに現れ。下手な日本語交じりのブロークンイングリッシュを駆使、唄入りのアルトソロ演奏も1曲披露、当時の担当女性アナを大笑いさせつつ、またふらりと帰って行った。ぼくが大学のジャズクラブで、タモリの1年先輩だと言うと急に親しみも増したのか、アルバムにサインをしてくれ、リスナープレゼントもサイン付きで数枚用意してくれると言ったサービス振り。こんなに陽気で気の良いミュージシャンもそうは居ない。すっかりファンになってしまったが、それ以降に出されたアルバムは、どれもモノトーンで変化なし。これはいささか...と危惧していたら、あっという間に凋落の一途。面白い男でサックスの力量も素晴らしいだけに、いささか残念ではあった。

 
 そして今回の訃報。この所長い間縁も無かったので、ユーチューブで最近の彼の姿を眺めてみると、まああの頃とあまり変わらないプレーとフーテン振りで、自慢の面白歌唱も披露していた。アルバムも自身のレーベルから数年前に数作発表しており、最新作は嬉しいことに、彼の陽気な気質にぴったりのラテンジャズもの。人気の頂点に駆け上がり一気に消え去ってしまった、まさに「ワン・アンド・オンリー」な才人にして奇人。「アルト・マッドネス」と言った仇名そのものの、愉快でけったいな実力派(初期のアルバムはバッププレーの粋が聴かれる優れものが多い)の彼、全盛時に東京で吹き込んだ『トウキョウ・マッドネス』でも聞きながら、その冥福を祈りたい。グッド・バイ リッチー!

【今週はノーゲスト回】

 「戦前のジャズ特集」
M1
「月光値千金 / 榎本健一」
M2
「雨に唄えば / 榎本健一」
M3
「アラビアの唄 / 二村定一」
M4
「私の青空 / 川畑文子」
M5
「バイバイブルース / 川畑文子」
M6
「ダイナ / ディック ミネ」
M7
「ラッパと娘 / 笠置シヅ子」
M8
「上海 / 美空ひばり」
M9
「恋人よ我に帰れ / 美空ひばり」



5月17日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [「テイスト・オブ・ジャズ」プログラム情報]
2020/05/15(金) 20:00
「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週日曜18:30-19:00(本放送)ほか、木曜22:30~23:00で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.513~戦前にもジャズはあった】

  55年以上と言う長い歴史を誇り、恐らく世界中のジャズ番組の中でも最長寿とも言えるこの「テイスト・オブ・ジャズ」。ぼくが関わってからもなんやかんやで既に45年以上、亡くなった局の先輩でジャズアルバムのプロデュース数、日本でも屈指の数を誇る木全信氏(局を辞めRCAレコードプロデューサーに転身)の担当が、番組スタートから8年ほど...。まあ本当によく続いているものだが、そんな長い歴史の中でも、今まで殆ど取り上げなかったテーマが一つある。それが「戦前のジャズ」と言うか日本のジャズの原点~「和ジャズ」揺籃期のアルバム紹介である。
 
 どうもジャズと言うと、ぼくなどは直ぐにモダンジャズ=ジャズと言うことになってしまい、デキシージャズやスイングジャズと言った、かつての黄金期のスタイルを無視しがちだが、こうしたジャズスタイルを今でも守っている方達もおられる。その代表格がディキシーの山喜雄さん、そしてスイングクラリネットの北村英治さんと言った大御所達。このお二方やそのほかのプレーヤーの方も時々スタジオにゲスト登場、それぞれスイングやディキシーの演奏などを紹介してくれる訳だが、その原点ともなる戦前のジャズ、これについて触れることは殆どない。と言うよりもジャズ関係者でも、その辺を語れる~興味を持つ人も殆どいない、大先輩の故油井正一、故野口久光と言った方達を除き、誰もいないのが実情なのである。
 
 ぼくも当然その一人だが、ある時偶然に戦前人気を博したジャズ歌手、川田文子の伝記を読むことがあり、それ以来戦前のジャズ=日本ジャズ揺籃期に興味を持つようになった。川田文子はアメリカ移住民の子供でカリフォルニア育ち。ブロードウエイのステージにも立ち将来を嘱望されたシンガーだったが、母親と共に日本に観光旅行に来て、横浜の波止場でレコード会社のお偉方の出迎えを受け、そのままレコードスタジオに拉致(?)されてしまったと言う経歴の持ち主。この川畑文子など戦前のジャズを知るとかなり面白い。
 このコラムでも時々紹介しているが、6年程前から始まった中野区の地域センター(公民館)でのジャズ講座。その第1回目にこのテーマ「戦前にもジャズはあった」を取り上げ、40名ほどのおばちゃん中心の聴講者達にもかなりな好評を博し、この成功(?)でジャズ講座、今もまだ続いている訳なのだが...。

 ところが最近あるジャズ雑誌が、このジャズ揺籃期を2号続けて特集、その一回では「宮沢賢治は日本最初のジャズ文学者...」と言った特集を組み、ちょっとした話題にもなった。宮沢賢治とジャズの関連性については、もう30年ほど前から赤塚不二夫の面白グループの一員だった評論家の奥成達氏が良く語っており、確かその関連本も出ている筈。
 今はコロナ禍でゲストも登場しにくい状態もあるので、山本アナの語りと言う形で「戦前にもジャズはあった」と言うテーマで、この川畑文子や日本最初のジャズ歌手、二村貞一など、ジャズ唄~戦前のポピュラーソングを特集してみることにした。ぼく自身は日本が誇るオリジナリティーを備えた最初のジャズ歌手(?)は、日本の喜劇王エノケンこと榎本健一だと信じているが、そのエノケンの「青空」など数曲も番組では紹介する。特に有名なミュージカルナンバー「雨で歌えば」は、肝心のNYの街中での雨降りから、江戸時代の旅籠屋での雨に変貌する、この辺りまったく見事としか言いよう無し。
 そして日本最初の本格的ジャズシンガー、あの「ブギの女王」の異名で戦後直ぐの日本で、圧倒的な人気を誇った笠置シズ子。彼女が太平洋戦争突入直前、いわゆる敵性音楽=ジャズの強い規制がかかる時代に吹き込んだ、歴史的名唱「ラッパと娘」なども紹介する予定。そしてトリに登場するのは、笠置のコピー歌手としてデビューを果たし、以降日本の歌謡界を背負うことになる「女王」美空ひばり。戦前と戦後を結ぶこの女王の定評あるジャズボーカルナンバーは、確かに上手いし愉しく聴かせるこの企画は今週か来週の放送予定ですので、乞うご期待。

【今回はノーゲスト回】
「元気が出るラテンジャズ特集」
M1
Babarabatiri  / Tito Puente
M2Se akabo rabia  / Azucar Negra
M3La Nueva Cubana / Gonzalo Rubalcaba
M4El comeron / あびる竜太Latin jazzグループ」
M5West / 川嶋哲郎」

5月10日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [「テイスト・オブ・ジャズ」プログラム情報]
2020/05/08(金) 20:00
「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週日曜18:30-19:00(本放送)ほか、木曜22:30~23:00で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.512~コロナ禍は続く】

 
 最近は殆どの人達が、コロナのことしか考えられないコロナ恐慌状態。ぼくのようなオールドボーイになると、恥ずかしい話坂道や階段の上り降りで直ぐに息切れしてしまうこともあり、そんな折に発熱でもあったらそれコロナ...と疑ってしまうだろう。先日も持病の定期診療で病院に行ったのだが、驚いたことにいつも屯している老人連中が殆ど見当たらず、実にスムーズに定期診療の運びとなった。いつもは薬をもらうためだけに病院通いだった連中も、コロナ怖さに足が遠のいたようなのだが、事程左様にこの恐ろしい病渦は様々なことの実態を暴き出している。その最も顕著な例が日本の政治と言うか、安倍政府の余りにもお粗末な狼狽振りと失態振りだろう。あの内田樹先生も嘆いていたように、次
々と失態を重ね続ける安倍一派に、未だ40%を超す支持があり続けるという嘆かわしい事態。本当にどうにかして欲しいものである。

 まあそんな日本人の、どうしようも救いの無い性向~政治志向を嘆いていても仕方ないが、それにしても華やぎのGWも全く形無しである。一寸は元気に...とも思うのだが、まずは暗いニュースから。以前このコラムで、コロナ禍で亡くなったジャズミュージシャンを何人か紹介したが、その後ある知り合いから大物が亡くなったと言うニュースを教えられた。白人サックス奏者の大立物、リー・コニッツである。彼ももう80代半ばの筈で、まさにジャズレジェンドの一人だが、つい最近まで現役バリバリで活躍していただけに大変残念である。特に彼には想い出があるだけに寂しさもひとしおなのだ。もう数十年も前のこと、初めて局から派遣されアメリカ民放ツアー(15日間ほど)に参加したのだが、その最終地のNYの街で偶然出会った、知り合いのジャズカメラマンが彼のマンション(NYのセントラルパークの脇にある高級マンション)で写真撮影をする...と言う。これ幸いと乗っかり彼のマンションを訪れ、交友を持ったと言う今は懐かしい想い出があるのだ。クール派の巨星とされるが、それに反し実に温かみを持った素敵なお人柄のジャズマンだった。それだけに本当に寂しい。

 そしてこのコロナ禍、多くの人が日頃は余りしないおうち読書などもしているようだが、その中でも売れているのが、あのノーベル賞作家カミユの「ペスト」だと聞く。アルジェリア生まれの作家でもあるカミユの「異邦人」に続く2作目になるこの作品、もう大分以前に読んだので詳細はしかとは覚えていないが、アルジェリアのある街で発症し全市に広がるペストとの戦いを描いたもので、今のコロナ渦にはぴったりの内容だけに、改めて読もうと思った人も多かったのだろう。確かその中である宗教家が「この疫病が皆を高め、その生きる道を示してくれる...」と言うようなことを語っていたはずだが、それはこの今の悲惨な状況にも通じる言葉だと思う。

 そしてもう一冊、こちらはアルゼンティンのノーベル賞作家ガルシア・マルケス(焼酎「百年の孤独」のもとにもなった作品などを著わす)、「マジック・レアリズム」という魅惑的な手法を編み出した彼の描いた「コレラの時代の愛」。80年と言う長い時代を超える熱狂的な愛の軌跡を描いた、この実に興味深く面白い長大小説も、コロナ禍の時代には読まれてしかるべきものだと信じる。

 まあこんななんとなく重苦しい日々が続く今は、少しでも心の余裕を得るため音楽でも聴きながら過ごすしか...。そう思いながらCD棚から選び出したのはやはりバッハ。中でも「無伴奏チェロ組曲」が最適だ。ぼくの思う至高の音楽とも言えるこの組曲、人気のヨーヨーマかこの名曲を復活させた定番のカザルスか...とも思った。しかし今回はその峻厳さで、ぼくらに進むべき道を教え示してくれる鬼才シュタルケルのものにした。それにしてもどの曲も素晴らしいし名演揃いだ。

【今週はノーゲスト回】
 「ポップスや演歌の歌手が歌うジャズ」というテーマでお送りします

M1「Smile / 松田聖子」
M2「You'd Be Nice to Come Home To / 八代亜紀」
M3「Seven Steps to Heaven / 森山良子」
M4「Moon River / 勝 新太郎」
M5「Falling In Love With Love 恋に恋して / 伊藤君子」
M6「花は咲く / Roberto Menescal, Wanda Sá 他」

 

5月3日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [「テイスト・オブ・ジャズ」プログラム情報]
2020/05/01(金) 20:00
「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週日曜18:30-19:00(本放送)ほか、木曜22:30~23:00で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.511~ステイホーム】

  このコロナ渦で最も叫ばれている単語、それが「ステイホーム=蟄居」だろう。確かにこんな状況になっても、江の島や高尾山に人が集まるなどは愚の骨頂...、と言うか危険極まりない行動ではあるが、老いも若きも幼きも全てが蟄居とは寂しいしなんとも厳しい。しかし後輩夫妻が駐留している北京や、アグネス・チャンが一時帰国している香港など、完全拘束状態の「ロックアウト」話を耳にすると、まだ蟄居などは自由で優雅な措置に思えてくるから不思議だ。


 そんな毎日のステイホーム、ぼくの場合はまずジャズを聴く~ジャズアルバムの整理などジャズ関連に始まり、ビデオ鑑賞、そして読書などと言ったおうち行動中心で、肝心の1時間ウーキング(お散歩)もバカ犬ピーちゃんを失ってからは気持ちもままならない。またジャズリスニング(鑑賞)、これもご近所の手前あまり大きな音を出せないつらさ。更にアルバムや資料の整理、これも作業しながらついつい、見逃し聞き逃してしまった資料やアルバムの発掘作業に変わってしまい、少しもはかどらないのが実情だ。 

 先日の資料整理の最中、一冊のジャズ&ミステリー本を再発見、久しぶりに読みふけってしまった。タイトルは「ミステリー・ディスクを聴こう」、著者はミステリー作家でジャズ好きでも知られる山口雅也。ジャズ専門誌にコラムなども書いていた彼のこのミステリー音楽本、もう20年も前に出されたものだけに、当然今は絶版だと思うが...。この本ぼくは確か著者から贈呈された筈で、その当時は全部読んでいたと思っていた。だが意外に忘れていたエピソードやアルバムなども多く、蟄居生活を癒す格好の素材として読み進んでしまった。


 この山口氏のミステリー&ジャズ本が出た90年代半ばは、未だハードボイルド小説、特にぼくの大好きなディック=PI(プライベート・アイ)と呼ばれる、私立探偵達(スペンサーやモーゼズ・ワイン、アルバート・サムスン等々)が大活躍する、ハードボイルドものも人気を保っていた時代だったが、今やハードボイルド、特にディック(私立探偵)物の翻訳本は壊滅状態で、日本で出されることもほとんど無く、また日本のハードボイルド探偵も、札幌の名無し探偵シリーズ(東直紀)が頑張っているぐらいで、残念ながら壊滅状態。そんな今は絶滅危惧種扱いのディック達だが、マッチョでダンディなスペンサーを始め彼らのほとんどはジャズファンで、酒場や車のバックラウンドミュージックはジャズと決まっており、ナオン(女子)の口説き音楽もジャズだった。

 そんな探偵達の登場に欠かせない音楽=ジャズを、数多く取り上げているのがこの本で、一時人気だったピート・ハミルの描くディック、サム・ブリスコー(マンハッタン・ブルース)は、冒頭が「パーカーのオーニソロジーを聴いていると電話が鳴った」と言うシチュエーションでここから探偵のNYでの活動が始まると言う次第。こうした音楽とハードボイルド小説との蜜月が、色々と面白く描かれている音楽エッセイ集だけに、やはり心惹かれる所多々なのである。「シナトラは神のごとく」「ヒッピー探偵もソ連のスパイもみんなジャズが好き」「ミステリーとマイルスの相性について」等々、こんなサブタイトルを見たジャズファンならば、その食指が動かない筈はない。今は絶版だと思うがジャズファンならば是非古本屋かジャズをメインに置いているCDストアを探してみたらどうだろうか...。満足すること請け合いだと思います。

【今週の番組ゲスト:ギタリストの三好"3"功郎さん】

リーダーとして10枚目全曲オリジナルのアルバムMy Little Song Book』をご紹介頂きました。

M1separation

M2scenry in my heart 

M3lonely country boy 

M4both truth