12月10日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [テイスト・オブ・ジャズ]
2020/12/10(木) 19:00 番組スタッフ
テイスト・オブ・ジャズ」は、毎週木曜22:30~23:00(本放送)と金曜18:30~19:00(再放送)で放送中。番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.543~ガンバレ海野雅威くん

  今年の10月末、新聞各紙の夕刊に痛ましいニュースが小さく載った。「NYの第一線で活躍中のジャズピアニスト海野雅威氏が、地下鉄の駅で暴漢に襲われ病院に運ばれたが、かなりな重傷で手術は成功したものの、今後その演奏活動が続けられるかははっきりしない...」という内容。そのニュースぼくは見逃していたのだが、知り合いからのTELで知り本当に驚いてしまった。左手のマヒが残りピアノが弾けない状態で、再起できるかは何とも言えない...と言うことだと聞く。余りにも痛ましいニュースである。彼がNYに渡ってもう15年近く、自身のトリオを始めロイ・ハーグローブ、ジミー・コブなどと言った、第一線のミュージシャンのバンドでも活動、NYで活躍する日本人としては随一とも言える存在だった。本場でその力量を認められるようになるまでには、色々と大変なことも多かったに違いないが、その存在が多くのファンにも認知され、ようやく時での災い、何とも悲しく言葉にもならない。

 彼、海野雅威君は、我がジャズ番組とは色々と関係の深い一人。アルバムデビュー直前からスタジオに遊びに来てくれ、NYに渡ってからも帰国する度に「小西さんの番組に出れるのが毎回楽しみですよ...」等と嬉しいことも言って、夫婦でスタジオに来てくれることも多かった。元々彼の存在は彼の良き先輩で、シーンに導いた一人とも言える、チンさんこと我がクラブ仲間のベーシスト鈴木良雄から聞いていた。「小西よー、今素晴らしい才能のピアニストと一緒にやってるんだ。アルバム出すことも決まっているんで、一度番組に呼んでやってよ...」。そのアルバムは今は亡きジャズプロデューサー、ヤソさんこと伊藤八十八プロデューサーのレーベル「88」レコードから出されると言う。彼からもtelがありデビュー前にスタジオ登場と言うことになった。「初めてのラジオゲストで嬉しいです...」と初々しく語ってくれた彼。そのアルバムもチンとヤソ両氏の推薦通り素晴らしいものだった。それから数年後、一段の飛躍を胸に秘め、彼は単身本場NYへと飛び立った。

 それからの本場NYでの活躍は、ジャズファンならば結構知られている所で、全米の有名ジャズフェスなどにも良く顔を出し、その才能は多くのファンも認める所になっていた。また内藤遊人くんが社長・編集長の専門誌「ジャズライフ」でも、NYでの活動エッセイなども連載、その動向はぼくなども毎月興味を持って読ませてもらっていた。そんな折での今回の災い。どうやらコロナ禍での「東アジア人迫害~コロナはアジア人の所為」だとする流布が原因、当然NYにも少なからず存在する、狂信的白人トランプ主義者の仕業...と思ったら、なんと海野君を最も認めている黒人ミュージシャンと同じ黒人(=アフリカン・アメリカン)の若い集団による暴行だと言う。海野君も病床で彼らのこと(犯人はまだ捕まっていないようだが...)を非難しようとしなかったと言うが、その心情は何とも言えない辛い思いがする。

 そしてこの11月半ば、彼の再起を願ってはるか東京の地で、多くのミュージシャン達が彼のベネフィットライブを配信で行った。この配信ライブの立ち上げの中心になったのは、言うまでも無く良き先輩のチンこと鈴木良雄。そしてチンの大学1年後輩で、在米歴40年以上と言うギターの増尾好秋(海野君のNY生活の手助けもしていたと聞く)も、丁度帰国中で積極的にイベントを手助け、自身のアルバムをベネフィットの一助にと寄付している。このライブ参加者はなんと50名弱、NY経験者やNY演奏旅行で彼に世話になった面々など、色々な関りある連中が大挙参加すると言った、空前のベネフィット配信イベントになって大成功だったと言う。
 その中心人物の一人、増尾好秋が今度スタジオに遊びに来て、海野君の現在、今回の配信ライブイベントの様子、彼自身のNY生活などについて、話してくれるこが急遽決まった。彼は12月半ばにまたアメリカに戻るので、それまでに収録しないとならないのだが、色々と面白いNY話や海野君の様子なども聞けるはず。12月中にオンエアーする予定なので期待してください。
 増尾ちゃんの親父さんは、あの大評判だったジャズ芝居「上海バンスキング」、そのモデルにもなった一人で、戦前のジャズを支えた功労者でもある。今まであまり聞くことの無かったギタリストの親父さんの話も、今回は是非聞いてみたいとも思っていますが...。

今週のゲストは、ギタリストの増尾好秋さん】
M1One Word2020
M2What Kind Of Fool Am I / 鈴木良雄・海野雅威・セシル モンロー
M3I'll Be With You」
M4Look For The Silver Lining
9月末、NYで暴漢に襲われ大怪我をしたピアニストの海野雅威さんの支援CDOne Word2011』(2011年の東日本大震災の復興支援で制作されたCD。海野さんも参加)は11000円(税込・送料無料)利益は全て海野さんに送られます。こちらからご購入頂けます。

http://www.mediastylist.co.jp/online_store/product/one_word_2011/index.html

コメント