シンギュラリティ〜α-オリゴ糖とマヌカハニーの出会い
2017/01/02(月) 17:29 ディレクター

1月  2日新しい年のコサナ・シクロケムの展開と   
              シクロデキストリン・マヌカハニーの可能性の広がり

1月  9日スーパー難消化性デキストリンとしてのαオリゴ糖
1月16日様々な健康増進効果を有するαオリゴパウダーの開発
1月23日αオリゴ糖とマヌカハニー 〜 異なる抗菌作用と腸内環境改善効果
1月30日シンギュラリティ ~ マヌカハニーとαオリゴ糖の出会い

 


寺尾啓二さん      堀美智子さん


寺尾啓二 さん
:1986年、京都大学大学院・工学研究科博士課程を修了。ドイツのワッカーケミー社勤務を経て、2002年に株式会社シクロケムを設立。シクロデキストリン=環状オリゴ糖に関する数々の研究成果は、グループの販売会社である株式会社コサナのヒット商品にも活かされており、11年からは株式会社コサナの代表取締役社長も兼任。06年、東京農工大学客員教授。12年4月、神戸大学医学部客員教授。



寺尾啓二さんの「研究者ブログ」をご覧下さい!




『機能性食品・サプリメント開発のための化学知識』
(日本食糧新聞社)
・著者 寺尾啓二 石田善行
・定価 1,000円
・発行 2011年12月
・機能性食品・サプリメント商品の開発設計の基本的な考え方から、実勢の生体利用能の安定化と安全性について、実用例を多数掲げながら、そのポイントを解説。


コメント