7月27日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [「テイスト・オブ・ジャズ」プログラム情報]
2019/07/26(金) 19:00
「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週土曜日18:00-18:30(本放送)ほか、土曜曜22:00~、日曜22:30~で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.472~ラージアンサンブル】

 モダンジャズの時代になってすでに70年以上。ちょうど今話題を集めているNHKの朝ドラ「なつぞら」。この連ドラも佳境を迎え(主演の広瀬すずがご贔屓なので久々に毎日見続けている)、今週は主役のなつが十勝の牧場で共に育った同い年の北大生、夕美子が駆け落ちして新宿の居酒屋にやって来るシーン。駆け落ち相手の青年はなんとジャズ評論家を目指しているのだそうで、彼のアイドルはジョン・コルトレーンとのこと。朝ドラでコルトレーンの名前が出て来るとはちょっとした驚きだし、ジャズプレーヤーの名前が聞かれるのも初めてだと思うが、確かあの頃の新宿(ぼくの新宿時代より10年ほど早い設定の筈)には、こんな青年も居酒屋に数多く屯していたと思わせる所はある。


 さてあの頃多くのジャズ喫茶が存在、街中を沸かせたモダンジャズだが、元々個々のジャズプレーヤーのソロ演奏の素晴らしさ(マイルス・デイビスやビル・エバンス、更にはコルトレーン等々)を愉しむもので、それらの巨星達のアドリブプレーがジャズを推進してきたとも言える訳でもある。しかし今やモダンジャズもスタート以来70余年、前述の巨星達は殆ど姿を消してしまい、個々人の努力・習練もある意味限界に達してしまった~行き詰まってしまった感もある。ソロと言った一瞬の閃きに全てを任せるのには、いささか硬直化も見られる様になってきた現在、改めて注目されているのがかなり練り込まれた感じもあるラージアンサンブルやフルバンドの分野である。ある意味ソロからペンに移行しつつあるとも言えそうでもある。

 
フルバンドなんかは古くからあるじゃないか...などと言われる方もあると思うし、デューク・エリントン、カウント・ベイシーと言ったフルバンドの確固とした歴史には、素晴らしいものがあるのは間違いない。しかし最近はかなり個々のプレーヤーの自由さ・奔放さなども生かしつつ、新たな感覚で描き出す、従来のものとは異なったフルバンドやラージアンサンブルが注目を集めており、それらが今の閉塞状況を打破する一つの大きな要素になりつつあるのもまた事実なのだ。
 マイルスとのコラボレーションで知られる鬼才ギル・エバンス、彼を始祖としてその弟子であるマリア・シュナイダーなど、新しい資質が数多く誕生しこのシーンを強烈に活性化しつつあり、日本人も狭間美帆、宮嶋みぎわなどと言った新進気鋭から、守屋純子、藤井郷子などのベテラン陣迄、多士済々の面々が揃う。更に最近では何かとお騒がせのピアニスト、大西順子もこのラージアンサンブルに強い興味を示し、新しいアルバムを発表している。

 
そんな折今回登場のピアニスト福井ともみも、新たに9重奏団によるユニットを結成、映画音楽を新鮮なジャズアレンジで取り上げるアルバム『マウント・ノネット』を発表した。そして今回そのアルバムを携えスタジオに遊びに来てくれた。横浜育ちの彼女は、バップの伝統を生かした素敵な演奏を披露してくれていたが、それだけには飽き足らず新たにアレンジも...と言うことで、ニューユニットを結成、新作も発表した訳だが、アルバムタイトルはそのユニット名をそのまま持ってきたもの。曲は彼女のオリジナルが1曲で,後は「007のテーマ」「ゴッド・ファーザーのテーマ」「風のささやき」等と言った良く知られる映画音楽がメイン。その他「カミン・ホーム・ベイビー」「夢のカリフォルニア」などジャズメンの演奏で大ヒットしたナンバーも加え、全部で10曲。高瀬龍一など手練れのホーン陣に藤井学などのリズム隊といずれもが実力派揃いの9人衆。有名曲だけにそのアレンジには中々に苦労したとも語っていたが、結果は上々。実に愉しめる意慾的な演奏に仕上がっている。

 特に「007」はこの有名テーマに、ジャズオリジナルとしても知られる「危険な関係のブルース」を加え、2曲のメドレーで取り上げると言った意表を突く企画で驚かせる。6本の管楽器のハーモニーも見事で、このシーンにまた新たな資質が登場したと頷かせるに足る充実の内容で、評判の美形ピアニストに新たな勲章が付加されたと言ってもいい。狭間、宮嶋などに続く遅まきながらの新人として、これからそのノネットの活動に注目してみたい。


【今週の番組ゲスト:ピアニストで作曲家、編曲家の福井ともみさん】

5年前から活動を始めたバント「福井ともみとMt. Nonet」の1stアルバム『Mt. Nonet』から4
M1Speak Softly Love (映画「ゴットファーザー愛のテーマ」より)
M2One More Chance
M3「風のささやき(映画「華麗なる賭け」より)
M4007のテーマ&危険な関係のブルースメドレー(映画「007と危険な関係」より)


7月20日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [「テイスト・オブ・ジャズ」プログラム情報]
2019/07/19(金) 19:00
「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週土曜日18:00-18:30(本放送)ほか、土曜曜22:00~、日曜22:30~で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.471~閉店のお知らせ】
 
 ぼくのようなロートル=オールドボーイにとっては、日頃余り連絡を取り合っていない知り合いからTELなんぞがあると、それは大方決まって訃報のお知らせである。そこでおもむろに礼服と香典の用意...となるのだが、日頃ラフな格好でいるだけに、ネクタイを締めるなどと言うのもこんな場合に限られてしまう。こうした訃報などもこのところ結構あって、この年令になると人の生き死なども、今や淡々と受け止められるようになっている。

 
そんなこんなで先日知り合い(と言っても一人は息子だが...)からTELがあり、またまた訃報連絡かと思いきや、これがお店閉店の連絡で息子も同じだった。いずれもがぼくの最も愛着を抱いているお店で、一軒はラーメン店、もう一軒は割烹居酒屋。ラーメン店の方は高円寺駅前の老舗「代一元 高円寺店」、割烹居酒屋の方は新橋烏森の「たきもと」、両方とも銘店などと言うものでは無いが、ぼくにとっては両方とも最も大切な店で、「代一元」が6月末、「たきもと」の方はこの7月末でジエンドなのである。

 6月閉店の代一元は、ぼくの育った街、高円寺を代表するする街ラーメン店で、確か昭和25年創業の筈なので70年近い歴史を刻むお店(玉袋筋太郎がTVで閉店を嘆いたとも聞く...)。ぼくらの時代は本当に貧しい頃だったので、ほとんどの子供は外食なども出来ず、特にうちの親父は一切外食拒否の人。それだけに子供の頃は1年1度ほどのデパート食堂での会食位しか記憶が無く、お袋に連れられて初めてラーメンを食べたのがこの「代一元」。ここのラーメンは中央線界隈でも評判だっただけに、最初食べた時にはこんな旨いものが...とびっくり、それ以来親父に内緒でお袋や姉貴に連れて行って貰った。まさに少年時代のぼくのデリシャスフード(最初に入ったのは小学4年生の時)だった。
 それ以来中・高校、大学、局員になってからもここにはよく通ったし、高円寺を離れてからもわざわざ駅で降りて、ここのラーメンを食べたものだった。店員も数多く変わったが、その変遷も懐かしい。お勧めは1年中ある「冷やし中華」。独特のタレが絶品で、年間を通して冷やしがある店は、当時東京でも数少なかった筈。この冷やし中華に関して言えば不二夫ちゃん(赤塚不二夫)とNHKにいた滝大作氏がメインのお笑い集団「面白グループ(筒井康隆、タモリや山下洋輔、所ジョージ、山本監督等多彩な面々が集まっていた)」が、一時冷やし中華をはやらせようと「全冷中連(全国冷やし中華推進連盟)」なるお遊び集団をぶち上げた時に、代一元高円寺店を推薦してくれるように不二夫ちゃんに頼んだのだが、一部のメンバーの反対により惜しくも落選してしまったことがある。あの時に推薦を取れれば、全国一の冷やし有名店になった筈だったが、まことに惜しいことをしたもの。
 
70年近い歴史を閉じるそのニュースを息子に教えられ、わざわざ閉店2日前に店を訪れてみたのだが、何時もは見られない行列が出来ており、入店にも時間がかかるほど超満員、親父さんとはほとんど口もきけず、最後に少し声を交わして店を離れた。冷やし中華の大盛」をもう二度と食べられないと思うと、いささか感傷的になりましたし、本当に腹に沁みました。

 
一方新橋の割烹居酒屋「たきもと」は、烏森神社のすぐ脇の飲み屋街の一角にある店で、ここの女将~杉野さんは日本短波放送時代の先輩で、局時代には現場庶務のような仕事を担当していた。本当に入社以降お世話になった人で、「全てを幼稚園の砂場から学んだ」等と言う人生本があったと思うが、その伝で行くと会社員として「ほぼ全てを杉野さんに教わった」と記してもいいほど、色々と会社員としてのイロハを教わった気がする。
 制作部員新入歓迎コンパで、予科練上がりの先輩にビール瓶で殴られるなどの手荒い歓迎を受けた小生意気だったぼくを、どうしたら組織に受け入れられるかなど良く忠告してくれたが、余りそれらを受け入れることなく今まで来てしまった感もある。まあ彼女はぼくにとって色々と人生の良き先達でもあった。なりよりこの店で素晴らしいのは、彼女のお袋さんは新橋界隈ではよく知られた芸者さん上がり。数多くの芸者さんにお茶やお花、三味線などの習い事を教える師匠格でもあったゴッドマザーで、知的で美形、話をするのも実に愉しかった。その関係もあって会社を辞めた後、彼女はお店を始めたのだろうが、余り接客業に向いているとは言えない人だったと思う。しかし40年近く良く継続したものだとほとほと感心する。ぼくのご贔屓のお袋さんが亡くなってからは、ここの板前と合わない為(知り合いの多くはそれが原因でここから離れてしまった...)、余り店に顔を出すことも少なくなってしまったが、新橋の会合の後などはなるべく立ち寄る様にはしていたのだが...、まさかこの7月で店じまいとは...、残念としか言いようがない。あと数回は顔を見せることにして、しみじみと懐かしきあの日々を振り返りつつ偲ぼうと思う。


 「代一元」と「たきもと」。いつもでも心に残り、ぼくにとっての人生の大きな位置を占める、本当の銘店なのである。


【今週の番組ゲスト:株式会社88代表の伊藤妙子さん】
今年で第8回開催の「軽井沢ジャズフェスティバル」が、7月27日(土)、軽井沢大賀ホールで開催されます。
http://eighty-eight.jp/

M1「Niagara Shuffle /  Yoichi Kobayashi & J Messengers」
M2「Que Sera, Sera / ジュディオング」
M3「Round Midnight / Marlena Shaw」
M4「Beautiful Love / Kenny Barron」


7月13日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [「テイスト・オブ・ジャズ」プログラム情報]
2019/07/12(金) 19:00

「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週土曜日18:00-18:30(本放送)ほか、土曜曜22:00~、日曜23:00~で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.470~雨の日々】

  いまこの原稿をものしている7月初旬の某日、雨こそ落ちていないがどんよりとした曇り空で、ここ数日は青空も殆ど臨めない。TVのニュース番組によると、日照時間は平年の10分の1ほどだそうで、梅雨の行き過ぎと言った感もあるが、これも安倍政権のごり押し感と政権末期の閉塞感を如実に写し取ったものなのかも知れない。
 
 まあそんな話はさておき、この雨と言う言葉、音楽(曲)の世界ではそれなりにテーマになり易いもので、この手の代表曲と言えば、ミュージカル映画「雨に唄えば(シンギン・イン・ザ・レイン)」の主題歌。名匠スタンリー・ドネンが監督、踊る大スター、ジーン・ケリーが主演した1953年のミュージカル映画の傑作(No1と言った評価も高い)で、ジーン・ケリーがこの曲を歌いながら優雅にタップを踏む場面は、後年ヒット映画「ザッツ・エンターテインメント」でも象徴的に使われ、改めてその素晴らしさがクローズアップされたものだった。ただこの曲はジャズとしては使われていないようである。
 
 この他に雨をタイトルにした有名曲としては、カーペンターズのヒットで知られる「雨の日と日曜日」がある。ロジャー・ニコルス&ポール・ウイリアムスのヒットコンビが書いたナンバーだが、雨の日の憂鬱さが上手く描かれたこれも銘品と言える。カーペンターズと言えばカレン&リチャードの兄妹コンビとして、数多くのヒットを放った不世出のボーカルデュオだが、元々はもう一人の友人を入れたジャズピアノトリオとしてデビューした事実は、意外と知られていない。このトリオは、ジャズコンテストなどでも優勝したこともある結構な実力派だったようで、夭折したカレンはドラムスの担当だったと言う。そんな関係もあってか、カーペンターズのヒットチューンは良くジャズシンガーたちも取り上げているが、代表的なものは現代ギターの頂点、パット・メセニーがテクニカルに弾くこの曲だろう。
 
 ところで雨にまつわるスタンダードナンバーとしては、やはり「カム・レイン・オア・カム・サンシャイン(降っても晴れても)」になる。これもミュージカル主題歌だが、恋する心を唄い上げたバラードで、多くのシンガーがこぞって取り上げる銘品。サラ・ボーン、アニタ・アデイ、そしてエラ・フィッツジェラルド等々大姉御達の名唱も数多い。演奏ものではビル・エバンスとキース・ジャレット・スタンダード・トリオと言う、ジャズトリオの極致によるものがベスト。雨とジャズに関して言えば、極めつけのアルバムは美人シンガー、スー・レイニーの歌う『雨の日のジャズ』だと思う。自身の名前もレイニー(雨が多い、雨がち)だけに、上記のアルバムを企画したのだろうが、まずジャケットが素晴らしく、美人のレイニーが優雅に座るその姿に魅了され、その歌声で更に魅了度が高まると言ったジャズボーカルの名盤(1960年)。ビリー・メイ楽団をバックにした彼女の歌唱は、白人らしい優雅さと知的な香りを湛えたものだが、全12曲のうち雨関連ナンバーは5曲ほど。中でも有名なのは「セプテンバー・イン・ザ・レイン」。英国出身の盲目のジャズ・ピアニスト、ジョージ・シアリングの演奏で大ヒットしたナンバーで、このアルバムでもハイライトとなっている。それにしてもスー・レイニーの素晴らしさは抜群だ。

 憂鬱なレイニーシーズンだが、こういう時に「ジャズと雨」のテーマで、上記の様な幾つかの名唱や名演を探ってみるのも、この時期ならではの愉しみかも知れない...。

【今週の番組ゲスト:ミュンヘン在住のドラマー 福盛進也さん】
昨年ECMレーベルからリリースされた1stアルバム『For 2 Akis』から4曲お送りしました。
M1For 2 Akis
M2Ai San San
M3Spectacular
M4Hoshi Meguri No Uta


7月6日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [「テイスト・オブ・ジャズ」プログラム情報]
2019/07/05(金) 19:00
「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週土曜日18:00-18:30(本放送)ほか、土曜曜22:00~、日曜23:00~で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.469~最強ブルースバンド登場】

 我が「テイスト・オブ・ジャズ」はジャズ番組だけに、登場するゲストは当然のこととしてジャズプレーヤーやシンガーがほとんどだが、ぼくの趣向も映してクラシックやラテン、ポップス、ワールドミュージック、はたまた邦楽プレーヤーなども良く顔を出すが、ただブルースだけはこれまでも顔を見せたことが無い。それだけにこの分野から誰かを...等と考えていたのだが、なんと運のいいことに最高のジャンプブルースバンドにして、コミックバンドでもある「吾妻光良&スイングバッパーズ」が創立40年を記念し、新作『スケジュールド・バイ・バジェット』を出すと言う。これは絶好の機会と言うことで、リーダーの吾妻氏と宣伝マンの渡辺康蔵氏に番組に登場、40年の日々を...そしてこれからの展開などを率直に語ってもらうことした。

 このおもしろジャンプブルースバンドは、元々早稲田大理工学部ブルース好きな学生が始めたもので、それ以来40年間全員リーサラ生活(サラリーマン生活)を続けながら、セミプロバンドとしても活動を展開して来た、涙ぐましい経歴の世界的バンドなのである。リーダーの吾妻氏は某有名TV局の技術系局長さんを務められており、定年後も技術関係の会社を立ち上げ現役で働いていると言うご仁。バンドはフルバンドとも言える12人編成の大所帯で会社員ばかり。結構マスコミ業界人が多く、昔からの知り合いもいる。

 その筆頭が創設メンバーの一人でバンドの広報マン、渡辺康蔵くん。くんなどと書いたのは彼は我が早大ジャズ研の後輩、某レコード会社のディレクターで去年までOB会の会長も務めていたご仁。番組にも良く新人などを連れて登場する有名人でもある。そしてもう一人創設メンバーの牧氏は、吉祥寺のタウン誌の編集長を務めていたことがあり、その時吉祥寺のタウンイベントでよくお世話になった古くからの知り合い。吾妻氏とは今回の収録が正式には初顔合わせだが、昔から新橋のブルース飲み屋の常連で、局の若いのもそこの常連。彼に連れられて店に行くと、何時もぐでんぐでんに酔っぱらっているのが吾妻氏で、挨拶は何回か交わしているのだが、昼日中には面識なし...と言う不思議な関係だった。今回正式に知り合え収録後は虎ノ門の銘店「升本」に流れ、かなり楽しい酒席を共に出来た。


 新作は彼らならではの愉しくもブルースの魂も横溢した素敵な作品だが、もう定年を迎えたメンバーがほとんどなので時間的なゆとりも出来たらしく、お店でのライブやジャズフェス、TV出演などと精力的にバンド仕事をこなしており、夏のフェス出演も幾つかあると言う元気振り。番組での2人の息の合ったやり取りも抜群の面白さ。素面の吾妻氏は技術屋らしくかなり権限実直なサラリーマンなのだが、夜になると一変ぐでんぐでんの締まりないバンドマンに落ち込んでしまう。この見事なまでのギャップも、良いブルースを生む要因(?)なのだろうと想像できる。何時までもお元気で...、吾妻ちゃん。そしてリーダーを始め康蔵君やバンドの面々、死ぬまでブルースで突っ走ってくれたまえ。

【今週の番組ゲスト:「吾妻光良 & the swinging boppers」のリーダー吾妻光良さんとA.Sax &ボーカル担当の渡辺康蔵さん】

 

結成40周年を記念した最新作

Scheduled by the Budget』から3

バンドに縁のある1曲をお送りします。

 

M1「ご機嫌目盛」

M2Baby Take it Easy / Clarence " Gatemouth" Brown

M3Misty

M4「でっすよねー」