脳神経学と健康・美容/寺尾啓二の「研究者コラム」
2021/10/06(水) 17:00

第1回/2021年10月  6日 脳神経学とは
第2回/2021年10月13日 脳神経学の応用と健康
第3回/2021年10月20日 脳神経学の応用と美容
第4回/2021年10月27日 JRA騎手・宮崎さんと脳神経学


宮崎北斗さん          堀美智子さん


宮崎北斗 (みやざき ほくと)さん
 
:JRA日本中央競馬会・騎手。Neurocentric trainer(神経学トレーナー)。1989年埼玉県生まれ。2004年、競馬学校に第23期生として入学。2007年、騎手免許を取得しデビュー、新人賞。翌年重賞制覇。2014年の落馬事故による負傷をきっかけに、米国で神経学を勉強。どこに行っても治らなかった腰痛、落馬の後遺症を改善し、アスリートとしてのパフォーマンスを高めてくれた知識・トレーニングを広める為、一般の方を始め、整体師やトレーナー、プロのアスリートに向けての指導も行っている。



<寺尾啓二の研究者コラム>

vol.404難消化性αオリゴ糖のちから〜難消化性オリゴ糖の種類」(1)
vol.405難消化性αオリゴ糖のちから〜難消化性オリゴ糖の種類」(2)
vol.406難消化性αオリゴ糖のちから〜短鎖脂肪酸産生とミネラルの吸収」(1)
vol.407難消化性αオリゴ糖のちから〜短鎖脂肪酸産生とミネラルの吸収」(2)


寺尾啓二さん


寺尾啓二
さん
:1986年、京都大学大学院・工学研究科博士課程を修了。ドイツのワッカーケミー社勤務を経て、2002年に株式会社シクロケムを設立。シクロデキストリン(環状オリゴ糖)に関する数々の研究成果は、グループの販売会社である株式会社コサナのヒット商品にも活かされており、11年からは株式会社コサナの代表取締役社長も兼任。06年、東京農工大学客員教授。12年4月、神戸大学医学部客員教授。