1月19日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [テイスト・オブ・ジャズ]
2020/01/17(金) 20:00 番組スタッフ
「テイスト・オブ・ジャズ」は2020年1月より毎週日曜18:30-19:00(本放送)ほか、木曜22:30~23:00で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.496~荒ぶるをうたう】 

荒ぶる吹雪の逆巻く中に 
球蹴る我らは銀塊砕く  早稲田のラグビーは斯界になびき いざゆけ我らが ラグビー早稲田 ララワセダ ララワセダ ララララ ワセダ」 

 早稲田ラグビー部が、大学選手権で優勝した時だけに唄われる部歌「荒ぶる」。まさかこの勝利歌を、新装なった新国立競技場でのラグビー初戦で聞けるとは...、本当に感激もの。不覚にも落涙してしまい、「あら感激の涙ですか...」等と周囲から揶揄されてしまったが、まあそれも致し方ない所。なんと10数年振りにこの歌を部員達の唄声で聴いたのだから、感動・感涙は当然のことなのだ。試合終了後の記者会見では、相良監督・斎藤キャプテン共に、実に誇らしい顔付きで勝利を語り、質問に答えていた。


 この令和2年の1月11日、この日はぼくの中でもこれからも忘れられない1日になる筈だが、このワセダラグビー優勝と共に、この日はぼくにとって、いや世界中にとっても大きな重要イベント、台湾の将来を決める総統選挙が実施された日でもある。この総統選挙は昨年の台湾特番でも予想した通りに、民進党の蔡英文総統が圧倒的な大差をつけ再選を果たすこととなった。この2つの喜びが実現した日だけに、正にぼくにとっての記念日でもあった。かなりな部分「利」に流されがちな台湾の人達が、大国中国の露骨な利益誘導を断ってでも、自由と民主を選んだと言う事実、これは忘れてならないことと言える。今年また台湾特番を放送出来れば、そこら辺の台湾の人達の真情も探ってみたいと思うし、懸案の蔡英文総統のインタビューも実現させたいとも思っている。


 さてラグビーの方だが、決勝戦は大方が明大優勢の予想だったし、ぼく自身も力量的には明大に分があると思っていたが、最後の勝利は早稲田ラグビーだと確信していた。キーマンの中野将吾の復活やFW陣もかなり整備されてきている等と言う戦力面のアップなどもその根拠でもあるが、それ以上にぼく自身に好いことが続いている感もあったからなのでもある。と言うのも新年の大吉と言うおみくじ結果だけでなく、年明けに行った別府湯浴み旅行の鉄輪温泉で、一日に3回も綺麗な虹を目撃したこと、更に当日会場に向かう途中喫茶店で時間つぶしをしている時、何気なく時間が気になって見てみると、なんと11時11分を指しており、それも1月11日。正に1並びの好日・好時間の実現で、これではっきりと勝利を確信した次第。試合内容は前半は斎藤主将のPGを皮切りに、完全に早稲田ペース、4トライを畳みかけゼロ封と言う思わぬ大差で前半終了。このままで終わらないと思った後半も、明大に3連続トライを重ねられるなど苦境を迎えたが、どうにか2トライを返し逃げ切りに成功、10数年振りの「荒ぶる」に到達したのだった。


 思えば今年も2回の菅平詣で、この10数年の菅平詣ででは早稲田ラグビーフリークの中でも、かなり上位に位置される実績を誇るのだから、荒ぶるの合唱に涙するのも至極当然とも言えるのだ。まあ本当に全て目出度し々の1月11日(土)でした。


【今週の番組ゲスト:ジャズピアニストの若井優也さん】
昨年リリースされたご自身名義での7枚目のアルバムWill』から
M1Etude Op.10 No.6

M2Spring Has Sprung With A Little Melancholy 
M3Children's Play Song
M4Will: Part 1



コメント