桂小五郎 その五
2017/12/30(土) 08:15 番組スタッフ


 明治維新から間もない頃、新政府の方針を巡って政局は混迷を極めました。鎖国下にあった朝鮮に出兵する(征韓論)かどうかで議論が紛糾し、台湾出兵に関しても反対者が続出。多くの参議が辞職しました。これにより大久保利通を中心とする政府は、孤立無援の状態に陥りました。

 しかし、政府は体制を固めようと、下野していた木戸孝允や板垣退助を引き入れるため、井上馨、伊藤博文、五代友厚を仲介役とし、明治8年・1875年、大阪で会議を行いました。いわゆる大阪会議です。

 この会議が開かれた舞台は料亭で、現在も営業を続けています。大阪市中央区北浜にある「花外楼」本店の入り口前に、「大阪会議開催の地」と書かれた石碑が置かれています。その近くには、大阪会議が開かれた旨が記されたレリーフもあります。

 会議では、立憲主義による政治体制へ移行するための具体的なプロセスが議論されました。紆余曲折を経て、会議は1ヶ月にも及びましたが、この結果、孝允と退助が参議に復帰し、次第に立憲政体へ移行することが国の方針となりました。

 店内に入ると、1階と2階を結ぶ階段の踊り場に、「花外楼」と力強い筆で書かれた額があります。これは、会議の成功を祝って孝允が書いたもので、もともと「加賀伊」だった店名を、新たに命名しました。つまり、花外楼は孝允ゆかりの店でもあります。

 店は2回の改装を経て現在に至っています。(写真)


          


 残念ながら、会議が行われた当時の部屋はありません。しかし、店のホームページには、初代と二代目の店の外観や、大阪会議に至るまでの経緯が書かれた博文による書、岩倉使節団として欧米を視察した後に孝允が書いた歌も写真で見ることができます。なお、現在の店内の様子は、以前この番組のホームページ(五代友厚編)でご紹介しています。バックナンバーをご覧下さい。

 今回の講談には登場しませんが、大阪会議に向けて最初の意見交換が行われた場所も史跡として現在も残っています。それが大阪市中央区石町にある「三橋楼跡」です。

 三橋楼は、幕末から明治中期にかけて、難波・天神・天満の3つの橋を北に望む高台にあった料亭です。ここで孝允と利通の間で10時間にわたり会談が行われました。

 明治15年・1882年に建物は日本ハリストス正教会の所有となり、その後、聖堂が建設されました。昭和20年・1945年の空襲によって焼失し、その17年後に協会は吹田市に移転しました。したがって、料亭時代の建物はありませんが、現在はその場所に説明板が置かれていて、写真と地図で当時の様子を知ることができます。

 孝允は結局、西南戦争の最中である明治10年1877年5月、持病が悪化し、京都の別邸でこの世を去りました。享年45。京都市左京区の京都霊山護国神社には、孝允の墓があります。こちらも訪ねてみて下さい。


 さて、玉秀斎さんからもご案内がございましたように、一年九ヶ月にわたって放送してまいりました「玉秀斎の関西講談ウォーク」も今回で最終回です。
 番組は終わりますが、ご紹介した以外にも関西ゆかりの史跡は無数にあり、史跡巡りは尽きることがありません。この番組をきっかけに、歴史探訪への興味がさらに深まれば幸いです。ありがとうございました。





コメント