新年度を迎えた職場や学校での健康管理のポイント/寺尾啓二の「研究者コラム」 [健康ネットワーク]
2020/04/01(水) 17:29

第1回/2020年4月  1日 ヘルスリテラシーとは?日本人は低い?
第2回/2020年4月  8日 新型コロナウイルスへの企業対応〜感染症対策
第3回/2020年4月15日 春の健診の活かし方〜生活習慣病予防
第4回/2020年4月22日 ストレスチェックの活用〜メンタルヘルス
第5回/2020年4月29日 健康経営への組織づくり


福田 洋さん          堀美智子さん


福田 洋 (ふくだ ひろし)さん
 
1993年、山形大学医学部卒。順天堂大学大学院(公衆衛生学)修了。同大病院総合診療科で外来診療を行う一方、今年1月、同大先端予防医学・健康情報学特任教授に就任。順天堂大学をはじめ都内企業の産業医も兼務。



<寺尾啓二の研究者コラム>

vol.365「難消化性αオリゴ糖による腸内環境改善と冠動脈疾患予防」(2)
vol.366「亜麻仁油による小型LDLコレステロール減少とヒトケミカルによる低減作用」(1)
vol.367亜麻仁油による小型LDLコレステロール減少とヒトケミカルによる低減作用」(2)
vol.368「豚の耳を食べたら肌がきれいになる?」(1)
vol.369豚の耳を食べたら肌がきれいになる?」(2)


寺尾啓二さん


寺尾啓二
さん
:1986年、京都大学大学院・工学研究科博士課程を修了。ドイツのワッカーケミー社勤務を経て、2002年に株式会社シクロケムを設立。シクロデキストリン(環状オリゴ糖)に関する数々の研究成果は、グループの販売会社である株式会社コサナのヒット商品にも活かされており、11年からは株式会社コサナの代表取締役社長も兼任。06年、東京農工大学客員教授。12年4月、神戸大学医学部客員教授。