6月16日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [テイスト・オブ・ジャズ]
2022/06/16(木) 19:00 番組スタッフ

「テイスト・オブ・ジャズ」は、毎週木曜22:30~23:00(本放送)と金曜18:30~19:00(再放送)で放送中。番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.631~スーパーマーケット戦国時代~】

  今うちでは食べものなど日常の買い物はもっぱらスーパーマーケットで行い、若い連中には必須とも便利だとも言われるコンビニなどに立ち寄ることは余り無い。一つにはコンビニが品揃えも少なく、見ていて面白みに欠けること、更には値段もいささか高めなどと言うこともあるが、何よりコンビニそのものが余り好きでは無い...と言うのが大きい。

 スーパーマーケットと言えば、成城石井や紀伊国屋、そしてクイーンズ伊勢丹など、高級スーパーの名前がまず思い浮かぶが、これらの店舗は我が街国立やお隣の立川の街にも群がっている。しかし値段が高めで敬遠することも多い。ぼく自身の身の丈に合っており利用頻度が高いのは、かつての勢いこそないものの、なんといっても安価な商品が多く揃い、朝早くから夜遅くまで開いており、国立駅からもほど近い、ある意味良いことずくめの西友国立店になる。全国の西友の中では抜群の集客力を誇り、一時は西友の中でも売り上げトップになったこともあるようだ。
 まあ高級スーパーは別として、この西友のほかにも今は庶民派スーパーも乱立、正にスーパー戦国時代だが、ある日TVのニュース番組を見ていたら、かつて三越デパートが入っていたあの高級を絵に描いたような、恵比寿ガーデンプレイスの三越の空き店舗に、スーパーのライフが入りその開店時が大賑わいだと言う光景が映し出されていた。ライフは今や全国のスーパーマーケットの売り上げ第1位だと言うことで、どうやらその勢いのままこの高級地所に出店したようである。結構スーパーマーケット好きで色々な店を覗いているつもりだったが、このライフは多摩地区には3店舗ほどだけなので、ぼくの中では全くの無印的存在だった。そのライフが三越にとって代わる、やはり時代の流れである。
 
 スーパーの代表格の一つライフは、ぼくにとって余り馴染みの無かったが、今はOKとかサミットやヤオコーと言った新興スーパー(?)に加え、業務スーパー、ドン・キホーテ(前身名が「泥棒市場」だったのは驚きだが...)などと言った、専門スーパーなどもぐいぐい伸してきている情勢である。
 面白いことには我が家から歩いて10数分、五日市街道沿いの立川市と国分寺市、小金井市の3市の境界地の辺りに、なんと数百メートルほどの距離を置いて、OKとヤオコー、2つの勢いのあるスーパーが並存しているのである。2年ほど前に誕生したOK(こちらは安売りをキャッチにしている)が殴り込みをかけた形だが、それ以前にはヤオコーが新規開店して既存のスーパーを追い払ってしまい、この地でスーパー戦争が勃発、後発店が既存店を追い払う形になっている。現在両立の各店舗が、これからどんな決着を迎えるのかはしかとはしないが...、こちらは安くて良い商品を求め、両方を比べて行き来すればいいので、中々にその争い興味深いもの。その上なにかとお得な点も少なくない。だが両店舗の関係者はかなり大変なことだろうし、その戦争に弱音を見せる訳にもいかないだろう。担当者の苦労は察して余りある。
 
 ではお前のお勧めスーパーはと聞かれれば、直ぐに挙げるのが高級感と庶民感覚が見事にマッチした、長野県の東信地域随一のスーパーであるツルヤと言うことになる。日本随一の避暑地である軽井沢に大店舗を構えているだけに、高級品の品揃え(ワインの数などは凄い)も抜群。しかし決して高級さだけでは無く、品物の豊富さと安さも兼ね備ており、日本を代表する出色なスーパーだとぼくは信じている。皆様にも一度ツルヤを覗いてみることをお勧めしたいが、残念ながら東信地域にしか店舗が無い。しかしこうした特色あるスーパーは、全国各地にまだまだ色々とある筈で、それらを訪ね歩くのもかなり面白いかも知れない。しかしチャンジー(爺さん)のぼくには、そうした元気さなど今は望むべくも無いのですが...。


【今週の番組ゲスト:Eight Islands Recordsのレーベルプロデューサー 八島敦子さん レーベルディレクターのディスクユニオン 坂本涼子さん】
M1「BAYATI SHIRAZ / SHAHIN NOVRASLI」『BAYATI』より
M2「See Ya (Broken Break) / BOB JAMES & SAM FRANZ」『2080』
M3「Atsuko's Arcade / BOB JAMES & SAM FRANZ」『2080』
M4「Spain / MIKA STOLTZMAN』『Spirit of Chick Corea』

コメント