1月28日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [テイスト・オブ・ジャズ]
2021/01/28(木) 19:00 番組スタッフ
テイスト・オブ・ジャズ」は、毎週木曜22:30~23:00(本放送)と金曜18:30~19:00(再放送)で放送中。番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.550~バイデン新大統領

 とうとうトランプがアメリカ大統領と言う大舞台から消え去り、バイデンが新大統領に就任した。この4年間の大国アメリカは、トランプの為に極端な分断に悩まされ続け、ぼくの知るアメリカの友人達(現地に長くいる日本人も含め)は、ミュージシャンや会計士、大学教授等々、所謂インテレクチュアルな人達は、その殆んどは異口同音にただただトランプが消え去ることだけを望んでいたようだった。彼らは選挙で当然バイデンに一票を投じた訳だが、総じてバイデンでなくても誰でもいい、ただトランプでさえなければ...と語っていたのが印象的だった。一方トランプ支持派は、彼が悪と戦う正義のヒーローで、彼の語ることは絶対に正しいのだと信じ、そうした行動を起こす人達もかなりな数だった。そのほとんどが白人でその中の過激な面々が前代未聞の議事堂突入などを行ったのだった。
 ぼく自身は常日頃からチャンジー・ボーイ(好奇心旺盛な若ぶった爺さん)だと思っているが、ぼくよりも4、5歳上のバイデンが、この極端に分断化された難局アメリカの舵取りを任されたとは、自身で決めたこととは言え、その大変さはどれほどのものだろうか...。まあその舵取りが上手くいくことを願っているし、そうでなければアメリカのみならずこの世界全体がどうなってしまうのか...。

 日本のTV局なども、こぞって今回のこの大統領就任式の模様を伝えていたが、某番組に登場したゲストコメンテーターの小西克哉氏が、皮肉交じりに語っていたのは、新大統領のバイデンの宣誓演説よりも、勝手に退任式を行い得々と自慢話を語り散らしたトランプの演説の方に力点を置いて紹介する...と言った倒錯した制作方針だった。これは至極正論で流石に最も信頼のおける小西克哉氏ならではの指摘だった。まあこれにはトランプの日本での不思議な人気も影響しているかも知れないが、ぼくの周りにもバイデンの当選は不正な陰謀の結果で、いつかは正義が...などと宣うトランプ信者が少なくない。ジャズ関係者の中にすらそういう輩がいるのには、人は好き好きだと言っても本当に驚かされてしまう。

 大統領就任式について言えば、圧巻はレディー・ガガの国歌独唱だった。彼女の存在は当然良く知っているし、あの大物トニー・ベネットのデュオ歌唱盤で、その素晴らしい力量も知っているつもりだったが、この国歌独唱には素直に感動した。ずっと真摯なトランプ批判を展開していた彼女だけに、その万感の思いが込められた独唱だっただけに、多くの人達を感動させたに違いない。続いて登場した女優&シンガーのジェニファーロペスの歌も良かった。

 4年前のトランプ就任の時には、良識ある歌手がそっぽを向け、名前の知らないカントリーシンガーが祝福の歌唱を披露していたが、あの式典とは大違い。ハリウッドが総すかんのトランプに変わっての期待の老星バイデン。アメリカのポップカルチャーは、彼の登場でまたまた新たな飛躍のステージに突入する...こと間違いなしを予感させるに充分な良い式典だったと思う。まさに「アメリカ・ザ・ビューティー」である。

【今週の番組ゲスト:JazzEMP事務局長の荒井尚文さん トランぺッターの原朋直さん】
M1Cosmic Microcosm / 原 朋直グループ」
M2Little Bird Bluse / 小曽根真 feauturing No Name Horses
M3Goldfishdropping / 浅利史花」
M4Deep Sea / 原朋直グループ」


コメント