ある日突然始まる介護のために/寺尾啓二の「研究者コラム」 [健康ネットワーク]
2018/10/01(月) 22:19

第1回/2018年10月  1日 突然始まる介護
第2回/2018年10月  8日   介護に必要なお金とサービ護
第3回/2018年10月15日   介護で倒れてしまわないために
第4回/2018年10月22日 介護の終末期に
第4回/2018年10月29日 阿久津さんの「後悔しない介護」
 


阿久津美栄子さん          堀美智子さん

阿久津 美栄子(あくつ・みえこ) さん 
:1967年6月長野県生まれ。NPO法人UPTREE代表理事。出産・子育て遠距離介護生活を経験。その経験から、介護者の居場所作り活動を始める。現在、小金井市に事業所を構え、地域密着型介護者支援の拠点づくりに取り組み、主にメンタル面をサポートすることで、より良い介護の環境を得るための手助けをする活動を行う。


<寺尾啓二の研究者コラム>

vol.300 「マヌカハニーで乳酸菌は本当に減るか」(1)
vol.301 マヌカハニーで乳酸菌は本当に減るか」(2)
vol.302 「マヌカハニーのαオリゴ糖パウダーは腸内で病原細菌を殺す
vol.303 「マヌカハニーとオーストラリアンハニーについて」(1)
vol.303 「マヌカハニーとオーストラリアンハニーについて」(2)


寺尾啓二さん


寺尾啓二
さん
:1986年、京都大学大学院・工学研究科博士課程を修了。ドイツのワッカーケミー社勤務を経て、2002年に株式会社シクロケムを設立。シクロデキストリン(環状オリゴ糖)に関する数々の研究成果は、グループの販売会社である株式会社コサナのヒット商品にも活かされており、11年からは株式会社コサナの代表取締役社長も兼任。06年、東京農工大学客員教授。12年4月、神戸大学医学部客員教授。