6月10日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [「テイスト・オブ・ジャズ」プログラム情報] [テイスト・オブ・ジャズ]
2017/06/09(金) 19:00

テイスト・オブ・ジャズ」は毎週土曜日18:00-18:30(本放送)ほか、各曜日で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.361~大御所いまだ健在】

 我が「テイスト・オブ・ジャズ」も既にスタート以来50有余年、これまでにも再三書いてきたが日本のいや世界中に於いても、最長のジャズ番組の一つであることは間違いない。半世紀を超える長期継続のジャズ番組だけに、日本のジャズメンで一応名の通っている人達の中で、サダオさん(渡辺貞夫)とひろみ(上原ひろみ)以外は、一度はスタジオに遊びに来たことがある...などと(サダオさんはジャズ特番を2度ほど制作しているが...)、人から聞かれると自慢げに答えることにしているが、これはいささかオーバーな説明で、番組にゲスト出演していない大御所も数人はいる。今でこそ誰でもかなり気安く番組出演を頼んでいるが(ノーギャラにも関わらず...)、今は亡き木全信氏から番組を受け継いだ20代の頃は、そんな条件で出演などを頼めるはずも無く、その頃ジャズシーンのメインだったジャズメンの方達(今生き残っている人は大分少なくなってしまった...)、その中には番組に登場してもらっていない方もいる。その中でも長い間実力・人気共にトップを保ち続けていたジャズ界伝説の人、それがジャズクラリネットの大御所、北村英治さんである。

 終戦時には中学生で軍国青年、チャキチャキの江戸っ子だった英治さんは、終戦後すぐにジャズに魅せられ、慶応大の学生時代からプロとして活躍(忙しくて大学は中退)、当時大人気のジャズ(スイングジャズ)の若手注目株として大活躍、その後は来日したスイング王ベニー・グッドマンやピアニスト、テディー・ウイルソンなどの大物達とも共演、J-ジャズの代表格として自他共に認める存在となり、87才(!)になった今なおバリバリの現役として健在。まさにJ-ジャズの生き証人=ジャズレジェンドである。英治さんはいかにも慶応ボーイらしい洒脱なジャズメンで、多くの若手・中堅から尊敬されており、一度は是非スタジオに...と思いつつこれ迄その機会がなかった。それがひょんなことから番組登場と言うことになったのだ。

 そのきっかけを作ってくれたのがラジオ日経の営業部員のYくん。「小西さんこんな本ありますけど読みます...」と持ってきてくれたのが、アスコムと言う出版社から出ている北村英治さんの「懐かしのジャズ名曲CDブック」。サブタイトルに「昭和の思い出が蘇る」とあり、英治さんが自身のこれまでの歩みなどを語り下ろしており、それに「メモリーズ・オブ・ユー」など英治さんの名演12曲がCDとして付いている興味深い内容。本体は語り下ろしなので直ぐに読めてしまい、立川談志師匠や俳優の藤岡琢也さんなどの親しい友人達、グッドマンウイルソン、そしてモダンジャズクラリネットの第一人者バディー・フランコと言ったジャズ名士達との想い出など、渡されてすぐに読み切ってしまったほど。特に長年のジャズ交友で知られる故巨泉さん(大橋巨泉)との付き合いの話は面白かった。せっかくこんな本が出されているので...と思い、これはいい機会でもあるのでY君に付き合いのある出版社経由で番組出演を依頼、二つ返事でご快諾を頂き、思いかけずにゲスト出演と言う運びになった。

 スタジオ収録は夜の8時ごろからだったが、相変わらずダンディーで飄々としてスタジオに現れ、至ってご機嫌もよろしい様子。相手役の山本郁嬢もその素敵な紳士振りに感激しきり。付録のCDから4曲を選び、自身の経歴、選ばれた曲の録音時の話やグッドマンなどとの付き合い、そして最近最も親しくしているというテナーサックスの名手、スコット・ハミルトン、最も印象に残っている年下の友人、巨泉さんとの交友録等など、実に愉しげに語りつくして頂き、あっという間に収録時間の30分が経ってしまった。さすがにJ-ジャズのレジェンド、素晴らしい人でした。収録が終わりまた是非スタジオに来てくださいと頼むと「喜んで...」と。これは再度お願いしないと...と言う気持ちを固めた次第です。

 なおこの英治さんの素敵なCDブック(アスコム/1500円)、リスナーの方達にもプレゼントしてくれることになりました。宛先は〒105-8565 港区虎ノ門1-2-8虎の門琴平タワー 日経ラジオ社「テイスト・オブ・ジャズ」プレゼント係、またはプレゼント応募フォームよりお申込ください。。番組感想やゲスト登場して欲しい人なども書いてお送りください。6月末まで受け付けています。ご応募お待ちしています。5月に行ったジャズボーカルコレクションプレゼント(本とトートバック)にも多くの方達からご応募頂き、まことに有難うございました。以上番組からのお知らせでした。

 【今週の番組ゲスト:クラリネット奏者の北村英治さん】
「なつかしのジャズ名曲CDブック」から
M1
「恋人よ我に帰れ」
M2
「身も心も」
M3
「イースト・オブ・ザ・サン(浮世離れて)」
M4
A列車で行こう」