秀吉・紀州攻め その二
2017/11/11(土) 08:15 番組スタッフ

 羽柴秀吉が紀州攻めを行うために拠点としたのが先週ご紹介した岸和田城。一方で、相対する根来衆、雑賀衆などは積善寺城を本城とし、いくつかの城に立て籠もりました。


 今回の講談に登場した千石堀城はその一つです。現在の大阪府貝塚市橋本の東南1.5kmの範囲が城跡と言われています。東側には近木川、西側には見出川に挟まれた、南北約2kmにわたる三ノ丞山と呼ばれる標高約70mの丘の上に城は位置していました。根来方が籠る積善寺城、高井城を左右全面に控え、岸和田・貝塚地方を俯瞰できる形勝の地だったということです。

 城は四方を大小の池で囲まれた地形にあり、二重の堀が巡らされ、強固なものでした。紀州攻めの際には、根来方の大谷左大仁を大将として千数百人が立て籠もりました。そのため城は簡単には落ちませんでした。しかし、秀吉方の筒井順慶が放った火矢が城内にあった火薬の爆発を誘い、大爆発を起こして落城しました。

遺構は残っておらず、城の全貌は現在でも明らかになっていません。以前は説明板や石碑が置かれていましたが、後の調査でその場所とは少し離れた場所が城の跡地だということが判明しました。現在はその存在を示すものは何も置かれておらず、説明板を新たに設置するかどうかも未定だそうです。(写真は千石堀城跡遠景)


    

      

 一方、積善寺城についてもご紹介しましょう。永禄元年・1558年、根来衆が岸和田の三好氏と戦を交えていた頃、和泉国の4長者の1人「郡吉長者(ぐんきちちょうじゃ)」が所有する持仏観音堂を砦として築いたのが始まりと伝えられています。

 約60m四方の本丸に一部三重の堀を巡らした強固な城で、紀州攻めの際には、出原右京を大将として総勢約9500人が立て籠もりました。これに対し秀吉は地蔵堂村の丸山古墳に陣を置いたと言われています。秀吉方の攻撃にも落城はせず、最後は貝塚の地頭である卜半斎了珍の仲介により、和解、開城となりました。

 積善寺城も後の調査で堀が検出されていますが、遺構はなく、全貌は分かっていません。府道30号線と府道40号線が交わる所、貝塚中央病院前の旧熊野街道に架かる福永橋のたもとに説明板があるのみです。

 高井城も根来衆の出城です。高井城があった場所は、高井天神社(菅原神社)が祀られていましたが、明治41年・1908年に森の稲荷神社に合祀されまし た。これまでに平安時代の軒丸瓦や水煙の破片などが出土したことから神宮寺の存在が推測されています。

 紀州攻めの際、高井城には近隣の農民ら約200人が立て籠もりましたが、秀吉方の福島正則によって攻められ、落城となりました。現在は、水間鉄道の名越駅の裏側にある児童公園が城の跡地にあたります。遺構はありませんが、公園内にある説明板でその存在を知ることができます。

 千石堀城は、水間鉄道・名越駅から徒歩約15分。積善寺城は、JR阪和線・和泉橋本駅から徒歩約10分。高井城は、水間鉄道・名越駅から徒歩約5分です。

 次回は、根来衆の総本山・根来寺をご紹介します。どうぞお楽しみに!

コメント