7月21日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [テイスト・オブ・ジャズ]
2018/07/20(金) 19:00 番組スタッフ
「テイスト・オブ・ジャズ」は毎週土曜日18:00-18:30(本放送)ほか、土曜曜22:00~、日曜22:30~で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.420~軽井沢ジャズフェス】

  今年もまたこの季節がやって来た。サマー(=夏)音楽フェスの季節である。かつてならば夏=ジャズフェスの季節などと宣うものだが、今はそんなことも言えない。ジャズという単語を音楽に変えないと...などと邪念が働いてしまう。実際のところロックフェスは入場者、登場ミュージシャンなど隆盛を極めているが、ことジャズフェスはかつての山中湖、斑尾、田園コロシアムなど大型のフェスはことごとく潰えてしまい、僅かにNHKが主催する「東京ジャズフェス」くらいになってしまい、全く寂しい限りである。これにはジャズフェスの主催者達が本来の入場料収入で勝負するのではなく、広告代理店などと組みスポンサー探しに熱中、フェス開催前にすでに収益の損益分岐点を超える...と言った姑息な考えが続いてきたからではと...ぼくは密かに考えており、ジャズの衰退も相俟って観客動員を第一に考えるロックフェスに、ジャズフェスが大きく水を上げられてしまっている...とも言えそうなのだ。

 
しかしそうはいっても日本全国ではまだまだ頑張っているジャズフェスもあり、その筆頭格が7月最後の土曜日、28日に軽井沢を象徴する音楽ホール、大賀ホールで行われる「軽井沢ジャズフェスティバル」言うことになる。40年以上の付き合いもあった今は亡きジャズプロデューサー伊藤八十八氏。彼がアメリカを代表するリゾート地、ニューポートで行われて来た有名なニューポートジャズフェスの日本版を目指し、企画実施したこのジャズフェス、その彼があっけなく逝ってしまい、奥さんの妙子さんがプロデュース役で継続してはや3年目。伊藤氏との繋がりや軽井沢と言うぼくの第2の故郷への恩返しと言う意味合いもあり、これまでも出来ることは協力して来たのだが、特にヤソさん(伊藤氏)亡き後のフェスは啓友・高平哲郎氏が構成・演出を担当、昨年からは司会もサックス奏者の誠一ちゃん(中村誠一)に変わったことなどもあり、今回もどうしても更なる協力を...と言うことで番組でもPRに務め、今年もまた妙子さんとスペシャルゲストに来てもらって、フェスの全貌紹介を行うことにした。

 
今回登場してくれたスペシャルゲスト、それは人気フュージョンギタリストにして数多くの歌手たちのプロデュースも担当している鳥山雄司氏。あのTV番組「世界遺産」のテーマ曲を作ったことでも知られる才人で、故伊藤氏との繋がりで今回初めて軽井沢のステージに立つことになった。我がジャズ番組にも初登場なのである。その彼、フェスではフュージョン仲間のキーボード奏者、和泉宏隆とのデュオで演奏を展開してくれるようだが、番組でも軽井沢フェスに出れる喜び、フェスへの期待などを率直に語ってくれている。また今回のフェスの目玉は、アストル・ピアソラ亡き後のモダンタンゴ界を一身に背負っている感も強い、バンドネオンの名匠パブロ・シーグレルの登場。彼は日本のタンゴ関連ミュージシャンとの共演ステージを行う予定だが、その圧倒的な演奏は多くのファンに感銘を与えるに違いない。

 
その他司会役の誠一ちゃんは、もうこのフェスでお馴染みのNY在住の若い女性サックス奏者、寺久保エリナとツインサックスユニットで登場、若い彼女を相手に彼がどんな力演を聴かせてくれるか、古くからの友人として大いに楽しみでもある。また妙子さんが大好きだと言うハーモニカ奏者の西脇辰弥氏や異色な所では台湾のジャズバイオリン奏者ダフニ・スーも顔を見せてくれる。どれも今までとは一味違った演奏で愉しめるはずである。

 
この原稿をものしている時点ではまだ暑い東京。はるか追分の山荘を思いつつ毎日を過ごしている訳だが、あと数日で現地入り。今年は大賀ホールでのリハーサルの様子も覗いてみようと思っている。さあ後数日ここは出来るだけ頑張らなくては...。そして来週からは昨年同様「追分通信」をお送りします。

【今週の番組ゲスト:軽井沢ジャズフェスティバル
プロデューサーの伊藤妙子さんとギタリストで音楽プロデューサーの鳥山雄司さん
http://eighty-eight.jp/news/388

M1「The Song of Life(世界遺産テーマ曲)/ 鳥山雄司」
M2「An Evening Calm / 鳥山雄司」
M3「 La rayuela(石蹴り遊び) / Pablo Ziegler」
M4「Summer Time  / Kenny Barron」















image1.jpeg


コメント