7月6日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [テイスト・オブ・ジャズ]
2019/07/05(金) 19:00 番組スタッフ
「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週土曜日18:00-18:30(本放送)ほか、土曜曜22:00~、日曜23:00~で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.469~最強ブルースバンド登場】

 我が「テイスト・オブ・ジャズ」はジャズ番組だけに、登場するゲストは当然のこととしてジャズプレーヤーやシンガーがほとんどだが、ぼくの趣向も映してクラシックやラテン、ポップス、ワールドミュージック、はたまた邦楽プレーヤーなども良く顔を出すが、ただブルースだけはこれまでも顔を見せたことが無い。それだけにこの分野から誰かを...等と考えていたのだが、なんと運のいいことに最高のジャンプブルースバンドにして、コミックバンドでもある「吾妻光良&スイングバッパーズ」が創立40年を記念し、新作『スケジュールド・バイ・バジェット』を出すと言う。これは絶好の機会と言うことで、リーダーの吾妻氏と宣伝マンの渡辺康蔵氏に番組に登場、40年の日々を...そしてこれからの展開などを率直に語ってもらうことした。

 このおもしろジャンプブルースバンドは、元々早稲田大理工学部ブルース好きな学生が始めたもので、それ以来40年間全員リーサラ生活(サラリーマン生活)を続けながら、セミプロバンドとしても活動を展開して来た、涙ぐましい経歴の世界的バンドなのである。リーダーの吾妻氏は某有名TV局の技術系局長さんを務められており、定年後も技術関係の会社を立ち上げ現役で働いていると言うご仁。バンドはフルバンドとも言える12人編成の大所帯で会社員ばかり。結構マスコミ業界人が多く、昔からの知り合いもいる。

 その筆頭が創設メンバーの一人でバンドの広報マン、渡辺康蔵くん。くんなどと書いたのは彼は我が早大ジャズ研の後輩、某レコード会社のディレクターで去年までOB会の会長も務めていたご仁。番組にも良く新人などを連れて登場する有名人でもある。そしてもう一人創設メンバーの牧氏は、吉祥寺のタウン誌の編集長を務めていたことがあり、その時吉祥寺のタウンイベントでよくお世話になった古くからの知り合い。吾妻氏とは今回の収録が正式には初顔合わせだが、昔から新橋のブルース飲み屋の常連で、局の若いのもそこの常連。彼に連れられて店に行くと、何時もぐでんぐでんに酔っぱらっているのが吾妻氏で、挨拶は何回か交わしているのだが、昼日中には面識なし...と言う不思議な関係だった。今回正式に知り合え収録後は虎ノ門の銘店「升本」に流れ、かなり楽しい酒席を共に出来た。


 新作は彼らならではの愉しくもブルースの魂も横溢した素敵な作品だが、もう定年を迎えたメンバーがほとんどなので時間的なゆとりも出来たらしく、お店でのライブやジャズフェス、TV出演などと精力的にバンド仕事をこなしており、夏のフェス出演も幾つかあると言う元気振り。番組での2人の息の合ったやり取りも抜群の面白さ。素面の吾妻氏は技術屋らしくかなり権限実直なサラリーマンなのだが、夜になると一変ぐでんぐでんの締まりないバンドマンに落ち込んでしまう。この見事なまでのギャップも、良いブルースを生む要因(?)なのだろうと想像できる。何時までもお元気で...、吾妻ちゃん。そしてリーダーを始め康蔵君やバンドの面々、死ぬまでブルースで突っ走ってくれたまえ。

【今週の番組ゲスト:「吾妻光良 & the swinging boppers」のリーダー吾妻光良さんとA.Sax &ボーカル担当の渡辺康蔵さん】

 

結成40周年を記念した最新作

Scheduled by the Budget』から3

バンドに縁のある1曲をお送りします。

 

M1「ご機嫌目盛」

M2Baby Take it Easy / Clarence " Gatemouth" Brown

M3Misty

M4「でっすよねー」


コメント