スタンフォード式睡眠で快適な夜を/寺尾啓二の「研究者コラム」
2019/05/01(水) 17:29

第1回/2019年5月  1日 固定観念を見つめ直そう
第2回/2019年5月  8日   睡眠は脳とのかかわりが深い?
第3回/2019年5月15日   体温と睡眠
第4回/2019年5月22日 眠るための覚醒戦略
第5回/2019年5月29日 西野先生の睡眠にかけた半生
 


ni西野精治ん          堀美智子さん

西野 精治(にしの・せいじ) さん 

:スタンフォード大学医学部精神科教授
生体リズム研究所所長
医師、医学博士、精神科認定医 睡眠専門医 産業医
1982年、大阪医科大学卒業。
1999年、家族性イヌナルコレプシーでその原因遺伝子の発見。
2000年、ヒトでのナルコレプシー (narcolepsy) の主たる病態生理の発見の中心的役割を果たす


<寺尾啓二の研究者コラム>

vol.321 「スタチンを摂取すると糖尿病になる?発症を抑えるにはヒトケミカル」(2)
vol.322 「眼瞼炎に対するマヌカハニーとMAPの効果
vol.323 「クルクミンによるアスリートのパフォーマンス向上
vol.324 「筋肉合成促進と筋肉分解抑制にするアスリートのための愛要素HMBとは
vol.325 「ウルソール酸で体脂肪のコントロールをして美しい体を手に入れる


寺尾啓二さん


寺尾啓二
さん
:1986年、京都大学大学院・工学研究科博士課程を修了。ドイツのワッカーケミー社勤務を経て、2002年に株式会社シクロケムを設立。シクロデキストリン(環状オリゴ糖)に関する数々の研究成果は、グループの販売会社である株式会社コサナのヒット商品にも活かされており、11年からは株式会社コサナの代表取締役社長も兼任。06年、東京農工大学客員教授。12年4月、神戸大学医学部客員教授。