後醍醐天皇 その四
2017/09/23(土) 08:15 番組スタッフ

 後醍醐天皇は笠置山に籠り、幕府軍に対し徹底抗戦を続けましたが落城。捕えられて、隠岐の島に流刑となりました。一方、幕府側は後醍醐天皇をただちに廃位し、光厳天皇を即位させました。そのような中でも後醍醐天皇は幕府を倒す思いは変わらず、名和長年らを頼って隠岐の島を脱出します。


 反幕府の勢力が強まり、ついに鎌倉幕府は陥落。京都に戻った後醍醐天皇は、光厳天皇の即位を否定し、光厳天皇下で行われた人事などを全て無効にしようとします。さらに幕府や摂政・関白を廃止して、建武の新政を始めました。

 しかし、改革が急だったり、恩賞が不公平だったりしたことから、不満を抱いた足利尊氏が反旗を翻します。尊氏は京都で敗れ、一旦九州に落ち延びますが、態勢を立て直します。湊川の戦いでは、後醍醐天皇につく新田義貞、楠木正成の軍を打ち負かし、再び京都に攻め入ります。

 その時、後醍醐天皇は比叡山に逃れて本陣を置きます。一方、尊氏が本陣を置いたのは東寺。両者に睨み合いが続きましたが、後醍醐天皇側・新田義貞の軍が攻撃に出て、尊氏の軍もこれに応戦。しかし、山を味方につけた新田軍が有利となり、山を攻めるのは不利と見た尊氏は市街戦に出ました。

 糺の森、加茂川、桂川の西で激戦が繰り広げられましたが、戦局は変わりません。尊氏の軍は退却するしかありませんでした。対する新田軍が目指すのは尊氏のいる東寺。痛手を負った尊氏の軍は続々と境内に逃げ込みます・・・。

 今回、まずご紹介する史跡は、講談の最後にも登場した東寺(現在の京都市南区九条町1番地)の東大門です。尊氏の軍がこの門を閉めて危うく難を逃れたことに因み、「不開門(あかずのもん)」とも呼ばれています。創建された年代は不明ですが、現存する建物は建久9年・1198年に文覚上人が布教活動の一環として再建されたものです。後の慶長10年・1605年には、豊臣秀頼が大改修を加えたと伝えられています。

 境内にはその他にも尊氏ゆかりの史跡を見ることができます。境内のほぼ中央に位置する「食堂(じきどう)」は、尊氏が居住していた場所です。食堂とは、僧が生活の中に修行を見出す場所のことを言います。建立は平安時代で、当時の本尊は約6mにも及ぶ千手観音菩薩でした。昭和5年・1930年に焼失した後、3年間の工事を経て完成したのが現在の建物です。堂内には納経所もあり、多くの巡礼者の祈りの場となっています。

 「小子房」は、天皇を迎える特別な場所です。尊氏が本陣とした際には、光厳上皇がここで政務を見ることになりました。現存の建物は、昭和9年・1934年に弘法大師1100回忌の記念事業として再建されました。用材は全て木曾檜を用いており、昭和を代表する建築物の一つです。

 「鎮守八幡宮」は、戦勝祈願の社として名高く、尊氏も祈願に訪れました。戦の際には、この社殿から流鏑が新田軍に向かって飛び、勝利を収めたことでも有名になりました。社殿は延暦15年・796年に創建、平安京と東寺を守護するために祀られました。明治元年・1868年に焼失しましたが、平成3年・1991年に123年ぶりに再建されました。僧形八幡神像と二体の女神像は弘法大師による作で、日本最古の神像です。

 東寺は唯一残る平安京の遺構で、創建から約1200年が経ちました。平成6年・1994年には世界遺産にも登録されました。日本で最も高い55mの五重塔が有名で、京都を代表する名所の一つです。開門時間は午前5時から午後5時までで、境内へは無料で入れます。しかし、金堂、講堂、五重塔の拝観は有料です。その他、特別な時などに限られて公開される場所もあります。

 JR京都駅からは徒歩約15分、近鉄東寺駅からは徒歩約10分です。市バスでは、東寺東門前、東寺南門前、九条大宮、東寺西門前、それぞれの停留所が寺のすぐ目の前にあります。拝観料や詳しいアクセス方法などは、寺のホームページも合わせてご覧下さい。

 来週は、後醍醐天皇と足利尊氏の物語も最終回。天龍寺にまつわるお話です。どうぞお楽しみに!

コメント