2018年度「未来の学校 ラジオ分室~不登校支援を考える」初回放送は7月3日(火)22時30分から [未来の学校 ラジオ分室 ~不登校支援を考える~]
2018/06/29(金) 11:17

「未来の学校 ラジオ分室~不登校支援を考える」2018年度の放送を、7月3日(火)より全8回の新シリーズで放送します。
原則毎月第1火曜日22:30-23:00のオンエアとなります。


今年度初回となる7月3日(火)22:30からの放送では、「不登校を経験した子どもの声を聴く ~学校に行けなくなったきっかけ・親に感謝していること~」と題して、不登校を経験して、現在は高校に通学している生徒3名の実体験の作文朗読をお送りします。また、番組の後半では、不登校を経験した生徒さんの体験に基づいたラジオドラマをお送りします。
どうぞお聴きください。

番組では「不登校に関する質問・お困りごと」や「不登校と睡眠に関するお悩み」などがございましたら右側の投稿フォームよりお寄せください。
今後の番組づくりの参考にさせていただくほか、番組で取り上げさせていただき、専門家による見解など沿えて番組内でご紹介させていただくことがございます。(その際、プライバシーには配慮をした上で放送させていただきます。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

「未来の学校 ラジオ分室~不登校支援を考える」は、
不登校児童・生徒が通室する教育支援機関「東京大志学園」で行われる、不登校問題に特化した教育シンポジウムの収録や、経験者の声を中心に構成したシリーズ番組で、「保護者」「教育関係者」「当事者(児童・生徒)」、それぞれの立場に立った内容となっています。

この放送は、ラジオのほか、「ラジコ(radiko.jp)」パソコン・スマホからお聴きいただけます。(ラジコの聴き方はこちらをご覧ください)
また、放送後も「ラジコ」では1週間「タイムフリー機能」をご利用いただきお聴きいただけます。またこちらのホームページでも過去の放送をオンデマンドでお聴きいただけます(放送後に公開します)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(東京大志学園は札幌・仙台・さいたま・東京・千葉・柏・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・芦屋・福岡の全国13都市にございます。)