9月22日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [テイスト・オブ・ジャズ]
2018/09/21(金) 19:00 番組スタッフ
「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週土曜日18:00-18:30(本放送)ほか、土曜曜22:00~、日曜22:30~で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.428~ラグビーシーズン到来】

 9月になるといよいよ待望のラグビーシーズンの到来となる。以前は9月からがラグビー開始と決まっていたのだが、日本チーム「サンウルブス」がスーパーリーグに参戦して以来、1年中大きな試合があると言うことで、いささかラグビー特有の緊張感や季節感も薄れてしまったが、来年のワールドカップ開催なども含めこの秋からのトップリーグ、大学など見るべき所も多々あり、今年は様々な意味合いで目が離せない。特にトップリーグでは人気・実力ともに抜群な海外選手も来日、人気を盛り上がりつつある。その代表格が神戸製鋼に加わったSO(スタンドオフ)のダン・カーター。あの「オール・ブラックス」で史上最高のSOと謳われ、最高得点を挙げている彼の新参加は、日本のラグビーファンにとってもこの上ないプレゼントとなっている。彼は神鋼の最初の試合には、コンディションの関係などもあり顔を出さなかったが、先週の現チャンピオン・サントリーとの試合は、初登場と言うこともあり、秩父宮競技場もファンで溢れかえった。ぼく自身は都合で競技場には行けずTV観戦となったが、やはりかれの匠技に魅了された。その試合は彼の活躍や、これもワラビーズ(オーストラリアの代表チーム名)代表する名センター、アダム・アシュリー・クーパーの好フォローなどもあり、戦前の予想を覆し(?)神鋼の勝利となり満員のファンを喜ばせたのだった。ラグビーは15人のコラボレーション競技とも言われるが、やはり大事なのは個人のスキルだと言うことを痛感させられた。まあこれからサントリー、パナソニック、ヤマハ、トヨタそして神鋼と言った、強豪達の競い合いはますます激化,愉しみも益々増えると言うもの。

 
しかしそんなトップリーグ以上に僕の関心は、もっぱら我が早稲田大ラグビー部の動向。今年100周年という節目の年を迎える早稲田ラグビー部、菅平での夏合宿の練習試合は2試合を観戦、特にこの所相手にならなかった帝京大に完勝した練習試合は、涙がちょちょ切れるような素晴らしいもので本当に感激、秋の本格シーズンの到来が待ちかねると言う、ここ数年は無かった興奮状態にさせてくれた。

 
今や大学随一とも言われる豪華なバックス陣(1年生が数名いる)を擁した早稲田ラグビー部の初戦、対抗戦全体の初ゲームともなり今年の大学ラグビー全体をも占う大事な試合。相手は強豪の筑波大で、今年の早稲田の動向、特に大学選手権で正月を越せるかはこの試合に掛っているとも言われるだけに、埼玉県三郷のセナリオハウスフィールドまで、一苦労ながらも出掛けることにし、この三郷近くの松戸在住の友人を呼び出し車で競技場まで向かう。
 聞きしに勝る田舎のグランドで客席などはほんのお飾り程度だが、まあそこは我慢するしかない。帝京大に勝った早稲田、帝京に次ぐ力を有すると言う評判の天理大を破った筑波と、下馬評は五分々。ぼくの見立てではフォワード陣がそれなりに対抗出来れば、早稲田有利と見たがそう簡単では無いのは当然のこと。10メートル近い強風の中での試合開始、試合前のアップから早稲田の方が充実感があったが、試合もその通りの展開で開始3~4分、あっけなく早稲田の快速ウイング古賀選手がゴールラインに駆け込む会心の滑り出し。その後も終始筑波を圧倒、前半でリードを奪うと後半は古賀、桑山、中野と言った大学有数のバックス陣が大活躍。中でも大学生で唯一人ジャパンに選出されたHB(ハーフ)の斎藤選手、そしてコンビのSO岸岡選手のリードも素晴らしく、危なげ無い試合展開で50点超えと言う出来過ぎとも言える快勝だった。今年は大いに期待出来ると一安心、行ける範囲で早稲田の試合は見に行こうと決め会場を後にし、松戸の居酒屋で祝杯を挙げた。実に気持ち良い一日で、よって今週はジャズ関連話は無しです。


【今週の番組ゲスト:横濱ジャズプロムナードプロデューサー 柴田浩一さん、トランペッター 中村恵介さん

10月6日(土)・7日(日)開催

26回横濱ジャズプロムナードhttp://jazzpro.jp/ についてお話しいただきました。
M1Rockin' In Rhythm / Orquesta Libre Suga Dairo RON×II
M2Speed Harassment Keisuke NakamuraHUMADOPE』」

M3Oracle / Keisuke NakamuraHUMADOPE』」

M4Two Bass Hit / Four Colors

M5 Festacom Amor / Banda Mandacarinho










































コメント