明智光秀 その三
2017/05/20(土) 08:15 番組スタッフ

 天正10年・1582年、明智光秀は主君・織田信長に謀反を起こしました。この本能寺の変により、光秀の名が後世に語り継がれることになったことは間違いありません。
 しかし、なぜ光秀が謀反を起こそうとしたのか、その理由は解明されず、今では歴史上の大きな謎の一つとなっています。今回の講談ももちろん物語の域を超えませんが、玉秀斎さんの真に迫る語り口によって、光秀の心中がリアルさながらに描き出されたのではないでしょうか。


 事件で有名になった本能寺ですが、寺自体はどのような歴史を辿ってきたのでしょうか。今回はその点についてご紹介します。実は、紆余曲折を経て現在に至りました。建立、再建、復興の歴史です。


 応永14年・1415年、京都の油小路高辻と五条坊門の間に、日隆聖人が寺を建設したのが始まりでした。当時の名称は「本応寺」。しかし3年後、宗派内の対立が起きて、後に破却されてしまいます。


 永享元年・1429年には、寺の援護者である豪商・小袖屋宗句の援助によって内野(現在の西陣辺り)に再建されました。次いでその4年後、同じく寺の援護者・如意王丸の発願で六角大宮に広大な土地を得て移転、再建となります。この時に「本能寺」と改称します。


 しかし、天文5年・1536年、比叡山をはじめとする諸宗が京都の日蓮宗に攻撃を仕掛けた宗教戦争・天文法乱が勃発したため、寺は焼失の憂き目に遭います。

 天文14年・1545年、第12代貫主・日承聖人によって場所を四条西洞院に移転し建立。本能寺の変の舞台となったのはこの場所です。光秀の軍勢が本能寺を襲撃する中、信長は「是非に及ばず」との言葉を遺し、寺に火を放ち、自ら命を絶ちました。


 事件当時に寺があった場所は現在、特別養護老人ホームや市立高校などが建てられています。老人ホームの敷地内には、本能寺に関する2つの石碑があります。 「此附近 本能寺址」と記された碑は北東側にひっそりと置かれています。 一方で西側には「本能寺跡」と題された碑があり(写真)、この中には寺を歴史が詳しく書かれています。事件当時の寺に関する遺構はもちろんなく、今やこれらの石碑が歴史の証言者です。


      

   

 天正20年・1592年には豊臣秀吉の命により、鴨川町(現在地の寺町御池)に移転が決まりました。しかし、寺に平安は訪れません。天明8年・1788年には大火事(天明大火)により焼失。天保11年・1840年には再建がなされましたが、同じ年に武力衝突事件である禁門の変(蛤御門の変)が起きて焼失。現在の本堂が建立されたのは、昭和3年・1928年のことでした。

 
 先ほどご紹介した本能寺跡の石碑、そして現在の本能寺の「能」という字をよく見ると、常用漢字の表記とは微妙に違っていることが分かります。
 これは、度々火災に遭遇してきたことから、ヒ(火)の字が重なることを忌み、字を替えたということです。


 本能寺跡碑は、阪急京都線の大宮駅または烏丸駅から、ともに徒歩約10分です。京都駅からは地下鉄・烏丸線の四条駅で降りて、直結する烏丸駅の出口からアクセスするのが便利です。一方、現在ある本能寺は地下鉄東西線の市役所前駅すぐのところにあります。年中行事として6月2日に信長の命日の法要である「信長公忌」も行われます。
 
 次回はいよいよ光秀シリーズ最終回。明智藪をご紹介します。どうぞお楽しみに!

コメント