11月11日の「テイスト・オブ・ジャズ」 [テイスト・オブ・ジャズ]
2017/11/10(金) 19:00 番組スタッフ

テイスト・オブ・ジャズ」は毎週土曜日18:00-18:30(本放送)ほか、各曜日で再放送中。番組進行は山本郁アナウンサー。 番組収録のウラ話はこちらのブログでも紹介されています。

【小西啓一の今日もジャズ日和Vol.383~日光見ずして】

 11月頭に永年恒例になっている、大学時代のクラブ仲間(ジャズ研)10数人との年1回の親睦旅行に行ってきた。場所は紅葉真っ盛りの日光。陽明門の全面改修も終わった絶好のタイミング、天気も快晴で言うことなしである。この親睦旅行もう30年以上続いているもので、昔はそれぞれの子供達も参加する家族旅行会だったが、子供も中学に入るようになると親との旅行などは敬遠、自然に仲間だけの旅行会になってしまったが、実によく続いている。今はほとんどの面々がリタイア生活だが、サラリーマン時代は2泊3日の旅行で山登りや海外遠征なども実施したこともある。最近は先立つものも乏しくなってか...一泊旅行となってしまったが、皆の体調や金回りなどを考えればこの線が妥当な所。

 今回は日光の東照宮を見学、その後日光湯元の温泉に一泊、その後帰京と言う、「日光見ずして結構と言うなかれ...」と言う格言を実現した、典型的な親睦旅行スケジュール。朝早く常磐線の綾瀬に集合、ここでレンタカーを調達、一路日光へと向かう。綾瀬と言うのは今回初めて降りた駅だがかなりな賑わい。中央線育ちだけに常磐線沿線は殆ど分からないが、まあどこも駅周辺はそう大差ない。東北道をひた走りかなり早い時間に日光到着、直ぐに改修なった陽明門や三猿、眠り猫などの名所見学に向かったが、平日にも関わらず余りの見学者の多さに驚愕。その上世界各国の言葉が飛び交う汎グローバル状態。アジア系が多いのだろうがそこは区別がつかず、もっぱら非アジア系の人々の多さに驚かされる。陽明門境内などは歩くのもままならない程で拝観料もかなりなもの...、誰もがその日銭のたかを計算してここでもため息が漏れる。

 肝心の改修なった陽明門はその白さが際立ち、廻りの飾り彫り物も綺麗さが目立つ。少し前に見たあの姫路城にも似た感慨があった。それにしてもこの人の多さ。確か数年前に仕事で見学に来た訪れた時も平日、それほどの人では無かったのだが、世界遺産に登録されたことで観光客が一躍増加、まさに芋の子を洗う状態。そこに幼稚園の園児たちの集団のはしゃぎ声なども交じり、樹齢数百年の広大な境内林に様々な声がこだまする。厳かな中の喧騒、これもまた興味深いもの。"見ざる、言わざる、聞かざる"の三猿は、巷間言われているように顔が少し歪んでしまったようだが、どれがオリジナルかは判然としないだけに、まあこれも良しなのだろう。余りの人出に押され東照宮見物も早々退散、今夜の宿の奥日光湯元温泉に向かう。かつて良く山行をしていた頃には、何度となく訪れていた戦場原周辺も久しぶりの来訪。主峰の日光白根山頂上周辺には雪がびっしりと付いておりさながら冬山状態。日光湯元の温泉は典型的な硫黄泉で、全国で4番目の濃度を誇る硫黄泉と言うことだが、さすがに硫黄泉は温泉キングと言った趣きで気持ちが良い。この湯元温泉に最初に来たのは小学校低学年の頃で、お袋の大学時代の友人がおかみをやっていると言う老舗の"小西旅館"に泊まった筈。今でもあるのかと探してみると、奥日光きっての老舗旅館として今も健在だった。この湯元の源泉湯畑は温泉街の裏手にあり、そこは温泉寺と言うお寺の境内。このお寺は素泊まりすることも出来、全国の温泉好きにはかなり知られている事実。濁り湯を堪能し翌日は霧降の滝(華厳の滝よりも見事とも思える)などを見物、一路帰路に着く。

 それにしても40年近く、良く続いてるものである。まあ殆どが東京やその近郊育ちの中堅サラリーマンの子息ばかり。そんな所も長く続く所以だろうが気の置けない良き仲間達である。以前は車の中ではジャズを掛けて鑑賞...などと言う殊勝なこともやっていたが、今では殆どだれも関心を示さない。ただ一人熱心なのがいて最近自身が感心したアルバムを持参、車内で掛けるのだが殆どの連中は興味を示さない。と言うことでその熱心なTくんの為に、彼が持参したそのアルバムを再度紹介することにしよう。

 彼のお勧めはヴィジュー・アイヤーと言う今注目のピアニスト&コンポーザーのアルバム。インド系アメリカンの彼は数学者でもある異色のジャズメン。インドには様々な楽器やリズムが存在しているが、彼はそれらを研究、独自のスタイルを作り上げている才人である。名門"ECM"から何枚かのアルバムを発表しているが、今若手では最も期待される一人。純粋なアメリカンよりも彼の様なインド、またアルメニアとかトルコなどと言ったジャズ辺境系のミュージシャンの方にこれから期待するところも多い様だ。

【今週の番組ゲスト:ラテンジャズピアニストの深井克則さん
9月リリースの新譜『Rebirth』から
M1Blue Sky Blue
M2Rebirth
M3On Green Dolphin Street」
M4Caribe

コメント