番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:15~12:30

「経営コンサルティングの神様」として、経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します!
小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。koyamaradioをフォロー

新着記事

10月18日放送(ゲスト:後藤康之・株式会社エネチタ代表取締役社長②)

2018.10/17 ディレクター 記事URL

10月18放送のご案内
 
この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています! 

 毎月第2~3週の木曜日は、特集テーマを組んでお送りします。
 
 今月の特集テーマは今月は、「人・社員の動かし方」。

 小山昇氏の近著「人を動かしたいなら「やれ」といってはいけないー思い通りに部下が動くすごい伝え方」と連動させてお送りします。

 10月18日放送の2回目の今回は、「どうすれば人は動くかと題してお送りします。



聴く  ⇒ 10月18日放送回のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、10月19日となります。

今回は以下の話題が展開されます。

消極的な人を動かす言葉」について

三流社長は「とにかくやれ」と言う。 
普通社長は「しっかりやれ」と言う。
一流社長は「でたらめでいい」と言う。

「人が動く目標」について、
三流社長は「目標を立てない」
普通社長は「高い目標を立てる」
一流社長は「今できるところを目標にする」

「やる気をださせる」について
三流社長は「やる気を出せという」
普通社長は「賞与を銀行振り込で支給する」
一流社長は「賞与を手渡しで支給する」

「話しを聞かない人に」について、
三流社長は「言い訳ばかりする部下を怒る」、
普通社長は「言い訳ばかりする部下に何度も伝える」、
一流社長は「向こうから聞いてきたときにはじめて話す」

「何を言っても伝わらないとき」について
三流社長は「放っておく」 
普通社長は「口で伝える」
一流社長は「しくみとお金で伝える」


【株式会社エネチタについて 】

1935年創業
1963年 出光興産株式会社の特約店になり、石油製品の販売を開始
1964年 滑市市場町に本社兼市場給油所(市場SS)を開店 
以後、知多旭給油所(現 新舞子エコ・ステーション)、 貯蔵能力310Kの油槽所(現 オイルターミナル常滑)開所
1982年産業用プロパンガスの販売開始
1985年 LPガス充塡所(現 LPガスセンター知多)開所。産業用ブタンガスの販売、プロパンガスの卸販売を開始
プロパンガスの小売免許を獲得し、小売を開始
1994年 知多市新舞子に知多給油所(現 セルフ知多)を開店
1996年 知多市長浦に長浦インター給油所(現 長浦インターSS)を開店
1997年 常滑市大野町の大野給油所を閉鎖
半田市新宮町(現 青山町)の半田新宮給油所(現 セルフ半田新宮)を他社から経営譲受し営業 2003年 知多旭給油所を都市ガスも充塡できる新舞子エコ・ステーションに改装開店
2004年 知多給油所をセルフサービスの知多に改装開店
2005年 プロパンガス式家庭用燃料電池の販売を開始
2007年 本社をLPガス充塡所(現 LPガスセンター知多)のある知多郡阿久比町に移転
産業エネルギー事業部開設
2008年 株式会社アクアス(現 株式会社エネチタ・ホームエコ)設立
太陽光発電システム、オール電化の販売を開始
2010年 株式会社アクアスより株式会社エネチタ・ホームエコに社名を変更
出光興産株式会社からの委託によりセルフ半田清城を営業
2011年 株式会社エネチタに社名を変更、リフォーム事業の拡大に伴いリフォームギャラリー半田 開店
2012年 餃子の王将 東浦店 開店、フードサービス業に進出 ハウスドゥ!大府東浦店 開店、不動産仲介業に進出
2013年 半田新宮給油所をセルフサービスのセルフ半田新宮に改装開店リフォームショールーム2号店、リフォームギャラリー東海 開店
不動産仲介2号店、ハウスドゥ!東海店 開店
2014年 餃子の王将東海店 開店 リフォームショールーム3号店、リフォームギャラリー美浜 開店
常滑市市場町の市場SSを閉鎖阿久比オフィス 開設
2015年 焼肉きんぐ東海名和店 開店
出光興産株式会社からの委託によりセルフ半田中央インターを営業
餃子の王将 イオンモール常滑店 開店

【ご意見、ご感想、疑問・質問等】
 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

10月11日放送(ゲスト:後藤康之・株式会社エネチタ代表取締役社長①)

2018.10/10 ディレクター 記事URL

10月11日放送のご案内
 この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています! 
 毎月第2~3週の木曜日は、特集テーマを組んでお送りします。
 今月の特集テーマは今月は、「人・社員の動かし方」。
 今月は、小山昇氏の近著「人を動かしたいなら「やれ」といってはいけないー思い通りに部下が動くすごい伝え方」と連動させてお送りします。
10月11日放送の1回目の今回は、「なぜ人は動かないか」と題してお送りします。


聴く  ⇒ 10月11日放送回のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、10月12日となります。


今回は以下の内容について、話題が展開します。
三流は「自分は正しい、だからやれ」。普通は「自分の考えをわかってくれる」ので言わない。
 一流は、「自分も社員もどっちも正しい」
*「人を動かす言葉」について、三流は「とにかく頑張れ」、普通は「なるべく早くやってほしい」
、一流は「何月何日何時までにやってほしい」とありますが?
*「人を動かす言葉」について、三流は「これをやってくれ」と言う、普通は「こうしてほしい」と言う
一流は「どうなりたいの?」と言う とありますが?
*「人を動かすコツ」について、三流は「部下にあれもこれもやらせる」、普通は「部下に「やらせたいこと」だけ指示する」
一流は「部下に「やらなくていいこと」を指示する」とありますが?


【株式会社エネチタについて 】

1935年創業
1963年 出光興産株式会社の特約店になり、石油製品の販売を開始
1964年 常滑市市場町に本社兼市場給油所(市場SS)を開店 
以後、知多旭給油所(現 新舞子エコ・ステーション)、 貯蔵能力310Kの油槽所(現 オイルターミナル常滑)開所
1982年産業用プロパンガスの販売開始
1985年 LPガス充塡所(現 LPガスセンター知多)開所。産業用ブタンガスの販売、プロパンガスの卸販売を開始
プロパンガスの小売免許を獲得し、小売を開始
1994年 知多市新舞子に知多給油所(現 セルフ知多)を開店
1996年 知多市長浦に長浦インター給油所(現 長浦インターSS)を開店
1997年 常滑市大野町の大野給油所を閉鎖
半田市新宮町(現 青山町)の半田新宮給油所(現 セルフ半田新宮)を他社から経営譲受し営業 2003年 知多旭給油所を都市ガスも充塡できる新舞子エコ・ステーションに改装開店
2004年 知多給油所をセルフサービスの知多に改装開店
2005年 プロパンガス式家庭用燃料電池の販売を開始
2007年 本社をLPガス充塡所(現 LPガスセンター知多)のある知多郡阿久比町に移転
産業エネルギー事業部開設
2008年 株式会社アクアス(現 株式会社エネチタ・ホームエコ)設立
太陽光発電システム、オール電化の販売を開始
2010年 株式会社アクアスより株式会社エネチタ・ホームエコに社名を変更
出光興産株式会社からの委託によりセルフ半田清城を営業
2011年 株式会社エネチタに社名を変更、リフォーム事業の拡大に伴いリフォームギャラリー半田 開店
2012年 餃子の王将 東浦店 開店、フードサービス業に進出 ハウスドゥ!大府東浦店 開店、不動産仲介業に進出
2013年 半田新宮給油所をセルフサービスのセルフ半田新宮に改装開店リフォームショールーム2号店、リフォームギャラリー東海 開店
不動産仲介2号店、ハウスドゥ!東海店 開店
2014年 餃子の王将東海店 開店 リフォームショールーム3号店、リフォームギャラリー美浜 開店
常滑市市場町の市場SSを閉鎖阿久比オフィス 開設
2015年 焼肉きんぐ東海名和店 開店
出光興産株式会社からの委託によりセルフ半田中央インターを営業
餃子の王将 イオンモール常滑店 開店

【ご意見、ご感想、疑問・質問等】
 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

失敗に学ぶ実践経営-3- (2018.8.23放送分)再送信のおしらせ

2018.10/10 ディレクター 記事URL

【失敗に学ぶ実践経営-3- (2018.8.23放送分)再送信のおしらせ】

2018年8月23日放送、同月24日の番組の音声配信で、iTunesからのダウンロードができないとのご指摘がありました。
改めまして、ここに深くお詫びを申し上げますとともに、当該放送回の特集「失敗に学ぶ実践経営」の3回目を再送信させていただきます。
なお、内容は「ランチェスター戦略」と題し、福岡トーヨー株式会社代表取締役社長の桜井信也さんにお話しをお伺っております。

10月4日放送のご案内(経営相談)

2018.10/03 ディレクター 記事URL

10月4日放送のご案内

 毎月第一木曜は、リスナーの皆さまからのご質問などをご紹介する「小山昇の経営相談室」をお届けしています。

 経営のお悩みごとなど、小山昇さんから直接アドバイスがいただけます。


聴く 
 10月4日放送回のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、10月5日となります。

 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。
 ご投稿は、このホームページ右
欄にある 

【番組組宛メール送信フォーム】

をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。


 以下、今放送で採用させていただきました質問内容の概略です。

東京都40代女性管理職の方から
部下(30代女性)と仕事の話をしたおり、最後に、舌打ちをして、去ってゆきました。部下は、些細なことで、気を害するタイプです。私は部長職ですが、昨今は、注意しただけで「パワハラ」といわれかねません。小山様でしたら、立派な年齢の女性の部下には、どのように指導されますか? 

埼玉県60代経営者「夢とロマンと脂肪に満ちたオヤジ」さんから
将来を考え、若い社員への権限移譲をはかるべく、人事異動をすることができました。ただ、この若き管理職の者たちですが、会議の席での意見の対立が目立ち、険悪な雰囲気が漂うよう場面が多くなってまいりました。目指すところは同じもの、プロセスに対する考え方の違いがあり、相容れないようです。武蔵野様では、こうした意見対立が生じあることはありますか?またそうしたことがあった場合は、どのように対処しておられますか? 


東京都40代男性経営者「サッカーボーイ」さんから
父親から店を引き継いだ20年程前に、主力の品揃えを時代に合わせて変えてきたところ、これが奏功し、ここ数年増収増益を続けております。で、今は銀行からの融資のお話もあり、店舗拡大を検討しております。さて、今、銀行からの借り入れをして店舗拡大をすべきか? それとも、そうした資金を別なものに振り向けるべきか悩んでいるところです。小山様からのご指南をいただけましたら幸いです。

石川県50代経営者匿名希望の方から
金沢で洋菓子の製造・販売、そして飲食店舗を手掛ける会社の経営をしております。昨今の人手不足は、都会のみならず、ここ石川県でも生じており、短期アルバイトにとどまらず、正社員の定期採用内定者からも辞退者が相ついでいる状況です。土日の出勤が避けられない我々のような業界はどうも避けられる傾向にあるようです。いっそのこと、東京の専門学校等に出向いてリクルートをしようかとか、近年急増している中国系の観光客向けの販売に、台湾の若者のリクルートをしようかとか、現実味のない無茶な妄想だけが膨らんできます。採用に関する、よきアドバイスをいただけましたら幸いです。

東京都20代男性「つゆのうつつ」さんから
入社6年目の平社員です。「新型うつ病」との診断書をもって会社を休む社員(入社2年目)が現れました。その社員の療養復帰後は、我が部署に、再びもどることになり、私がこの社員の教育係となることを命ぜられています。こうした"こころの病"を持っつ社員と、どう接して行くのがよいのでしょうか?"こころの病"を持つ社員への対応について、アドバイスをお願いします。


尚、小山社長が経営する株式会社武蔵野につきましては、https://www.m-keiei.jp/ のホームページをご覧ください。

9月27日放送(ゲスト:日昭工業株式会社社長、3回目)

2018.09/26 ディレクター 記事URL

9月27日放送のご案内


 
この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています! 
毎月第2~3週の木曜日は、ゲストの方を招いて、「経営の実践」での取り組みをご紹介いただいています。

今回の特集シリーズのテーマは、日昭工業株式会社が、大きく成長を遂げた主力製品(トランス・変圧器)になぞらえ「成長企業の変圧器」と題してお送りします。
トランス(変圧器)とは、同じ電流が流れていても、この変圧器を通すことで電圧を大きく変化させることができます。

増収増益を続け、昨年度は過去最高益を計上した日昭工業にとっての"変圧器"の役割をはたしたものが何だったのか?
日昭工業株式会社代表取締役社長の久保寛一さんをお招きしお送りします。

前々回の1回目は、社風の"変圧器"の1つと目される「環境整備」への取り組みについてお話しいただきました。
前回の2回目は、「最高益更新の背景」と題し、クレーム処理に役員そろって中国まで行った際のドンデン返しのエピソードや、ライバル会社に仕事を譲ったエピソード等が展開します。

3回目の今回は、「工場移転」と題し、工場移転後の業績の変化などについてお話しいただきます。



聴く  ⇒ 9月27日放送回のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、9月28日となります。

3回目の今回は、

*受注増による工場新設を巡り、4億5千万円の物件を小山氏の即答で購入することになったその意外ないきさつについてのエピソードについて。

*資金調達では、自己資金を使わず9行からの借り入れだけで賄えた。

*儲かりすぎて困ったエピソードとその後について


等について、話題が展開します。


【日昭工業株式会社と、久保社長のプロフィール】

 
日昭工業株式会社は、昭和42年織物業(久保新織物)から転業し、特殊な変圧器(トランス)とこれを組みいれ電源機器の開発メーカーとして、国内はもとより世界各国の企業と取引をしている。2017年より羽村市の本社工業を拠点に、社員のアイディアを生かし、ポジティブで、活気あふれる会社を目指している。

 久保社長は、大学卒業後、沖電気工業を経て、1993年日昭工業株式会社社長就任。ジャンケン工場長制度等、ユニークな社風改革に取り組み、現在は、過去最高益を更新している。
尚、小山社長が経営する株式会社武蔵野につきましては、https://www.m-keiei.jp/ のホームページをご覧ください。


【ご意見、ご感想、疑問・質問等】
 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

9月20日放送(ゲスト:日昭工業株式会社社長、2回目)

2018.09/18 ディレクター 記事URL

9月20日放送のご案内


 
この番組は、経営者をサポートするお話、とくに中小企業の経営者の皆さまにお役立てていただける内容をお送りしています! 
毎月第2~3週の木曜日は、ゲストの方を招いて、「経営の実践」での取り組みをご紹介いただいています。

今回の特集シリーズのテーマは、日昭工業株式会社が、大きく成長を遂げた主力製品(トランス・変圧器)になぞらえ「成長企業の変圧器」と題してお送りします。
トランス(変圧器)とは、同じ電流が流れていても、この変圧器を通すことで電圧を大きく変化させることができます。

増収増益を続け、昨年度は過去最高益を計上した日昭工業にとっての"変圧器"の役割をはたしたものが何だったのか?
日昭工業株式会社代表取締役社長の久保寛一さんをお招きしお送りします。

前回の1回目は、社風の"変圧器"の1つと目される「環境整備」への取り組みについてお話しいただきました。

2回目の今回は、「最高益更新の背景」と題し、クレーム処理に役員そろって中国まで行った際のドンデン返しのエピソードや、ライバル会社に仕事を譲ったエピソード等が展開します。


聴く  ⇒ 9月20日放送回のオンデマンド、ポッドキャストによる音声配信は、9月21日となります。

2回目の今回は、

*武蔵野のサポート会員、小山社長のアドバイスに従っていたら、売り上げが上がりすぎ困ったエピソードについて、

*注文処理能力が追い付かず、ライバル会社に仕事を譲ったエピソードと、その後の展開について

クレーム処理は、役員が対応するということで、中国からのクレームに行った際に、意外な展開になったエピソード

等について、話題が展開します。


【日昭工業株式会社と、久保社長のプロフィール】

 
日昭工業株式会社は、昭和42年織物業(久保新織物)から転業し、特殊な変圧器(トランス)とこれを組みいれ電源機器の開発メーカーとして、国内はもとより世界各国の企業と取引をしている。2017年より羽村市の本社工業を拠点に、社員のアイディアを生かし、ポジティブで、活気あふれる会社を目指している。

 久保社長は、大学卒業後、沖電気工業を経て、1993年日昭工業株式会社社長就任。ジャンケン工場長制度等、ユニークな社風改革に取り組み、現在は、過去最高益を更新している。
尚、小山社長が経営する株式会社武蔵野につきましては、https://www.m-keiei.jp/ のホームページをご覧ください。


【ご意見、ご感想、疑問・質問等】
 尚、番組では、小山社長への疑問・質問等をお待ちしております。 ご投稿は、このホームページ右欄にある【番組組宛メール送信フォーム】をクリックいただき、質問事項等をご記入の上、送信ください。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

小山 昇
こやま のぼる

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業後、 日本サービスマーチャンダイザー(現在の株式会社武蔵野)に入社。
1977年に(株)ベリーを設立し社長に就任、1989年に現職に就任する。
1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。
1992年顧問を退任、現在に至る。
全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。
株式会社武蔵野は2000年「日本経営品質賞」、2001年「経済産業大臣賞」、 2004年「IT経営百選」の最優秀賞、2010年「ハイ・サービス日本300選」を受賞。
2010年には国内初「日本経営品質賞」2度目の受賞を果たす。
2017年に「MCPC award 2017 奨励賞」、2018年に「平成29年度(第35回)IT奨励賞」を受賞するなど、社内のIT化にも力を入れている。
2001年ダスキン事業に加え、全国の中小企業を対象とした経営コンサルティング「経営サポート事業」を開始。
現在700社以上の会員企業を指導し、日本経営品質賞受賞の軌跡、 中小企業のIT戦略、実践経営塾、実践幹部塾と、全国で年間240回以上のセミナーを行なっており、講演は明日からの仕事に役立つようにと実務中心の内容となっている。
主な著書には「改訂3版 仕事ができる人の心得」(CCCメディアハウス)
「99%の社長が知らない銀行とお金の話」(あさ出版)
「小さな会社の儲かる整頓」(日経BP社)
「数字は人格—できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか」(ダイヤモンド社)
「利益を最大にする最強の経営計画」(KADOKAWA)など、50冊以上の書籍を出版している。

小野 慶子
おの けいこ

フリーアナウンサー 株式会社サクシード.代表取締役 東京アナウンス学院アナウンス科 講師 日本語教育資格取得(日本語教育能力検定合格) アナウンストレーナー 青山学院大学文学部卒業。1961年生まれ。 学生時代より放送タレント活動。その後、株式会社エスオープロモーションに所属し、NHK、TOKYO‐FM、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)等様々な番組にレギュラー出演。 独立後、有限会社サクシード(現、株式会社サクシード)を設立。音声媒体制作全般に携わると同時に、現役フリーアナウンサー・ナレーターとしても活動中。 免許:日本語教育能力検定合格・普通自動車一種免許・自動二輪中型免許(400㏄) 特技:日常英会話・ピアノ演奏

パーソナリティ一覧はコチラ