番組紹介

ラジオNIKKEI第1 月~金曜 8:00~8:20
提供:カブドットコム証券

ご注意事項はこちらからご覧ください

【番組概要】
前日の海外市場の情報や解説から、その日の東京市場のポイント、投資戦略までつまった
「コレ1本で1日を戦える」朝の株式投資情報番組の決定版です!
*ポッドキャスト配信あり(過去6回分まで聴けます)
*ラジコタイムフリーは放送7日後まで聴取可

New!【YouTube動画配信】(2019.1.9 update)
2019年1月から月3回ペースで番組をラジオと同時にYouTubeLiveで動画配信、Live後はオンデマンド配信します。更新情報を逃さないためにチャンネル登録をオススメします!

https://www.youtube.com/channel/UCI4twIJsMwXjH-bdy2jb6YQ
<スケジュール(予定)>
1/10(木)、1/18(金)、1/31(木)、2/7(木)、2/15(金)、2/28(木)、3/7(木)、3/15(金)、3/28(木)

New!【番組アーカイブの聴き方】
2018年10月から過去放送分は「ラジコタイムフリー」と「ポッドキャスト」に集約し、オンデマンドを廃止しました。従来のように音声をダウンロードせずブラウザで聴取したい方は当ページ右「いつも聴く!ポッドキャスト」内の過去のアーカイブ」をクリックのうえリンク先の過去放送一覧からお選びください。なおラジコタイムフリーの配信期間は放送7日後までで、一度再生した場合聴き直しは24時間以内となりますのでご注意ください。

【コメンテーター出演曜日変更】(2018.4.2~)*敬称略
月曜:和島|火曜:山田|水曜:山田|
木曜:(1)(2)河合、(3)(4)鎌田|金曜:河合
※都合により出演者が変わることがございます。あらかじめご承知おきください。

* 番組公式ツイッター @kochikabu

新着記事

【番組アーカイブの聴き方】2018.10.4 UPDATE [こちカブNEWS]

2020.10/04 番組スタッフH 記事URL コメント (0)

2018年10月から過去放送分は「ラジコタイムフリー」と「ポッドキャスト」に集約し、オンデマンドを廃止しました。従来のように音声をダウンロードせずブラウザで聴取したい方は当ページ右「いつも聴く!ポッドキャスト」内の過去のアーカイブ」をクリックのうえリンク先の過去放送一覧からお選びください。
なおラジコタイムフリーの配信期間は放送7日後までで、一度再生した場合聴き直しは24時間以内となりますのでご注意ください。

和島記者の休日の過ごし方 [延長戦]

2019.02/19 番組スタッフ 佐藤 記事URL コメント (0)

おはようございます!今朝のこちカブは、カブドットコム証券の山田勉さんと和島・岸田のラジオNIKKEIコンビでお送りしました。
「半値戻し接近」などについてお話伺いました。


番組終了直後のオフショット。



写真を撮影しますよとお声がけしたら、ジャケットをとりにいかれた和島記者
岸田記者がそのジャケットの胸になにやらバッチがあるのを発見。
このかわいい鳥はエナガという名前なのだそうです。













聞けば日本野鳥の会に寄付をしたときの返礼品だとか。
鳥がお好きなんですか?と聞きましたら、
「休みのときはバードウォッチングしに長野辺りまで出かけてますよ!」とのこと。
双眼鏡でフォーカスをパッとあわせるのが難しいねと仰っていました。

岸田記者も「それは知らなかった!意外ですね~」と和島記者の知られざる一面にちょっと驚き。

火曜「こちカブ」は山田さん~半値戻し接近 [今日の放送内容]

2019.02/19 ディレクター2号 記事URL コメント (0)

おはようございます。

火曜「こちカブ」コメンテーターは、カブドットコム証券・マーケットアナリストの山田勉さんです。

米国株の上昇に連動するように日本株も上昇してきましたが、上値を追う力はどれくらい
見込めるのでしょうか。

今日は
「半値戻し接近」と題し、目先のポイントを山田さんに伺います。

山田さんへのご質問もお待ちしています!お気軽にどうぞ。
(時間の都合上、全てをご紹介できるとは限りません)

◎「こちカブ」前半(8:00~8:09ごろ)

・前日の海外市場
・足元のマーケットをこう見る
・今日の日経平均予想レンジ

◎「こちカブ」後半(8:09~8:19ごろ)
・半値戻し接近

月曜「こちカブ」は和島記者~日経平均、ボリンジャーバンドが収束 [今日の放送内容]

2019.02/18 ディレクター2号 記事URL コメント (1)

おはようございます。

月曜日の「こちカブ」は、ラジオNIKKEI記者の和島英樹と岸田恵美子でお送りします。

米国は政府機関の再閉鎖が回避されたことや、米中通商交渉の進展期待感などからNYダウも
ナスダック総合指数も11月上旬以来3カ月ぶりの水準を回復しました。
日本でも日経平均が先週2カ月ぶりに21000円台を回復しましたが、上値は限られました。

今日は日経平均、ボリンジャーバンドが収束と題し、
和島記者がテクニカル分析を中心に、目先のポイントを解説します。

今週もよろしくお願いします~。

◎「こちカブ」前半(8:00~8:06ごろ)
・週末の海外市場
・足元のマーケットをこう見る

◎「こちカブ」後半(8:06~8:19ごろ)
日経平均、ボリンジャーバンドが収束
・今週のポイントと見通し

【動画】YouTubeオンデマンド配信中「こちカブ」出演:河合達憲さん(2019.2.15) [YouTube動画]

2019.02/15 番組スタッフH 記事URL 


2019年1月から「こちカブ」は月3回YouTube配信を実施します。2月第2回目は2月15日(金)。動画はYouTubeLiveでラジオと同じ8時00分~8時20分に生配信し、その後オンデマンド視聴が可能となります。オンデマンドは当番組ウェブページ埋め込み動画、もしくはYouTubeサイト、YouTubeアプリ(スマホ等)いずれの方法でも視聴可能です。ライブ視聴を逃さないためにチャンネル登録をオススメします!
*2/15(金)コメンテーター:河合達憲さん(カブドットコム証券 投資ストラテジスト)

◎YouTubeオンデマンドの視聴はこちら(YouTubeサイトにジャンプします)
*再生しても番組映像にならない場合は8分45秒地点から再生をお試しください。

日経平均「胸突き八丁」・・・ [延長戦]

2019.02/15 番組スタッフ 記事URL コメント (0)

本日は、カブドットコム証券・河合達憲さんとともに、
【胸突き八丁をテーマにお送りしました。


日経平均株価は、火曜・水曜の2日間で、大幅に上昇しました。
一方、昨日は小動きな展開。
今後の動きについて、河合さんに解説していただきました。
また、3Q決算サーベイについても資料もご用意いただき、
解説していただいています。

続きはタイムフリーからじっくりご堪能ください。

資料へ

●タイムフリー
視聴は→こちらをクリック!


今日も、YouTubeで動画配信がありました。
早くも5回目を迎えました。
リスナーの皆さんからも大好評のお声を頂いています。
番組を終えた達兄ィと岸田キャスター。
真剣な表情からふだんの優しい表情に!
 














今日の「こちカブ」動画は、番組ウェブページ埋め込み動画、
もしくはYouTubeサイト、YouTubeアプリ(スマホ等)いずれの方法でも視聴可能です。
ライブ視聴を逃さないために「こちカブ」チャンネル登録をオススメします!


チャンネル登録をすると、
・放映30分前にアプリから自動的に放映告知がきたり、メールでの告知もあるので便利です!
・登録されたチャンネルだけが番組一覧で表示されアクセスするのがより簡単になります!
・登録数が多いチャンネルは配信回線が太くなりライブ放映時のチャットなどのタイムラグも少なくなります!
・配線回線が太くなることにより解像度の高い映像もスムーズに配信されるようになります。



岸田キャスターから達兄ィへ、バレンタインデーのチョコレートをプレゼント。
岸田キャスターが選んだのは、スイスのチョコレートなんだそうです。
健康に気を使われている達兄ィのために、生クリームとバターを使っていないチョコを選んだそうですよ!



動画配信は3月まで、月3回行う予定です。
次回のYouTube配信は来週2月28日(金)です!
どうぞお楽しみに!



@kochikabu  ← こちらもよろしく。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

岸田 恵美子
きしだ えみこ

「マーケットのことなら!」のラジオNIKKEI記者。
現在はラジオNIKKEIのザラ場中ナマ放送の「マーケットプレス」前場キャスターや寄り付き前の「こちカブ」進行役として個人投資家から厚い信頼を得ている。

山田 勉
やまだ つとむ

カブドットコム証券 マーケットアナリスト
準大手証券にてディーラー、マーケットメイカー、マーケットアナリストとして十数年活躍。
2004年5月、カブドットコム証券入社。
『こちカブ』(ラジオNIKKEI)、『まーけっとNavi』(日テレNEWS24)、『マーケットホットライン』(ストックボイス)などに出演。
デフレ脱却と成長経済復帰で「日本を取り戻す」のが悲願。

河合 達憲
かわい たつのり

カブドットコム証券 投資ストラテジスト。
近畿大学大学院・博士前期課程修了。日本で数少ない証券専攻修士号のマスター称号を有する。中堅証券調査部にて調査・情報畑一筋で20数年来、企業調査や投資戦略、投資手法などのストラテジー構築に従事。ファンダメンタルとテクニカルを融合した投資分析を実践しており、各種マネー誌や月刊宝島、夕刊フジ等の銘柄推奨コンペティションでの優勝など各賞を多数受賞した実績により推奨銘柄の的中率の高さは実証済み。マクロ分析から個別銘柄までトップダウンアプローチでの分析力も定評。近著『9割の人が株で勝てない本当の理由』(扶桑社)、最新刊『株の五輪書』(マガジンハウス)など著書多数。毎週火曜夜のkabu.comストラテジーセミナーが大人気を博し、TV・ラジオにも多数のレギュラー出演する傍ら、2013年より大阪国際大学、及び大阪国際大学短期大学部にて大学講師としても登壇中。

パーソナリティ一覧はコチラ