3月1日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [「テイスト・オブ・ジャズ」プログラム情報] [テイスト・オブ・ジャズ]
2020/02/28(金) 20:00
「テイスト・オブ・ジャズ」は2020年1月より毎週日曜18:30-19:00(本放送)ほか、木曜22:30~23:00で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.502~祝500回越え】

 先日あるジャズ関係者から「小西さんのあのジャズコラム、時々読ませてもらってますよ。それにしてももう500回とは、本当に良く続きますね...、まあこれからも頑張って続けてくださいよ...」といささかの揶揄も込めて激励された。そう言えば担当のO局長からも、「ジャズコラムもう500回になりますよ...」と、こちらはいささかうんざりと言った感じでの指摘。といった所でその回数を見てみると、確かに500と言う数字が刻印されているではないか...。知り合いの関係者とO局長、まあこの差は何なのか...等とも思うが、担当としては大分負担になるのは良く分かります。でもまあこれからも、恬淡としてこのコラム続けて行こうと思っているので、O君よろしくお付き合いの程を...。


 そう言えばこのジャズコラム、前身の「ジャズ徒然草」も確か500回近くだった筈で、20年近くの連載でこちらも合わせると、このコラムはもう1000と言う大台も近いとも思われる(「徒然草」から「日和」にどうして変更したのか、はっきりとは思い出せないのだが、なにか局の事情もあったのではないだろうか...)が、まあ良く書き散らかしたもので、自分としては結構愉しみながら書かせてもらっている。


 ジャズアルバムやジャズ動向、ジャズ友人など、ジャズ関連の話題をメインに、様々な映画、ハードボイルド小説、山行、温泉、台湾取材、我が街国立、信州追分通信、そしてラグビー&早稲田ラグビー等々、自身の関心のあることを適当に選んで書き連ねるのだから...、まあぼく自身としては愉しくない筈はない。と言っても毎回のテーマを選ぶのは結構苦心する所も大で、周りからはもう少しジャズに特化した方が...等とも言われるが、それでは結構苦しくなってしまう。まあいまのペースで悠々と行くのが良いのだろう。そう言えば仕事関係でも、ぼくが担当しているものはどれもかなりな長命で、大元のジャズ番組「テイスト・オブ・ジャズ」は50数年、恐らく世界最長のジャズ番組の一つだと思うし、新橋の飲み屋での偶然の出会いから始まった、台湾関連特番も今年で20年目等々、どういう具合かどれもが長続きしているのである。このコラムもそれなりの長命、ぼくの寿命もこれに比例するかはしかとはしないが、まあのんびりと頑張るつもりですので、皆様もよろしくお付き合い下さい。特に担当のお偉いさん~O局長よろしくお願いしますね。

【今週の番組ゲスト:作曲家でピアニストの鬼武みゆきさん】
昨年リリースされたご自身7作目のアルバム『FUKUSHIMA』から
M1Nomaoi〜野馬追〜」
M2Beyond Time 〜大内宿・Ouchi-juku〜」
M3Fukuoshimautaふくのしま唄」
M4Long Long Ago〜三春滝桜・Takizakura〜」

【追記】

番組の中でご紹介した3月11日開催予定だったアルバム発売記念のスペシャルコンサートは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、64日(木)に延期となりました。