【6月20日放送】週刊・宮本武蔵 第114回 [番組内容]
2017/06/20(火) 00:00 番組スタッフ

武蔵に敗北したことにより心が挫けてしまった権之助は、年来の望みであった武道を捨て、明日からは生涯農民として孝養すると言います。これに対し老母は、「それではそなたを幼少期から武道に励ませてきた意味がない。一度不覚を取ったならば、その相手に再度手合わせを願えばよい。」と息子を叱り、説得します。
そんなやり取りの始終を聞いてしまった武蔵は、次の試合をどう扱うべきかと困り果ててしまうのでした。

朗読ならではの「宮本武蔵」の世界をお楽しみください。

朗読:浅科准平
番組ナビゲーター:山本直(ラジオNIKKEIアナウンサー)

コメント