番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 12:15~12:30

「経営コンサルティングの神様」として、経営者や企業向けに全国で数多くの講演と執筆活動をされている小山昇さん。その小山さんを塾長にお迎えした実践経営塾が、ラジオ番組として誕生します!
小山さんの「経営ノウハウ」をラジオを通じ「生の声」で伝授します。また、ツイッターやブログなどでは小山さんへのご質問やお悩みを受けつけて放送で小山さんの回答が聴けることも。さらに塾長自らリスナーに「宿題」を投げかけ、その回答をツイッターやメールなどのデバイスでも返答する「双方向番組」です。koyamaradioをフォロー

新着記事

5/26放送後記

2016.05/28 番組スタッフ 記事URL

いかがお過ごしですか、番組進行役の小野慶子です。

今月のテーマ「強い企業文化を築く組織力」の3
回目の放送は、「働き方の改善」と題してお送りました。引き続き、ゲストとして株式会社武蔵野 経営サポート事業部 取締役 佐藤義昭さんにご出演頂きました。
アルバイトとして武蔵野さんで働き始めた佐藤さんは、今では取締役に就任され活躍なさっています。いわゆるサクセスストーリーの人ですよね。

しかし、謙虚にそして失敗談も明るく楽しくお話くださるんです。また、このお話が、参考になリます。
一番叱られた思い出も教えてくださいました。
そして、お若いのに役員という重職を目指すこと自体が大変な決意だったのではないかと思って、そのきっかけについて伺ってみました。
それから、就任されてから変わったことはとご質問したら、なんと雇用保険のお話が出てきたり。

収入もグンと上がったのでしょうというちょっと立ち入った興味にも答えてくださいました。いやあ、これはさすがに羨ましいなぁと思いましたよ。でも、以前との落差にもびっくり。
興味深いエピソードいっぱいでした。

まだお聞きでない方は、どうぞオンデマンドをご利用ください。
radiko.p、ポッドキャストでもお聴きいただけます。ライフスタイルに合わせて、どうぞ!

来週は、6
月最初の放送です。
番組お寄せいただいたご質問お悩みを取り上げて、小山さんにアドバイスをいただく「小山昇の経営相談室」をお送りします。お楽しみに!

5/19放送後記

2016.05/23 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、番組進行役の小野慶子です。

今月はゲストに株式会社武蔵野 経営サポート事業部 取締役 佐藤義昭さんをお迎えして、小山さんの会社武蔵野さんの内側をあれこれと伺っています。
今回
は、今月のテーマ「強い企業文化を築く組織力」の2回目「失敗は成功のもと」と題してお送りしました。

佐藤さんは、一言で言うとお若い取締役という印象です。経営陣といえば年配の方々と思うのはステレオタイプ過ぎるかもしれませんが、やはり若々しく爽やかな印象からは実力そのもので早くその地位についた方なのだとお見受けします。
ところが、今回のお題(?)の通り、失敗も経験され、糧にしてきた方なのですね。そのエピソードを伺っています。

辛かったこと、辞めたいと思ったこと、減俸されたことなどその当時は落ち込んだでしょう出来事を、本来なら人に言いたくないことかもしれないのに、カラッと明るい話題のようにお話くださいます。きっと全てをプラスにされたからからこそ、なのでしょうね。
そう、小山さんはいつも、失敗するから成功があるとおっしゃっていますよね。勉強になります。

そして、「きょうの心得」コーナーでは、「失敗」の心得を小山さんからご紹介いただきました。
「失敗が多いほど成功します」ってお言葉にまたまた元気いっぱいいただきました!!

来週も佐藤取締役にご出演いただきます。お楽しみに!

5/12放送後記

2016.05/13 番組スタッフ 記事URL

いかがお過ごしですか。番組進行役の小野慶子です。

連休が明けたこの頃は、4月から始まった新生活が少しリアルに見えてくる頃ではないですか?
進学、就職、人事異動など、新たな環境にもやっと慣れ、連休で我に返って、さあ、いよいよ本格始動・・・という方、いらっしゃいませんか。学生時代のある5月、今日みたいな晴天で気温の高い日に、そんな気持ちに私自身がなったことを思い出しました。

さて、今月の番組は「強い企業文化を築く組織力」をテーマに株式会社武蔵野の社員の方をお迎えしてお送りします。
ゲストは、株式会社武蔵野 経営サポート事業部 取締役 佐藤義昭さんです。
1回目の今日は、「実力勝負」と題してお話を進めました。
佐藤さんは、アルバイトで武蔵野さんでのお仕事を始めて、その後正社員になり、その実力でトントンと取締役なられたのです。お若いんですよ。もちろんそれまでには、いろいろ経験もされていますので、そのストーリーを中心に伺いました。

営業部長に昇進された時のこと、取締役に抜擢された経緯はもちろん、武蔵野さんがブラック企業だったらしい噂についても、ズバリ聞いちゃいました!小山昇さんからも、面白おかしく、そして本質をついた解説も交えて、コメントいただいています。
楽しい、笑いがいっぱいの時間でした。

次回も引き続きご出演いただいて、お話の続きをお願いする予定です。

【続きを読む】

5/5放送後記

2016.05/06 番組スタッフ 記事URL

連休をいかがお過ごしですか。小野慶子です。

谷間の金曜日も街はまだお休みモードのようです。私事ですが、この連休中1
日だけ、全く計画なしで海を見に行きました(実際はまぐろを食べに行ったんですけどね)。

気持ちの良い海風を受けながら、ふと思いました。小山さんに良い休日の過ごし方を聞いたことがないなと。やっぱり計画を立てないとダメなのかしら・・・と。今度聞いてみましょうか。

さて、今週の番組は第1
週の放送「小山昇の経営相談室」をお送りしました。
皆様からお寄せいただくご質問を毎回いくつか取り上げ、小山さんからのお答えをおお送りしています。回を重ねるごとに、ご質問が具体的で詳細になってきて、1通を読み上げるのに少々時間がかかってしまいます。が、、、皆、興味深い内容です。そういうことあるあるーと共感したり、へぇ、そんなことがあるんですねと驚いたりしています。

そして、小山さんは本気で答えてくださっていますよ。その奇想天外(?!
)なご回答に戸惑ったりももして。いつも楽しく参考になる時間です。

今回
のご質問は、次の通りです。
 - 上司の失敗の責任は部下がかぶるものなのか?
 - 共有スペースの環境整備において、評価対象はどう割り振ればいいか。
 - 予算の厳しいクライアントの無理難題への対応。
 - 残業代欲しさの残業にどう対処すればいいか。
 - 社長が優柔不断、武蔵野さんのやり方でも成果が出ないのですが・・・

同じようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ小山昇さんのご回答を参考になさってください。
目の前がパッと開けるかもしれませんよ。

来週はゲストをお招きします。
武蔵野の社員の方にお越しいただく予定です。お楽しみに!

4/28放送後記

2016.04/29 番組スタッフ 記事URL

こんにちは、小野慶子です。
ゴールデンウィーク突入ですね。ゆっくりと非日常の時間を過ごしている方、うらやましいです。
でも、仕事をしている方も通勤時が少々非日常でありますね。道も電車も、あらゆるところが空いています。

さて番組は、「会社の営業力」と題して、今月のゲスト鶴見製紙株式会社 代表取締役 里和永一さんに引き続きご出演頂きました。
今月は、「強みを生かした経営」をテーマにお話を伺っています。その中で3回目は里和社長が強くしてきた会社、鶴見製紙さんのその強みは何かを伺いました。
販売システムやコストを下げるアイデアなど、その体制になるほどと納得。
番組では、さらりとお話くださいましたが、もちろん実現させるにはなかなかの努力が必要であったことと思います。
結果も出していらっしゃいます。
業績が好調だそうです。

社長がトップ営業をされていまして、日頃小山さんがおっしゃる「社長は一番の営業マンでいるべき」を体現されていますね。
どのような営業活動をされているかもお話いただいています。すぐに効果が出なくともコツコツと、そして社長が行くべきところは社長が行く、など教えてくださいました。

来週は、月の初めの「小山昇の経営相談室」です。
お寄せいただいたご質問を取り上げて、小山さんのアドバイスをお届けします。どうぞお楽しみに!

4/21放送後記

2016.04/22 番組スタッフ 記事URL

ご機嫌いかがですか?小野慶子です。
新年度に入って、新しくなったことがそろそろ落ち着いてきたところでしょうか。
東京はいきなり上着のいらない日々となっています。前日は暖房で、次の日冷房に切り替えるという事態。いい季節になりましたね、という間もない印象です。

さて、番組では今月のゲスト、鶴見製紙株式会社 代表取締役 里和永一さんと引き続きお話しを進めてまいりました。
テーマは「強みを生かした経営」です。

2回目となります今回の放送は、「環境整備」と題してお送りしました。
お父様の後を継がれ、今はおよそ130人の従業員がいらっしゃる鶴見製紙さんは、環境整備もしっかり実施されています。
- いつ頃始められたか。
- 始める前までは、どんな様子だったか。
- 取り組むきっかけは。
など伺っています。

始める前までは、どうやらすごい状況だったとか。小山さんがお茶目(?)
に楽しそうに教えてくださいました。

-
会社が一番変わった点
- 操業しながら改築工事をされたこと
- お仕事柄、排水など周囲の環境への配慮、対策ついて

そして、今では掃除と環境整備が日課となリ、従業員の皆さんに定着しているとのこと。

-
どうしたら、定着させられるか、その秘訣

など、少々根掘り葉掘り、聞いてしまいましたw
小山さんもポイントを解説してくださっています。

来週は里和社長自らの営業活動について、伺う予定です。
小山さんは日頃から、社長は一番の営業マンでいるべきだとおっしゃっていますよね。それを実践していらしゃるようです。
お楽しみに! 

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

小山 昇
こやま のぼる

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業後、 日本サービスマーチャンダイザー(現在の株式会社武蔵野)に入社。 1977年に(株)ベリーを設立し社長に就任、1987年に現職に就任。 1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。1992年顧問を退任、現在に至る。 全国の経営者でつくる「経営研究会」主催。 株式会社武蔵野は2000年日本経営品質賞、2001年経済産業大臣賞、 2004年「IT経営百選」の最優秀賞、2010年「ハイ・サービス日本300選」を受賞。 2010年国内初日本経営品質賞2度目の受賞。 現在370社以上の会員企業を指導、日本経営品質賞受賞の軌跡、 中小企業のIT戦略、実践経営塾、実践幹部塾と、全国で 年間120回以上のセミナーを行なっており、講演は明日からの 仕事に役立つようにと実務中心の内容。 著書に「仕事ができる人の心得」(阪急コミュニケーションズ) 「朝30分の掃除から儲かる会社に変わる」(ダイヤモンド社) 「無担保で16億円借りる小山昇の“実践”銀行交渉術」(あさ出版) 「本当に儲ける社長のお金の見方」(中経出版)など。

小野 慶子
おの けいこ

フリーアナウンサー 株式会社サクシード.代表取締役 東京アナウンス学院アナウンス科 講師 日本語教育資格取得(日本語教育能力検定合格) アナウンストレーナー 青山学院大学文学部卒業。1961年生まれ。 学生時代より放送タレント活動。その後、株式会社エスオープロモーションに所属し、NHK、TOKYO‐FM、ラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)等様々な番組にレギュラー出演。 独立後、有限会社サクシード(現、株式会社サクシード)を設立。音声媒体制作全般に携わると同時に、現役フリーアナウンサー・ナレーターとしても活動中。 免許:日本語教育能力検定合格・普通自動車一種免許・自動二輪中型免許(400㏄) 特技:日常英会話・ピアノ演奏

パーソナリティ一覧はコチラ